08月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

夏の終り / 瀬戸内 晴美

2014/09/22
夏の終り (新潮文庫)夏の終り (新潮文庫)
(1966/11/14)
瀬戸内 寂聴

商品詳細を見る

妻子ある不遇な作家との八年に及ぶ愛の生活に疲れ果て、年下の男との激しい愛欲にも満たされぬ女、知子…

彼女は泥沼のような生活にあえぎ、女の業に苦悩しながら、一途に独自の愛を生きてゆく。

新鮮な感覚と大胆な手法を駆使した、女流文学賞受賞作の「夏の終り」をはじめとする

「あふれるもの」「みれん」「花冷え」「雉子」の連作5篇を収録。

著者の原点となった私小説集である。 内容(「BOOK」データベースより)



私にとって瀬戸内寂聴さんは寂聴さんで、愛欲に溺れた瀬戸内晴美時代はよく知らない。

夫と娘を捨てて若い男に走った過去ぐらいは知っているが、まん丸なお顔に微笑みを絶やさない今のイメージの方が圧倒的に強い。

今回この小説を読んでみて、なかなかの女っぷりに驚いてしまった。

言い方は悪いが、ダメな女だった。


真っ直ぐ正面からぶつかっていく瀬戸内晴美は、確かにとても可愛い。

男からすると、自分の為に尽くす姿も、あけっぴろげな無防備さも、頭の良さと自己管理のできないギャップも、全て可愛いだろう。

だがその結果、男が幸せにならないという現実はどうにもならない。

ご本人の男に向ける愛の形を、娼婦が持つ無知で犠牲的な愛のかたちに似ていると表現されている。

娼婦が男を幸せにできないと言っているのではなく、甘えさせるもの、許すものが、広すぎるのかもしれない。



小説を描くということは、自分のありとあらゆるものを捨てないといけないのだろう。

相当な覚悟が要る。

はっきり言って、この作品を描こうと思った段階で、たった一人の娘を傷つけることは分かっていたはず。

分かっていて、それでも書かなければ、小説家として一歩も前へ進めなかったのではないだろうか。

自分が若い男と一緒になるために、可愛い盛りの4歳の一人娘を手放したこと。

その娘を取り戻そうとしなかったことを。

それでも書くのだ。


傷つけたのは娘だけではない。

その後の人生を誤らせてしまった若い男、8年間も不倫を続けてきた男の妻、その娘。

傷つけてしまった人への申し訳なさはたくさん出てくるが、言い訳がましい自己弁護は少ない。

どちらかというと、自分をさらに傷つけるかのように、醜い自分をさらけ出しているよう。

この作品で、自ら血を吐いたのだなぁと思う。

今さらながら、次の作品を、血を吐いた後の作品を読んでみたいと思いました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
13:38 瀬戸内 寂聴 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。