05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ひたすら物色中 レース編みの本

2014/06/29
子どもの頃、ぜんそくで学校に行けない日が多く、家で時間をつぶすことがとても多くありました。

手先だけは器用だったので、小学生の頃には、たいていのことは一人で出来た。

母が仕事をしていたので、誰もいない間に、家にあるものを好き勝手に使うのがとても楽しかったのです。


ミシンでぬいぐるみの服を縫い、オーブンでお菓子を作り、編み物も手芸もする。

特に編み物は面白くて、棒編み、かぎ針編み、アフガン編みを編み比べるような変な子どもでした。

手仕事好きの母のおかげで、たいていの材料は家にありましたが、その頃にも縁がなかったのがレース編み。

昔はおばさん臭い印象がありましたが、最近はモチーフ編みもクロッシェレースも、可愛いものがたくさんあり、ときめきまくりです。



パッと見可愛くても、本当に気に入ったデザインはなかなか見つからないもので、現在購入しているのはたった一冊のみ。

アンティークスタイルのちいさなレース編み (Let's knit series)アンティークスタイルのちいさなレース編み (Let's knit series)
(2012/03/31)
不明

商品詳細を見る

基本のデザインがきちんと綺麗で、新しい。

アンティークの良さがありながら、センスの良い人が手を加えたのが伝わります。

基礎が素敵なので応用が効く、使い勝手の良いデザインばかりです。




次が欲しくて、図書館で借りたり、立ち読みしたりして、30冊以上チェックしているのだが、買いたい本はまだ2冊しかない。

小さなかぎ針編み ドイリーの本小さなかぎ針編み ドイリーの本
(2008/06/10)
遠藤 ひろみ

商品詳細を見る

ドイリーの基礎編。小さなものをまず一つ編むには、気後れしない優しい雰囲気。

忙しい合間に一枚編んで、少しづつ繋げて、そういう楽しさが詰まっています。

基礎なのに、繰り返し見ても飽きのこない愛らしいデザインが魅力です。


モチーフ1枚から始める はじめてのクロッシェレースモチーフ1枚から始める はじめてのクロッシェレース
(2010/04/30)
風工房

商品詳細を見る

ものすごくものすごくシンプルで、無駄のないモチーフ本。

自分用にアレンジしたいとき、応用が効くデザインなので、とても重宝すると思います。

基礎を押さえているので、一冊あると便利。


よく見てみると、作家の「遠藤ひろみ」さん、「風工房」さんは、最初の本にデザインを出している方々だった。

どうりで好みに合うと思ったわ^^

好きな作家さんで選んだ方が近道だったかもしれません。




さて、他の作家さんですが、興味深い素敵な本がこちら。

はじめて編む アイリッシュ・クロッシェレースはじめて編む アイリッシュ・クロッシェレース
(2009/05/30)
河合真弓

商品詳細を見る

立体モチーフのデザインはとても可愛い。

だが全てを本通りに作った作品は、私にはくどくも感じる。

小さなモチーフをいくつか作って、自分用にアレンジした方が使いやすいかな。

はじめて編むにはとても説明が分かりやすい本です。


ロマンティックニット―かぎ針で編むアクセサリーと小物ロマンティックニット―かぎ針で編むアクセサリーと小物
(2009/06)
中西 和恵

商品詳細を見る

ネックレスやシュシュなど、アクセサリーや小物が作れる本です。

表紙の雰囲気そのままに、ロマンティック小物が勢ぞろい。

ニット用の甘めのコサージュを作ろうと思って手にしました。


やっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないでやっぱりモチーフが好き―編んで編んで、つないでつないで
(2008/08)
村林 和子

商品詳細を見る

モチーフのパターンが数多く載っているのはこの本。

デザイン的には、王道。

ラブリーに見せているが、若干懐かしさも感じさせる、家庭的なモチーフ本です。


イチバン親切なレース編みの教科書イチバン親切なレース編みの教科書
(2011/04)
川路 ゆみこ

商品詳細を見る

これは表紙がいけてませんが、内容はとても気に入っている。

作品も要所要所を押さえて、華美にならず、必要なものはきちんと入っているからです。

中のデザインは欲しいものがたくさんあり、とりあえず手元に置いておきたいタイトル通りの本。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
12:31 手芸の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

50のモチーフと22の作品集  ―アンティーククロッシェより― / 福岡美津子

2014/04/14
50のモチーフと22の作品集  ―アンティーククロッシェより―50のモチーフと22の作品集  ―アンティーククロッシェより―
(2011/02/25)
文化出版局編

商品詳細を見る


フランスのノルマンディー地方で収集した数百点のアンティークレースの中から50点を厳選し、実物大の写真と現代の人にも編みやすい記号図で紹介します。

糸を替えて編んだポーチ、ラリエット、ストールなど応用作品は22点。

福岡美津子
フランスの北西部、ノルマンディー地方の海辺に15年間暮らし、2005年、東京都内にフランス雑貨と西洋アンティークの店をオープン。

以来、フランスと日本を行き来しながら、古いものを暮らしに生かすハンドメイドやライフスタイルの提案を続けている。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)



ある程度レース編みの腕が上がったら挑戦したい作品集。

フランス北西部ノルマンディー地方に暮らしながら、20年以上アンティークレースを収集された著者。

当時の珍しい作品を現代の編み方図に置き換えられているので安心です。


全てが難しいわけではないですが、一般的な編み物本と比べると難易度は高いです。

特に、是非作ってみたいと思うような美しいデザインは、編み方図を見ているだけで気持ち悪くなりそうだ。

その上繊細さを出そうと思ったら、細い糸、細いかぎ針が必要。

時間も相当かかるかな。

9784579113392.jpg


一つ一つは本当に美しい。

しかし、あまり懲り過ぎたものって、作品そのものから気合が溢れてしまいそうで怖い。

ごく小さなモチーフを綺麗に作って、ワンポイントで効かせた方がいいように思う。

結局貴婦人要素が欠如した私には、使う場所がないし、飾って似合う部屋もないってことだ。

モチーフの美しさは本当に気に入っているので、パーツを自分らしく使いこなせる腕がついてから挑戦したいと思います。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
10:02 手芸の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

アンティークスタイルのちいさなレース編み / レースの似合う季節までに!

2014/04/11
アンティークスタイルのちいさなレース編み (Let's knit series)アンティークスタイルのちいさなレース編み (Let's knit series)
(2012/03/31)
不明

商品詳細を見る

ハンドメイド好きな女性のあいだで人気のアンティーク風レースが気軽に編める本。

1枚で使えるモチーフ、すぐ編めるエジングから、ドイリー、ピンクッション、ハンカチ、アクセサリー、棚飾りやテーブルセンターなどのインテリアもの。

流行のつけ衿、バッグ、アームカバー、手袋、ショール、チュニックなどの身につけるものまで、小さなものを中心に幅広く紹介。

はじめてのレース編みレッスンつきなので、初心者でも安心です。



ダブル受験が終わり、卒業式が終わり、久しぶりに空いた時間。

春休みの間に遊びまわろうというよりは、何にも考えずに家でのんびりしていたかった。

こんな時は、ちまちまと花の種を蒔いたり、刺繍や編み物をしていたい。

クッションカバーが傷んできたので、レース編みを織り交ぜてクッションカバーを作ろう!

と決めたのはいいが、作りたい、真似したいと思う本がなかなか見つからない。

あちこち本屋さんを覗いて探していました。

隣町まで出て、やっと買いたくなるような素敵な本を発見。

うん!上品ラブリーで可愛いです。


オリジナルでクッションカバーを作るのはレベルが高いので、とりあえず練習がてらコースターを。

毛糸と違って糸がするすると滑るので、左手に糸がまとわりつかない。

指にかかる抵抗がない分、一定のテンションをかけながら編むのが難しいですが、やっぱり楽しい^^

深夜に黙々と編んでいる時間は幸せで、むふふふ、という感じ。

友人が家に遊びに来てくれる予定があったので、とりあえず人数分のコースターを編んでいました。


たとえ趣味であってもつい真面目に取り組んでしまうので、一定の力加減と編み目が揃うまで、同じものを繰り返し作っていました。

色、デザイン、糸や針の号数、いい感じで落ち着いたときには8枚ぐらいできていた。


006_convert_20140410142744.jpg

007_convert_20140410142809.jpg


ようやく手に糸が馴染んできたので、そろそろクッションカバーに取り掛かろうかな。

なんて思ってカレンダーを見ると、

いつの間にか時間が経っていたようで、気が付けば入学式があさってに迫っていた。

およよよよ…

機嫌よく練習していたのはいいが、細々したものばかりで春休みが終わってしまった ε=(・д・`*)…


これからは恐怖のお弁当×3個生活が始まる。

貧血持ちの私には、それが恐ろしくてならない。

とてもじゃないが、春物のクッションカバーなんて余裕はない。

ええぃ、一旦撤退だ。

「レースが似合う夏までに!」 と目標を夏に変え、気長に頑張ります。



004_convert_20140410144159.jpg

003_convert_20140410144226.jpg


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
11:30 手芸の本 | コメント(4) | トラックバック(0)

刺繍にも必要な予測能力 青木和子 花のデザインノート

2011/03/11
IMG_2773_convert_20110311142335.jpg

IMG_2778_convert_20110311142923.jpg

久々の手芸です。

前回作っていたのが右の方。

今回が左です。


かれこれ半年前に青木和子さんの刺繍にはまっていて、ガンガンに作っていたら、指がおかしくなってきた。

指の関節が痛くて痛くて、曲げるのも辛い。

ペットボトルも開けられない。

関節の病気は怖いなと思って、初めて整形外科に行ってみたら、

「手作業のやりすぎによる腱鞘炎です。休まない限り治りません。」と。


根を詰める性格は、たいていこういう結果になります。

しばらくお休みしていて、久しぶりの復活です。



適当な正確なので、作りたい順に何の計画性もなく作ります。

したいように刺繍してから、さて、クッションにしようと思う。

(この段階で変なのでしょうか)


あれ、クッションにしては生地が足りない。

取り合えず、他の生地を足すことに。


それから40cm四方のヌードクッションを購入。

周りぐるりと縁取りレースをつけようと、レースも何種類か適当に買ってきました。


さて、家に帰って並べてみると、

あれ、レースが足りない。

40cm×4辺=160cm

なのに100cmと150cmのレースを買っている私。

どうして事前に考えないんだろうか。

いやいや、足りない可能性なんて、考えもしなかったなぁ。


生地も、レースも足りないから、こんな感じになりました。

まあいいか。


花のデザインノート―青木和子の刺しゅうスタイル花のデザインノート―青木和子の刺しゅうスタイル
青木 和子

青木和子 旅の刺しゅう―野原に会いにイギリスへ ワイルドフラワーガーデン―青木和子のクロスステッチ バラの咲く庭―青木和子の刺しゅうスタイル 憧れの小さな庭―青木和子の刺しゅうスタイル 青木和子 刺しゅうのレシピAtoZ

by G-Tools


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
14:35 手芸の本 | コメント(4) | トラックバック(0)

ナンタケットバスケットが素敵 関連本

2010/09/28
E3838AE383B3E382BFE382B1E38383E38388E5B195E7A4BAE4BC9AE291A1[1]

一度だけ、何かの海外の映像で見たバスケット。

使い込まれてあめ色に変わったその艶と、飾り気のない女性がさりげなく持つ美しさが、ずっと心のどこかに残っていました。

硬くて職人を感じさせる凛々しさに丸みを帯びた柔らかなライン、一瞬で心を奪われました。

偶然、それが「ナンタケットバスケット」という名前である事を知ったのは最近のこと。


ナンタケット島とはアメリカ、ケープコッド沖に浮かぶ小さな島。

そこで18世紀から作られてきた「ナンタケットバスケット」は、後にオードリーヘップバーンにも愛用されたことから、フォーマルシーンで認められた唯一の籐製バッグとして、人々に知られるようになったそうです。

手作りが大好きな私は、自分で作りたかったのですが、調べてみると日本ではそんなに教室がない。

仕方ないから買おうかな。なんて思って値段を見ると一つ8万ぐらい!! そうなんですね~

木型を使い一目一目きっちり編まれ、手でやすりをかける手間、お値段にも理由がいっぱいあるようです。

リビングにさりげなく置くと素敵だと思ったんだけどなあ…悲しい

だんだん流行ってきたので、そのうち安くなるかな。教室も増えるかな。と気長に期待しつつ待っています。


時を編むナンタケットバスケット時を編むナンタケットバスケット
八代 江津子

Lightship Baskets of Nantucket (Schiffer Book for Collectors) A Nantucket Christmas Baskets FOXEY MAGAZINE NUMBER 13 (ミニトートバッグ付)

by G-Tools


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
16:13 手芸の本 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。