09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

トッカン the 3rd: おばけなんてないさ / 高殿 円

2013/09/30
トッカン the 3rd: おばけなんてないさトッカン the 3rd: おばけなんてないさ
(2012/06/22)
高殿 円

商品詳細を見る

お金の警察とも言われる税務署。

しかし税金滞納者の取り立てをする徴収官は、誰からも嫌われがちな存在――

ぐー子こと鈴宮深樹は、京橋中央税務署で、とくに悪質な滞納を扱う特別国税徴収官の鏡雅愛の下で働く若手徴収官。

鬼上司・鏡とのコンビも2年目に入り、ぐー子自身もスキルアップ、鏡の罵詈雑言にもちょっぴり口答えできるようになってきた。

今回の対象は鹿沼にある運送会社と日光の霊水を使った霊感商法。

けれど、思わぬところで鏡の元嫁や地元の同級生などが現われて、波乱含みの旅の予感に……

少し成長したぐー子の活躍と、気になる鏡の心の内が明らかに!

『トッカン』シリーズ第3弾。



新人徴収官の成長物語。

ぐー子なりに成長を遂げ、少しずつ鏡トッカンの手から離れて仕事が出来るようになってきた。

なのに、なのに。

1、2よりつまらなく感じてしまうのは、私が鏡トッカン贔屓だからか。

そうか、ぐー子が成長すればする程、鏡トッカンの出番は少なくなってしまうのか…


仕事が出来て、Sっ気の強い厳しさ。

誰よりも頼りになって、影があって、ごくたまに優しくて。

こんな上司がいたら格好いいなぁと思っていたのに。

鏡が出てこないのでは、かなり物足りない。


生活を切り詰め、子どもの学費にも困りながら、身を削って消費税を払っているのに。

その横では、仕事をしないで生活保護で酒を飲む人がいる。

私達から税金を取り立てる前に、他にすべきことがあるだろう。

最もな訴えを聞きながら、どうすることもできない立場。

自分たちが出来る範囲の精一杯は何かを心に問いながら、奮闘する姿はいいなと思う。


しかし第3弾は、今までで一番言葉の流れが悪かった。

口調が一定ではなかったり、説明過多だったり、軸がずれていたり。

話題を増やすために手を広げるのではなく、トッカンの仕事をもっと掘り下げて欲しかったな。

お手軽ミステリみたいになってしまったのは残念。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
17:51 高殿 円 | コメント(0) | トラックバック(0)

トッカンvs勤労商工会 / 高殿 円

2013/02/26
4152092130トッカンvs勤労商工会
高殿 円
早川書房 2011-05-20

by G-Tools

特別国税徴収官(略してトッカン)の鏡が税務署の天敵・勤労商工会に訴えられる? 

鬼上司のピンチにぐー子は? 

好評の第2弾登場!内容紹介



あの手この手の戦略で、どうにか税金を払わずに逃げようとする輩。

特別国税庁徴収官は、悪質な滞納者から隠し財産を暴き出す。

今作品では、鏡の強引なやり方に目を付けられ、勤労商工会に訴えられてしまう。


人事異動により新たなメンバーが加わった京橋中央税務署。

前作より鏡節が減っているのが残念だけれど、それを補うだけのサブストーリーが充実。

一巻を読んでいない人への説明が長いので、出だしはとても間が悪い。

だが、流れ出したら一気に読めてしまうし、見た目ほど内容は薄くない。


相変わらず、主人公ぐー子はうじうじしている。

秀でた才能がある同僚は一目置かれ、その才能のスペシャリストとして居場所が存在する。

今は若いだけの自分には、何もない。

若さや体力など、次の世代が入ってくれば、能力にもならない。

自分が居ても良い居場所、職場の隙間を羨望してしまう。


実家との折り合いの悪さ、友達が出来ない寂しさ、求められていない自分。

鏡におんぶに抱っこだった前回とは違い、巣立たねばならないぐー子が、ワンステップ成長を見せる。

職業青春ものにしては、内面が暗いのが、「トッカン」の特徴的なものだと思う。

今回はさらに女性が働き続けることの困難も含め、期待以外の部分でも見せてくれる。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
11:49 高殿 円 | コメント(0) | トラックバック(0)

トッカン 特別国税徴収官 / 高殿 円

2012/12/12
4152091371トッカン―特別国税徴収官―
高殿 円
早川書房 2010-06-24

by G-Tools

税金滞納者から問答無用で取り立てを行なう、みんなの嫌われ者――徴収官。

そのなかでも、特に悪質な事案を担当するのが特別国税徴収官(略してトッカン)だ。

東京国税局京橋地区税務署に所属する、言いたいことを言えず、すぐに「ぐ」と詰まってしまう鈴宮深樹(ぐー子)。

冷血無比なトッカン・鏡雅愛の補佐として、今日も滞納者の取り立てに奔走中。

税金を払いたくても払えない者、払えるのに払わない者……

鬼上司・鏡の下、ぐー子は、人間の生活と欲望に直結した、“税金”について学んでいく。

仕事人たちに明日への希望の火を灯す、今一番熱い職業エンターテインメント! 内容紹介



仕事のテーマはとても新鮮。

税務署ならば珍しくもないが、特別国税徴収官なるものは初めて。

幾度取り立てても支払わない(支払えない)案件のみを対応するとだけあって、相手は一筋縄ではいかない。

お金を上手く隠し、税金を支払わない人間の嘘を見抜き、いかにして徴収するか。


冷血上司である鏡雅愛の鑑定眼が面白い。

相手が一番大切だと思うものを狙い、差し押さえる極悪非道ぶり。

一目見てモノの値段を読み、相手の痛いところを一気に突いてしてしまう。


そんな上司に振り回され、バカにされても、必死で付いていくぐー子。

彼女がいい子ではないのが、この物語の味でもある。

正義感たっぷりで、決していじわるもしないのに、なぜか友達が出来ない。

「私、なにも悪いことしていないのに」

そう思っている人間こそ……の視点は女性ならではです。


残念ながら、過去に対する振りが多いので、先はある程度想像できてしまう。

とても面白いですが、ラノベとして割り切った方が読みやすいです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
12:06 高殿 円 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。