08月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

友罪 / 薬丸 岳

2014/08/21
友罪友罪
(2013/05/02)
薬丸 岳

商品詳細を見る

-過去に重大犯罪を犯した人間が、会社の同僚だとわかったら?-

ミステリ界の若手旗手である薬丸岳が、児童連続殺傷事件に着想を得て、凶悪少年犯罪の「その後」を描いた傑作長編!

ジャーナリストを志して夢破れ、製作所に住み込みで働くことになった益田純一。

同僚の鈴木秀人は無口で陰気、どことなく影があって職場で好かれていない。

しかし、益田は鈴木と同期入社のよしみもあって、少しずつ打ち解け合っていく。

事務員の藤沢美代子は、職場で起きたある事件についてかばってもらったことをきっかけに、鈴木に好意を抱いている様子。

益田はある日、元恋人のアナウンサー・清美から「13年前におきた黒蛇神事件について、話を聞かせてほしい」と連絡を受ける。

13年前の残虐な少年犯罪について調べを進めるうち、その事件の犯人である「青柳」が、実は同僚の鈴木なのではないか?と疑念を抱きはじめる。 内容紹介より



薬丸さんの代表作である「天使のナイフ」同様、少年犯罪と更生がテーマです。

被害者、その家族の苦しみが永遠でありながら、加害者がその後何十年も生き、成長していくその落差。

罪を反省し更生することが理想であり、人の可変性を信じたいと思う。

しかし、凶悪犯の犯人が数年後に幸せに暮らしていると知るなら、少し受け入れ難く思ってしまう矛盾。

少年犯罪そのもの、その後の更生を、ある一面から語ることなど出来るはずもない。

加害者、被害者家族だけでなく、周りを取り囲むあらゆる人々の立場を見せ、少年の社会復帰について問いかける作品です。


許されるはずのない幼児への残虐な殺人。

家族愛に恵まれなかった犯人の少年は、出所後名前を変えて生きていくが、罪の重さに苦しみうなされ続ける。

矯正局の職員は、自分を消耗させながらなんとか少年を更生させようと奮闘するが、社会がそれを阻む。

もし職場の同僚が、数年前に起こった凶悪犯の犯人だと知ってしまったら、自分はどういう振る舞いをするだろうか。

あの時犯罪者であっても、今はうち解け始めた優しい同僚。

被害者の傷は癒えるはずもない深さで、向き合えば向き合うほど、どうすべきか分からなくなる。


大切に思うものがなければ、自分の犯した罪の重さを本当の意味で理解できることはない。

という作中の言葉が好きです。

本当にそうだと思う。

大切なものが一つもなければ、失う怖さや、壊してしまう罪の重さを知りうることがないと思うから。


罪を犯した少年の立場ではなく、周りの取り巻く人々の顔が渦巻いていて、とても良く練られた設定だと思う。

けれど、始めに設定があって、望む展開に持っていくために登場人物が動いているように見えてしまいます。

薬丸さんの作品でいつも感じるのですが、登場人物の安易な行動が目について仕方がない。

犯人だけでなく支える側の人達であっても、人としての魅力が感じられず、深い部分で同調できないのが残念です。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
23:01 薬丸 岳 | コメント(4) | トラックバック(0)

闇の底 / 薬丸 岳

2013/09/07
闇の底闇の底
(2006/09/08)
薬丸 岳

商品詳細を見る

少女を犠牲者とした痛ましい性犯罪事件が起きるたびに、かつて同様の罪を犯した前歴者が首なし死体となって発見される。

身勝手な欲望が産む犯行を殺人で抑止しようとする予告殺人。

狂気の劇場型犯罪が日本中を巻き込んだ―。

絶対に捕まらない―。

運命が導いた、哀しすぎる「完全犯罪」。

『天使のナイフ』の薬丸岳が描く、欲望の闇の果て。

江戸川乱歩賞受賞第一作。 内容(「BOOK」データベースより)



幼い子に手をかけた卑劣な犯罪。

どうやったら断ち切ることが出来るのだろうか。

捕まったとしても、現在の法律はあまりにも量刑が軽く、出所後の再犯率も高い。

妹を傷つけられ奪われた兄は、癒えぬ心の闇を抱えたまま警察官になる。


兄はずっと、自分を責めている。

幼い妹が殺された責任は自分にあると。

犯人を殺してしまいたい遺族感情を消し去ることもできず、法律の限界を感じてしまう。


遺族感情は十分伝わるものがありました。

これほど惨い犯罪が、どうしてこんなに軽い量刑なのだろう。

どうして繰り返されるのか。

どうして、どうして。


設定として良くできているのですが、いかんせん警察ものとしての厚みが足りない。

ミスリード狙いなのが早めに見えてしまうので、余計に気になってしまった。


犯人の意図に筋が通っているようで通っていなくて。

物語を進めるにあたって齟齬がないように、少し微調整した印象を受けてしまう。

もう少し掘り下げが深ければと残念に感じます。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
19:06 薬丸 岳 | コメント(4) | トラックバック(0)

天使のナイフ / 薬丸 岳

2013/03/17
4062761386天使のナイフ (講談社文庫)
薬丸 岳
講談社 2008-08-12

by G-Tools

少年犯罪における贖罪の意味を問う意欲作。

妻を3人の少年に殺された過去をもつ桧山貴志。

4年後、少年のうち一人が殺された。

疑惑の人となった桧山は自ら、何が少年たちを犯罪に追いこんだか探り始める。

第51回(2005年) 江戸川乱歩賞受賞



江戸川乱歩賞受賞作品には当たり外れがありますが、この作品の完成度の高さにはとても驚かされました。

初めて書いた作品とはとても思えない。

少年法について掘り下げた作品なので、読んでいると高野和明の「13階段」を思い起こさせる。

著者は「13階段」に衝撃を受けて、本格的に小説家を目指すようになったそうです。


少年が犯罪を犯した場合、どのように教育、更生させていくのが正しいのか。

贖罪の気持ちを持ち、一生罪を背負って生きていくことを教えるべきか。

少年の可塑性を信じ、更生後の新たな人生を援護すべきか。

考え方には様々な意見があるだろう。

被害者家族、加害者家族、罪を犯した本人、それぞれの立場を先入観なしに見せたのはすごいと思う。


後半は完璧に作られたプロットを優先させるために、都合よく人物を動かした感が見えてしまう。

そこはとても残念ですが、2重、3重に仕掛けられた筋はしっかりとして素晴らしいです。



- ここからは申し訳ありませんが、ネタバレになります -



少年犯罪の被害者は、常に法廷の外に追いやられてきた。

もし家庭をめちくちゃにした犯人が数年で出所し、幸せな家庭を築いていることを知ってしまったら。

自分の家族は、あれ以来立ち直れていないのに。

「少年」という存在が法で守られるのであれば、自分も同じ「少年」の間に仕返しをしよう。

あってはならないことだけど、これをやってしまった小説であります。

単純な仕掛けではありませんが、すべてを整理するとそこが残る。

現在の少年法とは少し違っているので、直接今に置き換えることは出来ませんが、とても考えさせられる作品でした。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
13:11 薬丸 岳 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。