07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

スメル男 / 原田 宗典

2013/07/31
スメル男 (講談社文庫)スメル男 (講談社文庫)
(1992/06/04)
原田 宗典

商品詳細を見る

ぼくの体に、何かとんでもない変化が起きている。

東京全都を嘔吐させるような異臭がぼくの体から漂い始めた。

原因はわからない。

気弱なぼくを信じてくれる人はたった1人。

コンピュータを自在に操る天才少年たちも仲間だ。

八方ふさがりの迷路の中で、今、ぼくのとてつもない青春の冒険が拳をふり上げる。



先日原田マハの「楽園のカンヴァス」を読んだ際、プロフィールを見ていて驚いた。

原田マハのお兄ちゃんが、原田宗典なんだ!

原田宗典といえば、随分以前に読んだ「スメル男」がとても印象に残っています。

1989年に出版されたもので、私も読んだのは20年ぐらい前のことですが、ばかばかしさ満載の大好きな作品。

キャラがしっかりとしていて、特に目の前のものを巻尺で測らないといられない「マキジャック」がとても好きでした。

なんだかとても懐かしい気持ちがして、20年ぶりに再読してみました。


無嗅覚症のぼくの体から、とてつもない異臭が放たれているらしい。

ぼくが歩けば、町中の犬が狂ったように吠え、異臭騒ぎでマスコミが殺到する。

だが、当の本人は臭いを感じることが出来ない。

この臭いが原因で、ついには命までも狙われる羽目になり…


あらすじの通り、どうにもこうにもの馬鹿馬鹿しさです。

ですが、筋はきちんとしているし、何より読後感が良い青春友情物語。

久々に読み返してみて、そう古さは感じませんでした。

最新のコンピューターを使った話であれば、それなりに時代を感じそうなものだが、意外と本質は変わっていないのかもしれません。


残念ながら原田宗典の他の作品はそれほど面白くなかったりしますが、やっぱり「スメル男」は楽しい。

著者の性格ゆえなのでしょうが、人が死んでも、いい意味で毒気が感じられない。

作風云々は全く違うのですが、兄妹揃ってベースの温かさが終始心地よいです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
10:53 原田 宗典 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。