08月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

試してみました。ふるさと納税!

2014/10/31
情報番組で取り扱われる機会が多い「ふるさと納税」。

気にはなっているのだけれど、忙しくて調べたり手続したりする気力がなかった。

今年は少し落ち着いたので、 重い腰を上げて手を出してみることにしました。


ふるさと納税とは自治体への寄附金のことです。
個人が2,000円を超える寄附を行ったときに、住民税のおよそ1割程度が所得税と住民税から控除される制度です。
※控除には確定申告が必要です。
実質今収めている県民税・市民税の一部を移転する事になります。  (ふるさと納税サイトより引用)



我が家は毎年確定申告をしているので、確定申告をすることはネックにならない。

事務作業は好きなので、楽しみながら納税してみようかな。


早速ネットで検索してみると、想像以上に美味しそうなものがたくさんあり驚いてしまった。「ふるさと納税ポータルサイト」

お米、肉、魚、野菜、果物、お菓子、観光…

これが実質2000円だなんて素晴らしい。

我が家が出来る上限金額内で、いかに家族の希望を入れて、多くの品を貰えるか。

検索してみると選択肢の多さにときめきます。

手続きは手間ですが、これぐらいの労力で地方の美味しい食材などが手元に届くなら、とてもお得なシステム。



夫に欲しいものを聞くと、日頃購入することが出来ない九州の地魚が魅力だと言う。

息子たちは肉、出来ることなら焼肉のカルビを希望。

だよなぁ…

肉と魚が妥当だと思うのだけど、私はお得感があるお米も入れておきたい。

せっかくなので最初は色々な所に分けて納税し、気に入った地方があれば追加で調整することに。

注文したのはこちら。



★長崎県平戸市の「平戸地魚詰合せ」

平戸近海で水揚げされた新鮮な魚を、なんと、鱗を取って内臓処理した状態で冷蔵で発送してくれるとのこと。

魚の下処理を済ませてくれているって、主婦としてはとても有難い。

さて、箱を開けてみると…

おお!想像以上に大量だ!!

004_convert_20140807154004.jpg  001+(2)_convert_20140808113111.jpg


マダイ×1、メジナ×1、アオリイカ×1、マアジ×6、アイゴ×2、アカカマス×4

立派なマダイが尾頭付き40㎝強で登場するとは。

下処理が完璧で全く臭いがなく、鮮度の良さに小躍りです。

入っている魚の名前と、お勧めの調理法(刺身、煮つけ、塩焼)など書いてくれているのも、とても助かりました。


ご近所には比較的ノーマルなアジやカマスをおすそ分けして、手元には若干ややこしそうな魚たちが残りました。

魚を捌くのは得意ではないので一苦労。(全てを下ごしらえするのに3時間ぐらいかかった…汗)

奮闘した結果、数日間かなりバラエティに富んだ献立となりました。

・マダイ…半身を当日刺身と鯛茶漬けに。あらはあら炊き、一塩しておいた半身は後日ムニエルに。

・メジナ…身は刺身に、あらは美味しい出汁が出るとの事なのでお味噌汁に。

・アオリイカ…半身は刺身、ゲソとミミとワタはバター醤油のソテー。残りの半身は、翌日に青ジソで巻いて天麩羅に。

・アイゴ…少しくせがあると書いてあったので、濃いめの煮付けに。


特にマダイとアオリイカが美味しかった!

新鮮なのでワタが本当に美味しく、ゲソの取り合いになりました。



★長崎県平戸市の「平戸ひもの三昧」

同じく長崎平戸の「平戸ひもの三昧」は、到着日を鮮魚とずらして発注。

これは冷凍で届くので、大量に届いても冷凍庫に放り込むだけなので、忙しい方にも便利です。


009_convert_20140807154030.jpg

生干しスルメ×2、あじ開き×4、あじみりん×4、かます×3、さば塩×1、さばみりん×1

鮮魚の方が味としての感動は上ですが、生干しスルメが抜群に美味しかった。

コンロで炙りながら、マヨネーズと七味で頂いたのですが、肉厚なのにとても柔らかくてさすがの味でした。



★山形県尾花沢市の「尾花沢牛カルビ・モモ(焼き肉用)」

私が探したときは、焼き肉用のカルビ肉を扱っているのがここだけでした。

息子たちたっての希望で焼肉だ!


021+(2)_convert_20140807154120.jpg

カルビの脂の乗り方が凄くて、かなりボリュームがありました。

既に油ものを大量に受け付けない身体となっている私と夫は、望むほどたくさん食べれない。

育ち盛りの息子達が、ここぞとばかりにガツガツ食べていました。

若いっていいねぇ。



★茨城県石岡市の「やさとのお米 茨城県産コシヒカリ」

お米は前もって注文しておけば、新米が収穫された時に送ってくださるようです。

「魚沼産コシヒカリ」や「ゆめぴりか」だったりしたら高いので、5キロとか8キロ入りですが、やさとのお米は15キロ入り!

毎日大量に消費する我が家では、質より量だということで、この聞いたことのないお米(←失礼ですみません)にしました。

十分美味しくて、家計にとてもありがたいお米でした。

704_convert_20141001143821.jpg



思った以上にいいものばかりでびっくり。

わざわざ確定申告をするのならとても手間かもしれませんが、確定申告の面倒さえ越えればとってもお得。

どの地方も細やかな気配りがあり、とても楽しませてもらいました。

ただ、このように素晴らしい商品を、美しい写真付のサイトで宣伝出来ているところは少ない。

上記の地方はサイトのセンスが良く、他から頭一つ抜け出している感じがします。

多くは開発途中らしく、写真がボケていたり、マニアック過ぎる名産を扱っていたり、突っ込みどころ満載です。

今後大手がサイト作りに参入してくるので今だけかと思いますが、手作り感もまた捨てがたい魅力がありました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
11:54 日々のこと | コメント(5) | トラックバック(2)

想定外のレディースランチ 一か八かの勝負

2013/07/16
先日慣れぬ外出先で、急いで昼食をとらねばならなくなった。

辺りを見渡しても、食事ができそうな場所は、安い居酒屋チェーン店一軒のみ。

困ったなぁ。

こういう居酒屋店のランチで、美味しかった記憶はない。

他に選択肢はないので、しぶしぶながらレディースランチを注文した。


料理は想像通りの味で、申し訳ないがあまり美味しいとは言えない。

出来るだけ残さないように、精一杯頂いた。

なんとか食事を終えたものの、食後のデザートがなかなか来ない。

レディースランチのデザートによくあるのは、アイス、シャーベット、ゼリー、果物、ぐらいだろうか。

そんなに時間がかかるものではないのにな。


ぼんやりと厨房を眺めていると、店員さんが慌ててやって来て、私の側に腰をかがめて優しく問うた。

「コーヒー牛乳はお嫌いではありませんか?」



………えっ?

今コーヒー牛乳って言ったよね。

想像していたものとのギャップがあり過ぎて、とっさに頭が回らなかった。

「は、はい、大丈夫です」

思わず答えてしまった。

コーヒー牛乳が嫌いではないから、そう答えるしかない。

まさかデザートがコーヒー牛乳なのだろうか。



ほどなくして出てきたデザートを見て、私は硬直してしまった。


「こちら、コーヒー牛乳のゼリー、マロンソースがけです」


TS3V0105_convert_20130328164012.jpg びよよよよょーーん


いやいやいやいや、どうした。

何を狙ったら、コーヒー牛乳をゼラチンで固めて、マロンクリームをかけたくなるのだ。

あまりの絵面の悪さに、目を逸らすことができない。


恐る恐る口にしてみると、味はどこまでも平凡だった。

固めたコーヒー牛乳に人工的なマロンソースがかかっている味、としか言いようがない。

インパクトは十分だと思う。

だが、この絵図で普通の味って、逆に致命傷だ。

美味しく作るのが無理ならば、


一か八か、不味いに寄せてみたらどうだろう



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
10:24 日々のこと | コメント(6) | トラックバック(0)

学校の対応は難しいんだよね…

2011/07/01
6月初旬首都圏ホットスポットに関して、マスコミで連日取り扱われていた。

ネットで公表されている数値は、側溝や芝は0.5μSV/h以上。

高いよね…


当然、学校もこのことを心配し、保護者に内緒で、校庭の数値を計測しているものだと思っていた。

しかし何ーの連絡もないまま、学校行事はどんどん進み、プールや運動会のカリキュラムを消化していく。

特に神経質になるつもりはないけど、まるで何事もなかったかのような対応がちょっと怖い。

対策が練られている雰囲気はないし…

気になったので先生に聞いてみた。


すると。

「学校では計測していなくて、今後の計測予定もないんですよ」と。


そうなんだ…

こんなに騒がれているのに、どうしてですか?

「区からはまだ指示がないんです。

東京で100箇所を測定することになりましたから、まずはそれを見てください。」


その100箇所には、この付近も含まれますか?

「どこを計測するのかは分からないんです。」


うーーーーん。


私は何も行事取り止めや、グラウンドの土の入れ替えを、希望しているわけではないのです。

先生方が数値を把握したその上で、学校運営をしてほしいだけです。

でも、指示がない限り、何にもしないのかぁ。


うーーーーん。

とてもいい学校だし、いい先生なんだけど、悲しいな。



PTA活動にはそれなりに参加してきましたから、学校やPTAに個別に予算がないことぐらいわかります。

福島の大変さを考えると、首都圏では自分たちで出来る範囲の除染をするしかないと思う。


学校で数値を把握し、保護者とその情報を共用する。

数値の高いところを、出来る範囲で親、教師が除染したらいいじゃないか。

廃棄物の行先が決まらない中、勝手に土を剥がすわけにはいかないけれど、地面洗って草刈りぐらいやっちゃえばいいのに。

呼んで下さったら、何度でもやりに来ますよ。



まあ、横並びに進めないといけない世界ですから、一つの学校だけが動くわけにはいかないでしょう。

これは決して学校が悪いわけではない。

都が、区が、動いてくれないとどうにもならない。

石原都知事の対応は早い方だと思う。

福島以外の学校用にも安全基準値を設定するよう、6/14に緊急要望を出している。

そのお返事がまだなので、どこも動けないようだ。

菅さん、早よ動きなはれ。


今の状態は、

「少し放射能は高いけど、段取りもややこしいし…子ども達、ちょっとこの数値で我慢してね。

と言っているようなものだよ。


私立は評判命なので、どんどん測定し、各自除染を進めていく。

義務教育の小中学校だけが、数値も測定されず、見ない振りして時間が過ぎていく。

区の学校も順次測定していきますとのことだけど、今のところ結果は出てこない。


もぉ、これじゃあダメじゃんか。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
16:22 日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

子ども達は本当に安全な所へ

2011/06/29
先日我が家がホットスポット近郊であることを書きました。

測定された機器により誤差はありますが、だいたい0.2~0.3μSV/h。

これをざっと単純計算すると、本来の年間許容量1ミリシーベルトは超える線量です。

暫定的とはいえ現在の許容範囲は年間20ミリシーベルト

それと比較すると、それほど高い印象は受けません。



………果たして、本当にそうなのかな。

そもそも年間20ミリシーベルトがあり得ない高さ。

政府はいくら反対を受けても、「子どもに関しては1ミリシーベルトを目標に頑張るが、20ミリシーベルトは撤回はしないよ」と言う。

すぐに基準を引き下げるかと思いきや、ずるずると引きずり、子ども達は高い放射線区域で現在も暮らしています。

そこを何とかしたいのです。


現在、子どもに関してはあくまでも、「年間1ミリシーベルトにこだわるべきだ」という意見が多数あります。

代表的なのはこのお二人でしょうか。


◎元内閣官房参与小佐古教授は、20msv/yの危険性を訴えた涙ながらの辞任会見が有名です。

東京大学大学院教授の小佐古敏荘氏の辞任会見全文

福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が、年間20mSvの被曝と決定され、文部科学省から通達が出されている。
通常の放射線防護基準(年間1mSv,特殊な例でも年間5mSv)で運用すべきで、警戒期ではあるにしても、この時期に使用するのは、全くの間違いであります。
年間20mSv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。
この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。
年間10mSvの数値も、ウラン鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で(せいぜい年間数mSvです)、この数値の使用は慎重であるべきであります。



武田邦彦教授 (中部大学)は、1ミリシーベルトも子供にとって決して安全ではないと言う。

母親として悩みどころの食品に関してなども、かなり分かりやすく解説されています。



原発従事者では、蓄積された放射線量が50ミリシーベルトを超えると、体調を崩すと言われています。

放射能感受性の強い子どもにとって、年間20ミリシーベルトがいかに高いか。

うーーん。

水素爆発時、大量に放出されたであろう放射線量は発表されていないのですから…余計に心配になります。



賛否両論あるでしょうが、復興のためには基準値をあまり厳しくするわけにはいかない事情も、本当に良く分かります。

一律年間5ミリシーベルト以下にしたら、高速道路も新幹線も止まってしまうでしょう。

そうなってしまったら、復興も観光も…東北の経済はストップしてしまう。


それを理解したうえで、子どもに関しては、何とか年間5ミリシーベルトぐらいまでになって欲しいと願っています。

まずは5ミリシーベルト。

その次の目標は1ミリシーベルト。

少しずつ安全圏へ。


本当に危険な地域は早急な避難を。

除染で回復見込みのある地域は、大急ぎでグラウンドや通学路の除染を。

そう願うのみなのです。



「子ども達に1ミリシーベルトの基準を」と訴えている団体の署名サイトをご紹介します。

締切が7月5日です。

ご協力どうぞよろしくお願いします。


美浜の会
FoE Japan
グリーンピースジャパン



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
11:40 日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

東京のホットスポットから何ができるか

2011/06/27
これを書くことは大変難しいことなのですが。

迷いに迷って、放射能汚染について書きます。


放射線量が局地的に高くなっている所を指すホットスポット。

首都圏でホットスポットが存在していると言われてから、ずいぶん日が経ちます。

わが街の数値は、残念ながら東京都(新宿)の数値の約5倍ありました。

都、区、その他、公表される数値がまちまちなのですが、地上1Mで0.2~0.3μSv/hです。


福島県のいわき市に近い数値。

本来の国の安全基準「年間1ミリシーベルト」は確実に超えます。

子供を育てていくのに決して低い数値ではない。


さて、母として何をすべきか。

放射能の影響について色々調べ、私なりに動いていましたが、それを書くことに随分迷いがありました。


その理由は…

避難されている地域よりずっと低い東京で、不安がるのは申し訳ないのではないか。

自分の書くことは、風評被害を増長してしまうのではないか。

という2点です。


そこを上手く書けないかもしれません。

ですが、ぐるぐると思うと最終的には、この言葉に行き着きます。

「国の復興を優先するあまり、福島の子どもたちを犠牲にしてはならない。」



数値の高い地域に住まざるを得ないお母さんは、どれだけ悩んでおられるだろうか。

日本中どこも同じ基準で、子どもの安全が守られるように。


これから首都圏での学校の対応など書きながら、一母親として出来ることを考えていきたいと思います。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
11:33 日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。