07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ひとめあなたに… / 新井 素子

2016/06/16


女子大生の圭子は、恋人・朗から突然の別れを告げられた。

自分は癌にかかって余命いくばくもない、と言うのだ。

翌日、こんなニュースが届く。「一週間後、地球に隕石が激突する。人類に逃げ延びる道はない」

圭子は決意した。

最後にもう一度、朗に会いに行こう。

練馬の家から、彼の住む鎌倉を目指し、彼女は徒歩で旅をはじめた。

道中での4人の女性との出会いを経て鎌倉にたどり着いた圭子は、何を思うのだろうか。商品説明より




ライトノベルの元祖、とも言われる新井素子さん。

軽く読めそうだったので手に取ったのですが、SF小説もライトノベルも普段は読まないのでとても新鮮でありました。


一週間後に地球が消滅し、地球ごとなくなってしまうと知ってしまったら…

もう世界はパニックです。

暴漢、自暴自棄、精神の破たん、は想像がつく。

そんな精神を保てない状況でも、唯一の光は、あなたに会いたい気持ち。

分かる。

設定としてはとてもよく分かる。

だけど私、たくさん本を読み過ぎてしまったのだろうか。

ど定番の流れに関しては、まあそうなるだろうなぁと思いながら、さらさらと流してしまう。

ラノベなので、そこまで深く細やかに描写がなされているわけではありません。


そんな中で序盤に登場したお人形さんのような奥さんが一番強烈インパクト。

不倫している夫を、優しく殺して食べてしまうなんて。

あなたがお母さんのお腹から生まれた時のように、お腹の中に帰してあげるわ。

ね、あなた。

歌うように言われたら、もう、怖すぎです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
22:24 あ行 その他の作家 | コメント(0) | トラックバック(0)

会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから / 大西 康之

2015/04/29
会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから
(2014/05/16)
大西 康之

商品詳細を見る

新潟中越地震での工場被災をきっかけに経営危機が表面化、2006年に米ゴールドマン・サックスグループ、大和証券SMBCグループ、三井住友銀行の金融3社から3000億円の出資を受けた三洋電機。

その後、携帯電話、デジカメ、白物家電、信販といった事業は切り売りされ、本体はパナソニックに買収された。

散り散りになった旧経営陣は今何を思い、10万人の社員たちは今どこで何をしているのか。

経営危機の渦中、同族企業の混乱を克明に取材し、その後も電機業界の動向を見続けてきた新聞記者が、多くのビジネスパーソンにとって決して他人事ではない「会社が消える日」を描く。

たとえ今の職場がなくなっても、人生が終わるわけではない。

では、どこに向かって次の一歩を踏み出すか。

かつて三洋電機に在籍した人々のその後の歩みは、貴重な示唆に富んでいる。

重苦しいテーマを扱いながら、本書が「希望の物語」となっているのは、そこに会社を失ったビジネスパーソンの明るくたくましい生き様が垣間見えるからだ。内容紹介




- ごろちゃん、この本読んでおいて - と夫からこの本を渡されてしまった。

朝一番から怖い展開です。


夫が読ませておきたいと思った気持ちは分かる。

自分たちが入社試験を受けていたころ、三洋電機ほどの大手がなくなるなんて考えもしなかった。

三洋電機だけではない。

日本の土台となってきた多くの製造メーカーがなくなる日が来るなんて。

だから夫は、うちの会社もいつ何時どうなるかは分からないのだから、こういう本をきちんと読んでおきなさいと言うことなのだろう。


読んでみて驚いたのは、社員の中でかなり上のクラスの人でさえ、報道で自分の会社の買収を知ったという恐ろしさ。

若手は知らなくても、ある程度上であればそれなりに知っている(又は感じ取れる)と思っていたが、実際はそうではないらしい。

突然降ってきた会社の買収問題に、ぎりぎりまで会社に残るべきか、買収先に転籍するか、転職先を探すか…

各々が悩み苦悩する姿を、きっとほんの一部であろうが知ることが出来ました。


様々なメーカーに受け入れられた技術者が成功し、救われる思いがしましたが、それは三洋の技術を持った人だからともいえる。

レベルの高い技術者が、まだ働ける年齢だったのなら、条件が悪いなりにも再就職先が見つかりやすかったよう。

だが、営業、業務、事務などの人は、どうだったのだろう。

営業の人の例も少しはあったが、多くは技術者の方の転職例で、他の人々がどうなったのかは分からない。

ここで語ることが出来るのは、きっと先が少し見えてきた人たち。

まだまだ語る段階に進めていない人が大勢おられるのだとも思う。

私はもちろん、夫も技術持ちではないので、いつ同じ状況になるかと思うと、胸が苦しい話でありました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
21:47 あ行 その他の作家 | コメント(2) | トラックバック(0)

野菊の墓 / 伊藤左千夫

2015/03/09
野菊の墓―他四編 (岩波文庫)野菊の墓―他四編 (岩波文庫)
(1970/01)
伊藤 左千夫

商品詳細を見る

アララギの代表的歌人、伊藤左千夫(1864-1913)の創作集。

恋の悲哀を知らぬ人には恋の味は話せない、と作者が言うように、処女作「野菊の墓」に始まる農村の若き男女の恋の物語は、その後の日譚である「春の潮」「隣の嫁」とともに一途な純情にあふれた美しくも悲しい物語である。

他に「水籠」「告げびと」を収録。(解説=宇野浩二)



「野菊の墓」といえば、真っ先に松田聖子の初々しかった姿を思い返します。

映画館で観たことはありませんが、テレビで観たのでストーリーは知っている。

先日たまたま図書館で目に留まったので、懐かしい気持ちがして、原作であるこの作品を手に取ってみました。


物語の描かれた明治時代、男親が娘の人生の大切な部分をすべて決めてしまうのは当然のこと。

どんなに好きな人がいても、親が決めた結婚から逃れることはできない。

胸が痛くなる悲しい時代です。


もし想いを寄せる男性がいたとして、相手の名を口にすることが許されないのではない。

そもそも娘が、自分の胸の内を口にする可能性を、これっぽっちも考えていないようだ。

近所や親戚の目は厳しく、決して逆らうことも、隠し立てすることもできないなんて。


けれども、数編読み進めていくうちに、どの父親も厳格であるが、決して心がないわけではないことが分かってくる。

時代は男尊女卑であっても、娘を大切に思う気持ちは同じ。

無理やり嫁がせた娘を不憫に思ったり、思い返して後悔したり。

抑えた感情の中に、深い愛はしっかりあった。

そのことに、ほっとする思いがしました。



短編集を読み終えたとき、数を読み過ぎて、内容がごっちゃになってしまうことが良くあります。

タイトルを見ても、内容をいまいち思い出せなかったり。

ですが、この作品に関しては、すべてきちんと思い返せる。

伊藤左千夫さんが歌人だからなのでしょうか、コンパクトにまとめられた言葉の中に、いくつもの風景が含まれている。

重さがあり、奥行きがあり、とても美しい。


ちょっとした情景描写も例えばこんな感じ、素敵すぎです。

上総は春が早い。人の見る所にも見ない所にも梅は盛りである。菜の花も咲きかけ、麦の青みも茂りかけてきた、このごろの天気続き、毎日長閑な日和である。森をもって分かつ村々、色をもって分かつ田圃、何もかもほんのり立ち渡る霞につつまれて、ことごとく春という一つの感じに統一されている。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
15:27 あ行 その他の作家 | コメント(2) | トラックバック(0)

もしも中学受験をめざすなら / 上野慶浩

2013/06/24
もしも中学受験をめざすならもしも中学受験をめざすなら
(2012/02/25)
上野慶浩

商品詳細を見る


中学受験に否定的だった家族が、あることをきっかけに取り組んだ受験物語

3人の子の中学受験を経験した一家のノウハウを余すところなく公開した決定版!

元塾講師の父親から視点が新しい!

●中学受験は「親子の受験」です。

塾選び、勉強方法、家族の接し方、学校見学、志望校の選択、偏差値等々、入手しにくい最新情報まで、物語の進行に合わせて分かりやすく構成。

初めて挑戦する人の不安が解消される「読むクスリ」です。



受験体験記は多いのだけど、子どもの偏差値が高すぎて参考にならなかったりする。

この本は比較的偏差値の高くない子の話なので、我が家でも参考になるかな。

そう思って読んでいたが…


ならない。

何故なら、努力度合いが全然違うからだ。

頑張っているなぁ。

親も子も偉すぎる。


学校が終わってから塾に4時間行っているだけで、私はもう十分偉いと思ってしまう。

塾後一息ついたら、今度は学校の宿題もやらなければならないから。

なので私は、帰ってきた息子を休ませて、自由時間を取らせることしか考えていない。

「大変だね。音読ぐらい手抜きしていいよ」と言ってしまう根性なしの親だ。


ここの親子は、塾から帰ってきて父親と一緒に2時間以上の勉強は当たり前。

ラストスパートでは、夜中1時、2時までなんてこともザラ。

学校見学、説明会、付き添いなど、お母さんの働きも半端ない。

受験生の下に、2人も小さなお子さんがいるというのに。


著者は東京東部に自宅がある。

その為受験校探しは、そこから通える範囲からスタート。

山手線沿線、千葉、少しの茨城、射程圏に入るのはその辺り。

似た地域を探している人からすると、とても参考になる情報が多いです。


通学1時間内から探し始めて、最終的には遠いが行きたい学校を選択する。

親も子も最初は通学を最優先に考えるが、直前には受けたい学校が決まってくるのも興味深い。

問題との相性を考慮するなど、塾講師経験者の父親ならではの分析も面白い。

考え方はとても参考になります。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
11:09 あ行 その他の作家 | コメント(0) | トラックバック(0)

困ってるひと / 大野 更紗

2012/03/03
4591124762困ってるひと
大野 更紗
ポプラ社 2011-06-16

by G-Tools

難病女子による、画期的エンタメ闘病記!

ビルマ難民を研究していた大学院生女子が、ある日とつぜん原因不明の難病を発症。

自らが「難民」となり、日本社会をサバイブするはめになる。

知性とユーモアがほとばしる、命がけエッセイ!!内容紹介



うら若き乙女が体について赤裸々に語り、自分で自分に突っ込みを入れながら、真っ直ぐ前へ突き進む!!

悲しい闘病記にはしないぞと、著者の意気込みと気合が感じられます。

軽いタッチで描かれていますが、考えさせられる内容ばかり。

是非読んでいただきたいな。


語りは明るくユーモアたっぷりだけど、実際の症状は本当に辛そうだ。

熱は常に高く、2tトラックを乗っけられたような倦怠感、体中に痛みがあり、関節が曲がらない…等々。

この症状が24時間365日延々と続く。

先生達が精一杯手を尽くし、薬を毎日30錠程飲んで、ようやくこの状態を保っている。

これからもずっと治ることはない


死にたくならないだろうか。

目が覚めた瞬間から痛みが起こるなんて。

治らない恐怖は尋常ではないだろう。

希望をどこに持てばいいんだろう。

著者も死にたいと思い、心も病み、鬱になってしまう。


その上お金が続かない。

これは特別な問題ではなく、難病に罹ってしまったら、誰もが同じ状況に陥る可能性がある。


田舎の出身なのに、東京にしか自分を診れくれる病院がなかったら?

入院治療費を老いた両親に頼らざるをえなかったら?

医療保険に入っていなかったら?(著者は大学院生で未加入)

100万、200万のお金はあっという間に消えてしまうだろう。


長期戦の個人の病を、人が愛情だけで支えることは出来ない

金銭、体力、精神、どこかで歪が出来てしまう。

周りを疲弊させていることに気づいた彼女が、長期的な行政支援を得るため、入院先の病院から手続きを始める。

自立するため必死で努力する姿勢は本当に立派。


自分で前を向いて進んでいると思う。

それでもどこかに、今支えている人への感謝の言葉が欲しかった。

定年の年齢を越して今も、娘の治療費の為に身を粉にして働いているご両親に。

彼女の態度に愛想を尽かす友人がいることを、胸を痛めて忠告してくれた友に。

照れもあるのかもしれないけれど、少しだけ引っ掛かってしまった。


彼女は戦う人なのだ。

なにがあっても。 ただ、絶望はしない。


こんな病があること、戦っている私がここに居ること。

「私を見て!!」とこの本全体が懸命に語りかけてくる。


山積みの苦難の中、お金で解決できることもたくさんありました。

本の印税により、そんな悩みから解放されておられたらいいなぁ。

どんな状況であっても、自力で道を切り開く著者に拍手です。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
13:47 あ行 その他の作家 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。