09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

なぜかお金が貯まる手帳術 毎日○×チェックするだけ! 野呂エイシロウ

2016/06/07


借金まみれでお金に苦労した著者が編み出して人生をリセットした「お金のお片づけ」手帳術。

始めて2週間で、支出10万円減を体験。

毎日の買い物のレシートを、ハッピーなお金かどうかで○×チェック、手帳に書き込むだけで「お金が貯まる」体質に変わる。

内容(「BOOK」データベースより)



図書館に行った際、気軽に読めそうな雑誌的な本を、ついでにチェックすることが多いです。

料理であったり、子育てであったり、暮らし、花、何でもいい。

素敵なタイトルを見つけると、つい興味がわいて手に取ってしまう。

潜在意識とでもいうのか。

疲れているときは、写真の多い癒し系の本。

時間を持て余している時は、かなりマニアックな本に手を出してしまいます。


で、今日私はこの本を手に取った。

どうやら、お金に困っているらしい。


高校生と中学生の息子たちは無事大きくなり、反抗期も過ぎたのか、ただただ笑顔で、学費と食費を無駄に消費し続けている。

お肉もお魚も1パックで足りるはずもなく、お米は月20㌔でも足りなくなってきた。

どうか息子たち、この両親の労力を、模試の結果に反映させておくれ。

なんて願いが届くはずもないので、母は無意識にこういった類に本を手に取ってしまうのです。


さてさて、前置き(いや、言い訳)が長すぎました。

長いのには理由がある。

感想を書くほど濃度の高い内容ではなかったからです。

途中からは、こんまりちゃんの「人生がときめくお片付け術」みたいになってくるんだもの。

そんな後半はさておき、前半はとてもためになる術が書かれておりましたので、一部抜粋です。


朝一番に、その日使う意お金のシュミレーションをする
  ↓
銀行に行き、前日の財布の残りをすべて入金。その後、口座から今日使うお金だけを下す
  ↓
一日の終わりにレシートを貼り、家計簿をつける
  ↓
翌日からも繰り返す


とってもシンプル。

毎日使う金額を決めて、毎日下ろして、残金は入金。

自分が何に使うかをシュミレーションすることは大事。

そして、予算内に抑える必要があるので、余計な買い物もできない。

なかなかスパッと気持ちのいい考え方で、私はとても好きでした。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
12:12 雑学、その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

2014/05/28
「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―
(2012/02/01)
宇津木龍一

商品詳細を見る

やけど治療から生まれた全く新しいスキンケアを紹介。

目からウロコの美容新常識です!

用意するのは純石けんとワセリンだけでOK。

乾燥肌、オイリー肌、シミもくすみもどんどん消えていく「水洗顔」法で、肌本来の力を引き出します! 内容紹介



以前から気になっていた本なのですが、図書館で一年待ちでした。

肌に関して悩みは尽きないものですが、こういう「なんにもいらないよ」的なシンプル本があるととても気になります。

あまり化粧映えしないので、普段からがっつりと化粧はしていない。

フルメイクをしたら印象が強すぎるようで、頑張った感がどことなく漂ってしまうのです。


マスカラ等手のかかることは毎日しない。

美容液、上等な化粧下地、それにコンシーラーもしない。

専業主婦のごく普通のメイク。

それでもくすみは消したいし、たれ目をネコ目にしたい欲はある。

口角だって上げたいし…

あれ?

控えめだと思っていたが、なんだかんだ手をかけている自分に気が付く。

少しでもよく見せたい願望は、永遠なのだろう。


だけれど、肌の中で顔が一番荒れているようには、以前から感じていた。

毎日毎日、太陽光にあたって、風にあたって、クレンジングをして、洗顔で擦って、化粧品を塗り込む。

そりゃあ、荒れるわな。


宇津木流の美肌への道は驚くほど簡単です。

とにかくやることは何もない。

化粧をしない、洗顔料で洗わない、化粧水も、クリームも、何にもつけない。

これでは本に書くことなんて一冊分もなかろうに…と思う程、することがないのです。

今まで当然だと思ってきたことを、きれいさっぱり忘れる。

化粧をしない勇気を持てるのかが、全てのような気がします。


確かに化粧をしないでいれたら、肌は綺麗になるだろう。

だけど、少しは綺麗に見せたい欲はどうしたら良いのだろうか…

アイメイクはポイントならOK。

口紅も一種類だけ。

眉と簡単なアイメイクだけでもすると、少しは気が落ち着きます。

それでも肌には何もつけないので、血色、肌の質感に、不安がかなりある。

最初は粉のファンデーションを薄くつけてもいいと書かれていますが、一度塗りだすとつい重ねてしまう。

重ね癖が付いていることを痛感します。



本に書いている通り、何にもしない生活をはじめてみた。

化粧水もクリームもつけないのだから、最初はごわごわします。

突っ張るというより、もしょもしょと痒い。

かゆいなと思って触ると、肌の余分な部分が少しはがれます。

ぽろぽろとはがれている内に、次第に毛穴が小さくなっていることに気が付きます。

肌のぼこぼこした感じがなくなって、するりとしている。

でもでも。

まだ化粧した方が自信が持てる。

今、勝負事をしたら負けてしまいそうな気弱な気持ち。

自分に自信が持てません…

道で友達にあったら、ちょっと隠れてしまいたいぐらい。


個人差があるようですが、半年もすれば多くの人の肌トラブルは解決するらしい。

確かにまだ初めたばかりでも、肌の調子が良くなってきているのは実感できます。

ただ残念なことに、ある程度まで肌の質感が整いだすと、化粧をしたい気持ちがムクムク。

これからは、化粧をしたい欲と自分が戦えるかが、分かれ目なように思います。




さて、現在半年経過しました。

結論から言うと、化粧を全くしない生活は出来きれていません。

この日差しの中、日焼け止めを塗らないでいることは、どうしても不安だからです。

今の私は、日焼け止めを塗って、薄く粉のファンデーション、眉、軽いアイメイク、口紅を使用し、夜は石鹸で落としています。

化粧水やクリームは使用せず、必要に応じてワセリンを使用。


肌は綺麗になったと思います。

皮膚のごわつきがなくなったので薄くなったように思いますし、毛穴はほとんど目立ちません。

あと、クレンジングを止めたことが一番大きいようで、粉吹きもなくなりました。

ですが、フルメイクの方が、若く見えたり、綺麗に見えたりするのかもしれません。

本に書いてあるほど、何もかもすべて上手くいくようには思いませんが、シンプルなメイクは気持ち良くて快適です。


想定外に良かったことが一つありまして、それは、お金が減らないこと(笑)

化粧水、乳液、化粧下地、クレンジング、洗顔フォーム、マスカラ…何にも買わないのだもの。

そりゃ差は出ます。

いざという時だけきちんとメイクをして、普段は軽めのメイク。

全ての化粧品を手放すことは無理ですが、自分のサイズで気楽に付き合う分には楽しい方法です。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
11:55 雑学、その他 | コメント(10) | トラックバック(0)

予算内で造るこだわりの家 アイデア179

2013/01/30
4415109314予算内で造るこだわりの家―アイデア179 (SEIBIDO MOOK)
成美堂出版編集部
成美堂出版 2010-09-28

by G-Tools

賢くコストを下げて理想的な住まいを実現!

・コストを下げるプランニング術

・失敗しない依頼先選び

・ランニングコストを下げるエコライフ

・部屋別こだわりアイデア

・総合力で選ぶ設備機器

・資金計画&住宅の法規制



どちらかと言えば、ハウスメーカーより設計士さんに依頼した人向けですが、参考になるポイントが多く楽しめます。

注文住宅はどうしても予算オーバーしがち。

この本では、オーバーする原因が詳しく書かれているので、事前に知っていて損はないです。


水道工事や地盤改良費用など、土地によっては発生する可能性のあるもの。

引っ越しに伴う経費、工期が遅れたことによる追加発生金額。

登記費用、地鎮祭、固定資産税など、挙げだしたらキリがない。

夢見る初期の段階ではつい見落としてしまいがちですが、家族の誰かが頭の片隅に入れておきたい知識です。


また、「安かろう悪かろう」が売りではないのも嬉しい。

グレードを上げることで、将来的な維持コストが下がるのなら、それは先々得な選択になる。

ただ単に値段を下げることを目的とはしていないので、見ていて気持ちが良い。

住宅減税などの公的支援の記事も充実していますが、この辺りの情報は鮮度が大事。

年々基準やパーセントが変わりますので、参考にする場合は最新本の方が良いかと思います。


ちなみに巻頭特集-コストを抑えて自慢の家を造りました-シリーズは、こだわった家なのにとても安い。

私も頑張ればこのぐらいで出来るんだ、なんて思ってはいけない。

詳細の最後に小さな字で、別途工事、諸経費は含んでおりませんと但し書きがある。

せっかくなら地盤改良や諸経費も書いてくれたらもっとリアルなのに。

全く。

こういう本こそリアルに書かなくてどうする。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
15:11 雑学、その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。