07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

三面記事小説 / 角田 光代

2016/08/22


「私は殺人を依頼しました。恋人の妻を殺してほしいと頼みました…」

誰もが滑り落ちるかもしれない、三面記事の向こうの世界。

なぜ、姉夫婦の家は不気味な要塞のようになってしまったのか?

家出少年を軟禁する主婦の異常な執着心。

「死んでしまえ」と担任の給食に薬物を混ぜる女子生徒。

平穏な日常が音をたてて崩れてゆく瞬間のリアルな肌触り、追いつめられていく様子。

現実の三面記事に書かれた、いわくありげな事件から著者が幻視した、6つの短篇。 内容紹介より



普段紙面で見たのなら、読んだ端から忘れてしまいそうな三面記事。

そんな小さな記事の一つ一つに焦点を合わせ、時間を遡らせるように真相を見せる面白い作品です。

短編の最初には、その事件を報道した新聞記事が、少し薄めに印刷されている。

当然のことながら新聞記事を読んでから短編に入るわけなので、読者は小説のオチを知った状態で読むこととなる。

古畑任三郎的とでも言いましょうか。


犯人が分かっている。

捕まったことも分かっている。

「犯人」というものすごいレッテルを貼りながらのスタートなのに、私は犯人の心に吸い込まれるように引き寄せられてしまった。

人の心が壊れていく様。

小さな綻びが、とてつもない穴へと広がっていく怖さ。

犯人だなんてとても思えない。

一生懸命生きた人の弱さが、ただただ不幸で弱かった。


人を好きになることは難しい。

愛されることも難しい。

ちょっとしたすれ違いから心をずらしてしまう、角田光代はやはり上手いのです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
10:56 角田 光代 | コメント(2) | トラックバック(0)

私のなかの彼女 / 角田 光代

2015/06/03
私のなかの彼女私のなかの彼女
(2013/11/29)
角田 光代

商品詳細を見る

18歳のときに同じ大学の語学クラスで出会った、ひとつ年上の恋人・仙太郎。

知識も教養もありセンスもいい彼は、和歌にとって「開けるたび未知の世界が拡張していく扉」のような存在だった。

学生時代から仕事をしている仙太郎の知り合いのツテで、幼児教育の出版社に入社する和歌だが、ある日、実家にある蔵で祖母が書いたと思われる本を見つけてしまう。

これを機に和歌は自らも小説を書き上げ、作家としての道を歩み始めるが、仙太郎との関係は次第にねじれてしまい……。

恋人の抑圧、母の呪詛、仕事の壁、書くということ。

すべてに抗いもがきながら、自分の道を踏み出す彼女と私の物語。



途中までだいぶ好きでした。

読み終わってももちろん好きなのですが、どうだろう、やっぱり私は不思議な場所に取り残されてしまった。

きちんと終わったようでなく、最初から最後まで主人公:和歌に振り回されてしまったのかもしれません。


和歌は周りの流れに乗れず、輪に入れず、相手の反応にびくびくし、自分からは何もできない凡庸な女。

見ていてイライラする存在ではあるが、それは私にも似た部分があるからかもしれない。

全く同じではなくても、何か一つ踏み出そうとしても、周りの目が気になって立ち止まったり。

追い込まれなければ、重い腰が上がらなかったり。

だからこそ、和歌のふがいなさをどろっこしく感じながらも同調し、物語を楽しんでいた。


自分よりいつも先を行く自慢の恋人。

その恋人をいつの間にか追い抜いてしまっても尚、恋人の反応と言葉に一喜一憂してしまう。

亡くなった祖母の足跡を探りながら、自分を祖母の人生に投影させ、祖母の想像の人生を自分の形に納めようとしてしまう。

和歌の心のねじれ加減が絶妙に上手く表現されていて、痛々しいというのか、怖いというのか。

完全に病んでいるのではなく、小さく壊れていく感じ。


だからか最後は少し引っ掛かりが残ってしまった。

結局和歌は何者だったのだろう。

とても好きな作品だけれど、今もまだ掴めた気がしません。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
21:15 角田 光代 | コメント(2) | トラックバック(0)

昨夜のカレー、明日のパン /  木皿 泉

2014/12/22
昨夜のカレー、明日のパン昨夜のカレー、明日のパン
(2013/04/19)
木皿 泉

商品詳細を見る

悲しいのに、幸せな気持ちにもなれるのだ―。

七年前、二十五才という若さであっけなく亡くなってしまった一樹。

結婚からたった二年で遺されてしまった嫁テツコと、一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフは、まわりの人々とともにゆるゆると彼の死を受け入れていく。

なにげない日々の中にちりばめられた、「コトバ」の力がじんわり心にしみてくる人気脚本家がはじめて綴った連作長編小説。

木皿 泉(きざら いずみ)は、日本の脚本家2人の共同ペンネーム。

『すいか』、『野ブタ。をプロデュース』、『セクシーボイスアンドロボ』、『Q10』、などのテレビドラマの脚本で知られる。



ラストは読者の想像に任せますと言う形でありながら、そうと思うしかないような終わり方。

出来過ぎた設定に、ドラマの脚本のようだと思っていたら、この方は有名な脚本家だった。

著者の経歴を見て、とても納得しました。


早くに夫を亡くしたテツコを取り巻く面々の連結短編になっており、物語は唐突に始まり、ほんわかと終る一定のリズム。

波が穏やかで、すくっとした気持ち良さがあり、とても読みやすい癒し系。

家族のかたちを再認識させるような優しい物語は、最近本屋大賞候補作に多いなと思います。


残念なのは、誰の目線で話しているのか、途中で飛び飛びになるところ。

人物描写が細やかでない分読みにくく、いくつか引っかかりがありました。

小説としての力はあまり強くはないですが、要所要所に光がある楽しい作品です。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
17:44 か行 その他の作家 | コメント(2) | トラックバック(0)

新世界より / 貴志 祐介

2014/11/21
新世界より 上新世界より 上
(2008/01/24)
貴志 祐介

商品詳細を見る

新世界より 下新世界より 下
(2008/01/24)
貴志 祐介

商品詳細を見る

ここは汚れなき理想郷のはずだった。

1000年後の日本。

伝説、消える子供たち。

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。

一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。

いつわりの共同体が隠しているものとは――。

何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる!

第29回日本SF大賞受賞  内容紹介



読み応えのあるSFを久々に読みました。

1000年後の世界のようで、1000年前の世界を思わせる、ネットなど何もない平和な世の中。

ハリーポッターのように魔法を学ぶ授業は面白く、ついうっかり楽しい冒険が始まるかと勘違いしてしまった。

しかし、彼らが大人の管理していた世界から一歩外へ出ると、情景は一転。

グロテスクに進化した様々な虫や哺乳類が子どもたちに襲い掛かり、大量の血と肉が空を舞う。

やっぱり貴志さんの作品だったと、この辺りで再認識するわけです。


休む間もなく戦いに追われ、絶体絶命のピンチを乗り越えながら、大人が隠し続けてきた本当の世界の仕組みに気づいていく。

グロイけれど、それ以上に青春小説であり、冒険小説であり、また、メッセージ性のあるエンターテインメントでした。

今の世の中のその先に、この「新世界」が存在してしまう可能性を、まざまざと見せつけられたように思う。

人が人をコントロールしようとするその先。

自分たちが能力、知力を備えれば備えるほど、無意識に驕り、もっともらしい理由をつけて誰かを管理しているのかもしれない。


読んでいて引っかかったのは、子どもたちの性描写。

男と男、女と女、男と女…と組み合わせは自由。

大人が推奨する子どもの性関係は突飛に見えるが、設定そのものが、物語を形成する上で絶対必要だったとは思えなかったのです。

これらのシーンがなければ、ある程度の年齢からお勧めできるSFになっただろうに。


全景が見えない前半は、本当に長くて脱落してしまいそうになるが、後半はかなりスピードが上がります。

読んでいてかなり消耗してしまうのだけれど、最後まで読む価値はあると思います。

美しいようで悲しくて、自分たちの世界を省みさせるようなラストは、私はとても好きでした。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
23:24 貴志 祐介 | コメント(4) | トラックバック(0)

宰領  隠蔽捜査5 / 今野 敏

2014/08/26
宰領: 隠蔽捜査5宰領: 隠蔽捜査5
(2013/06/28)
今野 敏

商品詳細を見る

大森署署長・竜崎伸也、今度の相手は「要人誘拐」そして「縄張り」――。

大森署管内で国会議員が失踪した。やがて発見された運転手の遺体、犯人と名乗る男からの脅迫電話。

舞台は横須賀へ移り、警視庁の“宿敵”神奈川県警との合同捜査を竜崎が指揮することに。

県警との確執、迷走する捜査、そして家庭でも予期せぬトラブルが……

全ての成否は竜崎の決断が握る!

白熱度沸点の超人気シリーズ最新長篇。 内容紹介



警視庁と神奈川県警が犬猿の仲であることは、警察ものの小説でよく描かれる題材。

上層部の軋轢を、現場目線で不満に感じながら捜査するのも面白いが、今回の場合は上司目線。

自分に反感を抱いていると分かっている神奈川県警の捜査員を、如何に掌握するか。

相手の出方を見ながら、言うべきことは言い、方向性を見失わないように冷静に間合いを取る。

竜崎の上司としての振る舞いは、読んでいてとても気持ちが良いです。


無駄な見栄の張り合いなど一切せず、最短距離を歩くような現実的な対処方法。

唐変木だった竜崎が、唐変木はそのままに、いい感じに格好いい。

誰だって損得勘定なしに、筋だけを通して進めたなら、悩みの大半はなくなるだろうに。

それが出来ない現実だから、竜崎のキャラが愛されるのだなと思います。


今までのシリーズで得てきた部下からの信頼が積み重なり、今作品は比較的友好的な状況。

相変わらず警察ものとしては、事件解決にそれほどインパクトはないですが、爽快感のある楽しい作品です。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
08:04 今野 敏 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。