05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

息子が格好いい 長男バージョン

2016/07/20
7月は三者面談の季節。

親バカ万歳、今回は長男です。


長男の学校の三者面談は、放課後に行われる。

私が一人で学校に向かい、教室で待つ長男と合流しなければなりません。


方向音痴の私でも、息子の学校にはグーグルマップがあれば行ける。

ただ、校舎が問題だ。

継ぎ足し継ぎ足ししているような学校の校舎。

目指すべき教室がどこにあるのか、よく分からないのです。


長男はゆっくりした子なので、かなり親切丁寧に、教室のある場所を説明してくれた。

本館、別館、新館、渡り廊下…

経路を説明している内に、母親にこれを理解させるのは無理だと思ったのだろう。

長男がとても面倒くさそうに、ぶっきらぼうに言った。

「あぁ、もういいや。正門の屋根のあるところで待ってて。俺が迎えに行くから」

きゃあーー!格好いい。



俺が迎えに行くから


俺が迎えに行くから


俺が迎えに行くからーー



母さん、頭の中でリフレインです。



「じゃあ、余裕をもって一時間半ぐらい前に家出るね」と、私が言うと。

「それは早すぎるわ。一時間前で十分だよ」と長男。

「いやー、この間の次男のとき、私のせいで遅刻したから、とりあえず家だけは早く出るよ」

「絶対一時間半前は早いんだけどな。んー、じゃあ俺もできるだけ早く迎えに行くわ」



出来るだけ早く迎えに行くわ


出来るだけ早く迎えに行くわ


出来るだけ早く迎えに行くわーー




もうリフレインが止まりませぬ。




当日、片手を上げて、恥ずかしそうに迎えに来てくれた長男。

面談を無事終えて、やれやれと一緒に教室を出た。

長男が前を歩き、後ろをついていくと、

「じゃ、ここから出れば帰れるから」と、出口の扉を指差して、さわやかに去って行った。


帰りもいちよう送ってくれていたんだ…

母さん、もううっとりです。



確か三者面談で、このままでは希望の大学は全部無理ですって言われたような気がするのだけど。


夢だったのかしら。

ええ、きっと夢だった、のでしょう。




押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
15:41 息子 | コメント(6) | トラックバック(0)

親バカ万歳

2016/06/27
先日、次男の三者面談がありました。

次男は先生から怒られることが嫌なので、時間きっちり、準備万端整えるタイプ。

当然のように、三者面談に間に合うように時間を逆算し、私に的確に時間の指示を出し、余裕をもって一緒に家を出た。


だが私は、次男よりかなり歩くのが遅かったようで、彼の予定していた電車に乗り遅れてしまった。

その上、ホームで次男を見失った私は、絶対に逃してはならない乗り換えにも間に合わなかった。

昼間なので、電車の本数は少ない。

十分余裕をもって出発したはずなのに、時間はギリギリになってしまった。

やばい。


何とか小走りで学校にたどり着いた私たちは、正門を抜けて、大急ぎで教室へ向かった。

さあ、スリッパに履き替えなくっちゃ。

カバンからスリッパ入れを出したら、そこには中身のないスリッパ袋だけが入っていた。



ぺらーーん



あー!

この間スリッパ洗濯したとき、洗ったスリッパを、袋に戻すの忘れていた。

スリッパ袋だけを持って呆然をしている私に注がれる、冷たい次男の視線…

更にやばい。

す、すんません。


貸し出しのスリッパは確か、正門入ったところにあった。

広い校内を大慌てで正門まで戻り、保護者用スリッパを貸してもらった。

仁王立ちの次男に謝る私。

当然のことながら、三者面談には遅刻してしまった。

申し訳ないです。



面談を終え、家に帰ろうと正門を出たところで、私は教室に日傘を置き忘れてしまったことに気が付いた。

次の方が面談中の、先ほどの教室に。

やばい、また怒られる。

ちらと次男を見ると、仕方がないなという風に肩をすくめ、「いいよ、俺がとってくるから」と教室へ駆け出して行った。

本当に、重ね重ねすみません。



帰り道、反省した私は、今度こそ次男を見失わないように、ホームを頑張って小走りしていた。

すると、次男が振り返って、優しく言った。


「大丈夫、もうそんなに急がなくていいよ」

「ほら、後ろ危ないから、もう少し端に寄って」

「帰りはゆっくりで大丈夫だから、次にしようか」




きゅーーーん!!



あかんあかん、母さんはちょっとときめいてしまった。

さっきまで怒っていたのに、次男よ、ちょっと格好いいじゃないか。

自分の反省はさておき、こんな単純な緩急に、私はうっとりしてしまう。



これが息子特有の飴とムチ。



幼かったはずの息子が、そろそろいい感じで格好いい。

親バカ万歳。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
14:27 息子 | コメント(6) | トラックバック(0)

夫婦間洗脳の恐怖

2015/04/13
夫はよく書いているように、基本言葉が甘い人。

私に向かって、「ごろちゃん可愛いねー。綺麗だねー」などと言ってくれる。

冒頭から気持ち悪い会話で申し訳ない。

前振りとして必要な会話なので、どうかお許しください。



本来自分は、特別ちやほやされるような容姿でないことを、十分理解している。

だが結婚して17年。

甘やかされた言葉を受け続けていると、事実がどうであれ、自分はそれなりにイケているのではないかと、錯覚を起こしてしまう。


これはもう、洗脳と言っていいかもしれない




最近アーチェリーを始めた私は、射るときの姿勢がなかなか定まらない。

姿勢を確認するために、夫にスマホで動画を撮ってもらった。

何パターンか撮影して、自宅でゆっくり動画で姿勢の確認をしようとして、その映像に慄いた。

小さな画面の中で、



そこそこのおばさんが、一生懸命、矢を射っているではないか。



もちろん可愛くも、綺麗でも、ない。



夫ーーーー!



「大変だわ、衝撃だわ。 私、劣化してる!」

「そんなことないよ、ごろちゃん可愛いし綺麗だよ」


「いやいや、現実はこれだ!」と動画を見せる。

「ええと、いつも通りだよ」


「これが可愛く見えるの?」

「うん、見えるよ」


「老眼なんじゃない?」

「だいぶ前から老眼だよ」


「そうか、そういうことか (ノω・、)…」

「なんか色々、大変そうだね」



ええ、大変ですよ。

まさかまさか。

私を褒めてくれていた夫の目が、がっつり老眼だったとは。


あなたの前でどんどん紗がかかり、しわが飛んでいるらしい私。

これなら年々美しく見えるようになるのだろうか。

こうご期待。 


鏡や写真と違って、照明が届かない動画はなかなかエグイ。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
12:03  | コメント(8) | トラックバック(0)

求人広告の現実 甘い話なんてないのだ

2015/03/05
そろそろ私、働いた方がいいだろうか…

いつも心のどこかで思っているのだけれど、億劫になって重い腰が上がらない。

今までずっと専業主婦だったわけではなくて、住んでいる場所場所で、幼稚園や小学校の帰宅時間に間に合う程度に働いてきました。

それがここ数年、転勤、家を建てること、引越し、ダブル受験など忙しくて、それどころではなかった。


全てが落ち着いた今、もう復帰したらいいのだけれど、いったん仕事から離れてしまうと、簡単にはエンジンはかからない。

日々記憶力やパワーが低下していっている中、新しいことを始めるのは勇気がいるのです。



私はあまり体力がないので、張り切りすぎるとぶっ倒れる。

夫は、「平日週3回ぐらいで、3時間勤務ぐらいの、座ってできる仕事がいいね」と舐めたことをおっしゃる。

キャンプに行くのは外せないので、平日勤務は絶対条件としても、このご時世、そんなうまい話は転がっていないだろう。

などと言っていた矢先、一つの求人広告が目に入った。


一般事務、電話応対、受付、接客、案内など、冠婚葬祭のお仕事です

平日のみ週に3~4回、1日4時間、時給1200円

お休み取れます!主婦の方大歓迎!学校行事優先します!



条件良すぎだ。

怪しすぎるだろうか…


まぁ、覗いてみるだけ覗いてみて、怪しければ遠慮すればいいだけだからと、面接に行ってみた。

採用はあっさり決まったのだが、説明された実際の仕事内容は、がっつりノルマのあるポスティングだった。


一般事務、電話応対、受付、接客、案内など、冠婚葬祭のお仕事です



って書いてあったけど、この最後にある案内がポスティングの意味なのかしら。

各家庭にポスティングしてお客様を見つけた場合、社員さんに引き渡す仕事が、一般事務、電話応対、受付、接客って部分らしい。

確かに、嘘は言ってない…のだろう

お年寄りに怪しい商品を売ることはとてもできないので、お断りしてすごすごと帰ってきた。



今度は反省して、ごく普通のビルの、ごく普通の一般事務のお堅い仕事にしましょう。

見つけたのは、一般事務、伝票入力とある、勤務地も怪しくない普通の会社。

早速問い合わせると好感触。

面談で詳しく業務内容を教えてもらうと、仕事内容は想像以上のものだった。


業務内容 : 料金徴収

督促の電話をしても支払わない長期料金滞納者の自宅を訪問し、料金を徴収してくること



・・・・・ かなりハードな内容です (。・ω・)ノ゙

長期滞納者の自宅を訪問して料金を徴収してくることを、世間では一般事務と呼ぶのかしらん。

やっぱりねぇ、難しいわ。



では気分を変えて、自宅で出来る書き物の仕事にしましょう。

今度こそかなりお堅いお仕事で、採用には書類選考、志望動機書、面接、筆記試験、適性テストとハードルが高い。

無事試験を通過し、ようやく採用を前にして、細かな仕事内容と金額が明かされた。

A4用紙両面に、細々とルールに則って手書きする仕事。

一枚当たりの報酬は120円でした。


いくらか経験を積んだとしたら、時給300円ぐらいになるかな。

う、ダメだ…

腱鞘炎になるほど字を書かないと、ある程度まとまった金額にはならない。



現実は厳しいなぁ。

何の能力も資格もない私に、とても入れる場所はなさそうだ。

すっかりお仕事を探すテンションではなくなったので、現実逃避。

春を迎える準備と称し、花の世話ばかりしていて、庭に住みついています。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
21:30  | コメント(8) | トラックバック(0)

アーチェリー始めましたが…

2015/01/21
最近アーチェリーを習い始めた夫が、「ごろちゃんも一緒に行こう」と誘ってきた。

と言うより、いつの間にか私の分まで申し込んでいた。

今週末から教室が始まると聞いた時も、私は「はいはーい」と軽く返事をして、あまり深く考えてはいなかった。


そして、アーチェリー教室初回の週末の朝。

予定は午後だったので、朝の弱い私はゆっくり寝ていた。

すると…

朝早い時間から、洗濯機の音がする。

お風呂を念入りに磨いている音がする。

洗濯物と布団を干している音がする。


ああ すいません すいません。

心の中で思いながらも、今日は週末だからと自分に言い訳をして、だらだら11時まで寝ていた。

「そろそろ起きなさいよ」と夫に起こされた後も、昨日買ったミスタードーナツを食べながら、新聞をのんびりと読んでいた。


「ごろちゃん、もう 時間ないよ」

夫に言われて時計を見ると、出発まであと30分しかなかった。

まだ顔も洗っていないのに。


あたふたと歯を磨き始めた私に、夫は「お昼ご飯は食べていきなさい」と言うが、ミスタードーナツを食べたばかりでそれは無理。

「お腹が一杯なのでお昼ご飯は抜きで行く」と言って、 私は大急ぎで自分の身支度を始めた。

ダッシュで洋服を着替えているとき、夫はキッチンで自分の昼食を食べながら、慣れない手つきでおにぎりを握っていた。


何をしているのだろう。

夫はあまり料理が得意ではない。

その夫が、小さなおにぎりを1つ1つラップで綺麗に包んでいる。

海苔はを湿気ないように、これもまた一枚ずつラップに包み、別添えしてお弁当箱に入れ始めた。

おにぎりの海苔を別添えするような細やかさは私にはないので、結構衝撃の光景だ。


「も、もしかして それ私のお弁当?」

「そうだよ。アーチェリーは夕方までだから、何も食べないと身体もたないよ」

準備されたカバンには、不格好なおにぎりが2つ、水筒、食事用のウェットティッシュ、ハンカチ、汗拭き用のスポーツタオルが入っていた。




… おかんやないか。



恐縮する私に、「簡単に用意しただけだよ」という夫。

ほほぅ、 あなたにとっての最低限の気配りは、このレベルってことだわね。

まさか、同じことを妻にもお求めだったのでしょうか。



これはあかん。

見なかったことにしましょう、気づかなかったことにしましょう。


夫の女子力に、とてもじゃないが勝てる気がしない。




押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
17:41  | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。