07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

三面記事小説 / 角田 光代

2016/08/22


「私は殺人を依頼しました。恋人の妻を殺してほしいと頼みました…」

誰もが滑り落ちるかもしれない、三面記事の向こうの世界。

なぜ、姉夫婦の家は不気味な要塞のようになってしまったのか?

家出少年を軟禁する主婦の異常な執着心。

「死んでしまえ」と担任の給食に薬物を混ぜる女子生徒。

平穏な日常が音をたてて崩れてゆく瞬間のリアルな肌触り、追いつめられていく様子。

現実の三面記事に書かれた、いわくありげな事件から著者が幻視した、6つの短篇。 内容紹介より



普段紙面で見たのなら、読んだ端から忘れてしまいそうな三面記事。

そんな小さな記事の一つ一つに焦点を合わせ、時間を遡らせるように真相を見せる面白い作品です。

短編の最初には、その事件を報道した新聞記事が、少し薄めに印刷されている。

当然のことながら新聞記事を読んでから短編に入るわけなので、読者は小説のオチを知った状態で読むこととなる。

古畑任三郎的とでも言いましょうか。


犯人が分かっている。

捕まったことも分かっている。

「犯人」というものすごいレッテルを貼りながらのスタートなのに、私は犯人の心に吸い込まれるように引き寄せられてしまった。

人の心が壊れていく様。

小さな綻びが、とてつもない穴へと広がっていく怖さ。

犯人だなんてとても思えない。

一生懸命生きた人の弱さが、ただただ不幸で弱かった。


人を好きになることは難しい。

愛されることも難しい。

ちょっとしたすれ違いから心をずらしてしまう、角田光代はやはり上手いのです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
10:56 角田 光代 | コメント(2) | トラックバック(0)

私のなかの彼女 / 角田 光代

2015/06/03
私のなかの彼女私のなかの彼女
(2013/11/29)
角田 光代

商品詳細を見る

18歳のときに同じ大学の語学クラスで出会った、ひとつ年上の恋人・仙太郎。

知識も教養もありセンスもいい彼は、和歌にとって「開けるたび未知の世界が拡張していく扉」のような存在だった。

学生時代から仕事をしている仙太郎の知り合いのツテで、幼児教育の出版社に入社する和歌だが、ある日、実家にある蔵で祖母が書いたと思われる本を見つけてしまう。

これを機に和歌は自らも小説を書き上げ、作家としての道を歩み始めるが、仙太郎との関係は次第にねじれてしまい……。

恋人の抑圧、母の呪詛、仕事の壁、書くということ。

すべてに抗いもがきながら、自分の道を踏み出す彼女と私の物語。



途中までだいぶ好きでした。

読み終わってももちろん好きなのですが、どうだろう、やっぱり私は不思議な場所に取り残されてしまった。

きちんと終わったようでなく、最初から最後まで主人公:和歌に振り回されてしまったのかもしれません。


和歌は周りの流れに乗れず、輪に入れず、相手の反応にびくびくし、自分からは何もできない凡庸な女。

見ていてイライラする存在ではあるが、それは私にも似た部分があるからかもしれない。

全く同じではなくても、何か一つ踏み出そうとしても、周りの目が気になって立ち止まったり。

追い込まれなければ、重い腰が上がらなかったり。

だからこそ、和歌のふがいなさをどろっこしく感じながらも同調し、物語を楽しんでいた。


自分よりいつも先を行く自慢の恋人。

その恋人をいつの間にか追い抜いてしまっても尚、恋人の反応と言葉に一喜一憂してしまう。

亡くなった祖母の足跡を探りながら、自分を祖母の人生に投影させ、祖母の想像の人生を自分の形に納めようとしてしまう。

和歌の心のねじれ加減が絶妙に上手く表現されていて、痛々しいというのか、怖いというのか。

完全に病んでいるのではなく、小さく壊れていく感じ。


だからか最後は少し引っ掛かりが残ってしまった。

結局和歌は何者だったのだろう。

とても好きな作品だけれど、今もまだ掴めた気がしません。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
21:15 角田 光代 | コメント(2) | トラックバック(0)

三月の招待状 / 角田 光代

2013/10/17
三月の招待状三月の招待状
(2008/09/04)
角田 光代

商品詳細を見る

新たな門出を祝う34歳の離婚式。

何を終わらせ、何を変えるのか―。

男女5人の友情と恋愛を描いた長編小説。



34歳。

誰もが忙しくしている年齢で、結婚ではなく「離婚パーティ」に数十人集まれる友情。

高校時代の友人ならまだしも、大学時代の友人でこの濃さはすごい。

彼らの関係を疎ましく感じ、焼きもちを焼くダンサーの彼女の気持ちの方が、私は理解しやすかったです。


久しぶりに顔を合わせ、お互いの今に触れ、互いに自分の中の小さなシミに気が付いてしまう。

あの時、正面から逃げずにぶつかっていたことは、傷になっていても、もやもやとはしていない。

だが、眺めていただけで、前に踏み出せなかったことは、いつまでも自分の奥底でシミとなって残っていた。

今さら、これを消す方法はあるのだろうか。


消せないから、今が不満なのか。

消せないから、上塗りすることに夢中になってしまっていたのか。

34歳になって、ようやくあの時の自分と向き合い、転びながら一歩づつ踏み出していく。


結局通っていない道にある後悔は、通ってみるしかないのだろうと思う。

通って傷つくことも、笑われるだろうことも、全部知った上で。

人生一度きりなのだから、若い時に優男に振り回されておけば良かったかな。

パンチは効いていないが、じわじわと角田光代らしさを感じる作品です。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
12:16 角田 光代 | コメント(0) | トラックバック(0)

月と雷 / 角田 光代

2013/05/29
月と雷月と雷
(2012/07/09)
角田 光代

商品詳細を見る

不意の出会いはありうべき未来を変えてしまうのか。

ふつうの家庭、すこやかなる恋人、まっとうな母親像…

「かくあるべし」からはみ出した30代の選択は。

最新長篇小説。 内容(「BOOK」データベースより)



父がふいに連れてきた新しい母親、直子と連れ子の智。

学校に行かなくても、おやつだけを食べていても、お風呂に入らなくても、裸でいても、叱られることはなかった。

愛情を与えることも、拒否することもない、そこに居るだけの女。

家の空気は滞り、時計は針を失った。

直子達が出て行った後も、一度乱れてしまった秩序は戻らなくて、その後の私の人生に影響を与え続ける。


真っ当な人間に引け目を感じ、きちんとした生活に息苦しさを感じる。

猫のように居ついた女と同じようにしか、自分は生きられないのだろうか。

もしあの時、直子が家にさえ来なければ。


ずっとずっと引っかかっていた二人に再会し、見つめなおす足下。

同じように「正解」を持たない智と触れ合い安堵を覚えるのは、自分も「正解」ではないからで。

何にも期待せず、失うものさえ持たない人生を、繋ぐように生きる。


一度始まったことは、湖面の波紋のようにただ広がり続け、波は当分絶えることがない。

その中にも必ず出口があると、わずかな光を印象的に残す。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
09:00 角田 光代 | コメント(2) | トラックバック(1)

ツリーハウス  / 角田 光代

2013/05/17
ツリーハウスツリーハウス
(2010/10/15)
角田 光代

商品詳細を見る

謎多き祖父の戸籍──

祖母の予期せぬ“帰郷”から隠された過去への旅が始まった。

満州、そして新宿。

熱く胸に迫る翡翠飯店三代記。

第22回伊藤整文学賞。 内容紹介



新宿で3代続く中華料理屋「翡翠飯店」。

と表面を見れば、少し良さげな印象を受ける。

実際は古びた建屋、油の染みついた天井、メニューの書かれた黄ばんだ短冊、客より少し多い従業員。


翡翠飯店に漂うのは、物事にも人にも執着しない無頓着さ。

いつの間にか他人が住み着き、いつの間にか去っていく。

まるで簡易宿泊所のような家は、そこに住む家族の心にも空洞を作る。

諦めだろうか、負け癖だろうか、覇気のなさか…

仕事をしているのに、怠惰な空気が家族を取り巻いている。


戦時中に出逢ったらしい祖父と祖母。

祖母の心には、満州で逃げた記憶が心に残り、影のように付きまとう。

逃げることしか出来なかったから、生きてこれたのか。

逃げることが出来なかったから、自殺させてしまったのか。


彼らは決して根無し草ではない。

その日を生きていくのが精一杯で、根を張る暇もなく、生きていく分だけ積み上げるしかなかった。

積み木のように積み上げた人生で、私は何を残すことが出来たのだろうか。

問い続ける祖母の人生を、孫の良嗣がなぞる。


生き方の連鎖を感じさせる作品です。

人は人と影響し合い、互いを形成させていく。

もしあの時違う選択をしていたら…

そんな「もし」は存在しない。

たった一つの人生を肯定できるまで生きたら、幸せを幸せと感じることが出来るだろうか。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ

11:12 角田 光代 | コメント(4) | トラックバック(2)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。