09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

オレンジの壺 / 宮本 輝

2016/08/02
 

佐和子・25歳―とりたてて不幸なことなど何もない、しかし決して幸福ではない。

ある日、亡き祖父から残された日記帳を読んだ佐和子は、重大な秘密を知る。

パリへ旅立ち、祖父の本当の姿を探し求める彼女は、いつしか大切な何かを追い求めている。

平凡な自分に何ができるのか?

佐和子が見つける答えは―。

女性のひたむきな成長を描く宮本文学の傑作。 内容(「BOOK」データベースより)



結婚一年で離婚に至った25歳の主人公:佐和子。

元夫から別れ際に残された言葉が、彼女の心に深く突き刺さっている。

お前には、どこも悪いところはない。だけど、いいところもぜんぜんないんだ。女としての魅力も、人間としての味わいも、まったく皆無だ。


開始早々、このたった一つの台詞で、主人公の人となりをズバッと見せてしまうなんて。

印象的な言葉選びがとても美しい。

宮本作品を好きに思う要因の一つです。


また、描かれる人物からは、いつも独特の色のなさを感じます。

色彩の無さ。

単に平面的と言うのではなく、立体的な人物でありながら、少しパサついたような寂しさ。

生命力とかガツガツしたものがない。


そんな25歳にして辛辣な言葉を浴びてしまった佐和子が、いかにして自信を取り戻していくのか。

祖父の残した日記を元に、過去に遡る旅がとても物悲しく美しかったです。


この物語の中で過去に遡るうち、見えてくることと、見えてこないものが出てくる。

多くの人が亡くなっている今、想像のみで隙間を埋めなければならないこともある。

人の心を想像して、それでも結論を出すべきか。

人を傷つけてまで蒸し返さなくとも、分からないことは、分からないままでいいのではないか。

祖父の日記を前に葛藤を繰り返しもがく様が、とても誠実でした。

分かりやすく面白い娯楽作品ではないですが、宮本輝さんはやはり好きな作家さんです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
11:39 宮本 輝 | コメント(2) | トラックバック(0)

青が散る / 宮本 輝

2014/09/04
青が散る〈上〉 (文春文庫)青が散る〈上〉 (文春文庫)
(2007/05)
宮本 輝

商品詳細を見る

青が散る〈下〉 (文春文庫)青が散る〈下〉 (文春文庫)
(2007/05)
宮本 輝

商品詳細を見る

燎平は、新設大学の一期生として、テニス部の創立に参加する。

炎天下でのコートづくり、部員同士の友情と敵意、勝利への貪婪な欲望と「王道」、そして夏子との運命的な出会い―。

青春の光あふれる鮮やかさ、荒々しいほどの野心、そして戸惑いと切なさを、白球を追う若者たちの群像に描いた宮本輝の代表作。

内容(「BOOK」データベースより)



青春小説としてよく名前が挙がる名作。

息子に勧める前に読んでみようと手に取ったのですが、青春からほど遠い私がすっかり魅了されてしまった。

内部上がりのボンボンが多い新設大学で、テニスに明け暮れる日々。

今の大学生からしたら考えられないほど、就職活動も勉強もしていない。

羨ましいほどに自由。


携帯がないっていいな。

面と向かって人とぶつかり合うっていいな。

言葉は荒いし、びっくりするほど残酷だったりするのだけれど、とても正直で、根が温かく感じました。


昭和53年から連載の作品で、物語は女性が男性と深い付き合いをしたなら、大人たちから「傷物」と呼ばれてしまうような時代。

実際には、プレイボーイもいれば、大人が目を丸くするような奔放な女性もいる中、自分はどうあるべきかと問い続ける主人公。

手を触れることもない片思いで、女性を大切に思う純粋な男心が、眩しいほどに綺麗で、もどかしい。


読後、青春小説らしい爽快感はあまり感じませんでした。

意外にも、ほぉーと脱力して考え込んでしまうものがありました。

何故なんだろう。


たぶん登場人物の誰もが、たとえスポーツ万能で裕福であっても、皆それぞれ挫折を味わうからだと思う。

圧倒的な成功者なんて存在しない。

立場は違っても、皆何かが思い通りにならなくて、自分を変えていかねばならない現実にぶつかる。

これが大人になることなのだろう。


とても切ないし、美しかった。

だからタイトルは「青が散る」なのだ。

また読みたいなと思う、素敵な作品に出逢えました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
12:30 宮本 輝 | コメント(2) | トラックバック(0)

水のかたち / 宮本 輝

2014/04/05
水のかたち 上水のかたち 上
(2012/09/26)
宮本 輝

商品詳細を見る

水のかたち 下水のかたち 下
(2012/09/26)
宮本 輝

商品詳細を見る

東京の下町で暮らす平凡な主婦、能勢志乃子。

50歳の誕生日に、近所の古い喫茶店で、年代ものの文机と茶碗と手文庫を貰い受ける。

後日、その茶碗の驚くべき価値が判明して、志乃子は骨董の世界に足を踏み入れていく。

予期せぬ出会いと友情が引き寄せる、新たな人生の喜び―生の希望に満ちた、傑作長編小説。

内容(「BOOK」データベースより)



読みかけの本を手に取るとき、ミステリだったら犯人が気になるし、重めの話なら少しどんよりとした気持ちになる。

この作品を手に取るときは、ずっとワクワクした楽しさがあった。

物語はきっと、いい感じに転がるだろうな。

また京都の素敵な情景を見せてくれるだろうな。

身を委ねてしまえる安心感があり、上下巻のテンポが遅めの作品ですが、読んでいる間中楽しくて仕方がなかったです。


主人公志乃子はなんの変哲もない50代の主婦で、特に秀でたものはいないし、容姿もぱっとしない。

だが、本物を見つける目と、運を引き寄せてしまう何かがあるらしい。

運が転がり込んできても、驕ることなく、自分の形を変えることなく。

自分を自分以上の大きさに見せようとはしない、素直な心持ちの志乃子。


志乃子の夫がとても素敵だった。

力量のなさを自覚しているからこそ、前に出切れない妻。

そんな妻の相談に乗り、適度な緩さと、的確なアドバイス、いざという時だけ発揮する強さ。

夫婦の形が理想的で、学ぶことが多々ありました。


もう20年前になると思うのですが。

「優駿」が映画でヒットした頃に、宮本輝さんの作品を数冊続けて読んだ記憶があります。

ずいぶん時間が空いてしまいましたが、久々に読んでみると、以前にも増して心地よく感じる。

私が宮本輝さんの世界観に癒される年齢になってきたのかもしれません。

この作品のゆっくりさは主婦向けかと思いますが、人が繫がり、伝え合う気持ちが丁寧に描かれた素敵な作品でした。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
20:57 宮本 輝 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。