09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ランチのアッコちゃん / 柚木 麻子

2014/10/24
ランチのアッコちゃんランチのアッコちゃん
(2013/04/17)


商品詳細を見る

屈託を抱えるOLの三智子。

彼女のランチタイムは一週間、有能な上司「アッコ女史」の指令のもとに置かれた。

大手町までジョギングで行き、移動販売車の弁当を買ったり、美味しいカレー屋を急遽手伝うことになったり。

そのうち、なんだか元気が湧いている自分に気付いて……。

表題作ほか、前向きで軽妙洒脱、料理の描写でヨダレが出そうになる、読んでおいしい短編集。 内容紹介



サクサクっと読める心が前向きになる肩ひじを張らない本です。

連結短編に強引に仕上げた感がありますが、表題の「ランチのアッコちゃん」が一番楽しい。

話に出てくる東京の公園や駅、それに大阪の自由軒のカレーも、私には馴染の深いものばかり。

読んでいて、本当にお気楽で楽しかった。


主人公はいつも悩んでいるのだが、悩みの内容は、「彼氏に振られた」「正社員と派遣の板挟み」など。

人より前に出ることが出来ない控えめな主人公が、先輩に引っ張られ、自分の足りない何かに気づいていく。

先輩のアッコちゃんがいいなぁ。

食べているランチは美味しそうだし、特に彼女が作るポトフの描写はたまらない。

自分もホストだったら、アッコちゃんの店に通い詰めるだろうな。


私、あきらめだけは早いんです。

ダメって思ったら、ぱっと離れて、次の手を考える!

いちいち、落ち込まない!身をすくませているうちに、何かは出来るかもしれないじゃないですかぁ。



軽いながらも、これも一つの考え方として、とても正しいと思う。

3時間ほどで読めてしまうので、買うほどではないと思いますが、気持ちよく心持ちを正してくれる一冊です。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
15:02 や行 その他の作家 | コメント(5) | トラックバック(0)

ハッピーバースデー / 青木 和雄、吉富 多美

2013/08/20
ハッピーバースデーハッピーバースデー
(2005/04/18)
青木 和雄、吉富 多美 他

商品詳細を見る

実の母親に愛してもらえず、誕生日さえ忘れられてしまった11歳の少女・あすかは、声を失ってしまう。

しかし、優しい祖父母の元で自然の営みに触れ、「いのち」の意味を学ぶ。

生まれかわったあすかがどんな行動を起こすのか。

そして、母親の愛は戻って来るのか…

リアルな展開に、5頁に一度は、涙が噴き出る物語。



中学受験対策として、また読書感想文向けとしても人気の高い児童文学書。

教育カウンセラーの青木和雄氏の「心の処方箋シリーズ」に加筆修正されたものだそう。

優しいエンディングに泣けてきましたが、内容紹介にある様な「5頁に一度の涙」は噴き出ません。

とてもいい物語だからこそ、こういう言葉で児童文学を煽る手法はちょっと悲しい。



「ああ、あすかなんて、本当に生まなきゃよかったなあ」

出来のいい兄と常に比較され、母親から全く愛されない妹、あすか。

愛情を注いでほしくてたまらない母親から疎まれ、自分の存在を受け入れられない日々。

それでも期待した誕生日、母に祝われることなく、生まれてきたことを否定された。

この日を境に、あすかは言葉を発することが出来なくなってしまう。

生きる意味を見失い、死にたいと思うあすかが、田舎の祖父母に預けられ再生していく物語です。


タイトル「ハッピーバースデー」にあるように、誕生日がすべての鍵となる。

忘れられた誕生日から始まる物語は、あすかの母親が誕生日を忘れられてきた幼少期の悲しみへと繫がる。

誕生日というのは、私だけの一年に一度の大切な日。

自分がここにいていいのか。

誰かに必要とされているのか。

愛されているのか。

自分の存在を確認する日なのかもしれない。



あすかを愛せない母親には、母親から愛されていないと感じる子供時代があった。

すべてが病弱な姉を中心に回っていた家。

両親の愛情も心配も優しさも、すべて病気の姉が持っていった。

憎しみを表に現すことが出来ず、心の深い部分に押さえ込んだ抱きしめられたかった思い。

心に蓋をして母親になってみたものの、空洞の心は自然に消えるものではなかった。


母親にも変われるチャンスはあるのだろうか。

自分の不安定さを娘にぶつけていたと気づいたとき、初めて自分の心の棘に気が付く。


娘の物語だったのが、母の物語に変わり、それは兄、父、祖父母、それぞれのしこりへと形を変えていく。

誰もが丸っと完璧な人間はいなくて、自分の歪みから目を逸らし、その日を暮している。

あすかの真っ直ぐさに導かれるように、溶けていくそれぞれのしこり。

小さな変化のつながりはとても優しい形をして、命の美しさを知らせてくれます。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
11:47 や行 その他の作家 | コメント(0) | トラックバック(0)

償い / 矢口 敦子

2010/09/01
4344001052償い
矢口 敦子
幻冬舎 2001-07

by G-Tools

「あの人は死んでよかったんだと思うよ」

私が救った子供は、15歳の殺人鬼に成長していた?

36歳の日高は子供の病死と妻の自殺で絶望し、エリート医師からホームレスになった。

流れ着いた東京のベッド・タウン光市。

高齢者、障害者など社会的弱者ばかりが殺される連続ナイフ殺人事件が起き、日高は知り合った刑事の依頼で「探偵」となる。

内容(「BOOK」データベースより)



悲しいことに、最初の段階で何となく全景が見えてしまう。

ミステリーだけを期待するとドキドキ感が少なく思います。


人間ドラマとして踏み込むにしては、登場人物に光るものが足りない。

人物の温度が似通っているため、全体的に平坦な印象。


償う=無様でも罪を背負って生きること。

そうと言うからには、自殺だけは避けなければならない。

光が宿らない解決法に、虚しさを感じてしまう。

みんな病んでいても良いんだけど。

何か一つ。

又は、誰か一人。

きらりと光るものがあっても良いんじゃないでしょうか…


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
16:25 や行 その他の作家 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。