03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ペンギン・ハイウェイ / 森見 登美彦

2012/02/28
4048740636ペンギン・ハイウェイ
森見 登美彦
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-05-29

by G-Tools


小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。

この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。

未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。

第31回(2010年) 日本SF大賞受賞  内容紹介より



森見登美彦作品はほとんど読んでいるが、今までと違った新たな一面を発見できるSFファンタジーです。

新興住宅地に突如現れたペンギンたち。

研究のために連れ出そうとすると、跡形もなく消えてしまうが、

車にボウンとぶつかって、ころころ転がっても大丈夫なほど、頑丈だったりする。

そんな謎のペンギンを研究する少年と、歯科医院のお姉さんとの不思議な物語。


今までの作品同様、淡白で掴みどころのない可愛い女性像は健在。

決定的に違うのは主人公。

頭が良いがヘタレな大学生や、女の色香に惑わされる狸はいない。

代わりに出てくるのは、研究熱心でお姉さんのおっぱいが大好きな小学4年生の少年。

大人になる日の為にコーヒーを練習する少年は、憎らしく可愛い。


森見作品はもともと非現実的で、少し浮き上がった場所に成立している世界

非現実的な設定を、我欲にまみれた学生や狸が、唯一読み手と繋ぐ役割を果たしていた。

夢見る少女ではない私は、彼らの力を借りて「森美ワールド」に入っていたようなもの。


今回はその役目がない分、SFファンタジー色が強い。

滑稽さや、バカバカしさはなく、児童文学的な優しさを持った透明度。

「おっぱい」から「死後の世界」まで語り合う少年たちの言葉は、大人も子供もほっこりしてしまう。

可愛くて、悲しくて、美しい


この作品に関しては、アニメーションの方が明確に、作者の想いは伝わるんじゃないだろうか。

不可解だけど遊び心のある現象の数々。

説明抜きで眼で見てしまった方が、会話の巧みさがより浮き出る気がします。

装丁も素敵で、最初と最後に少しだけ描かれたペンギンがお洒落。

普段のようににやにやとは笑えませんが、こんな作品もいいなと思える一冊。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
17:01 森見 登美彦 | コメント(2) | トラックバック(0)

太陽の塔 / 森見 登美彦

2012/02/26
410464501X太陽の塔
森見 登美彦
新潮社 2003-12-19

by G-Tools


すべての失恋男たちに捧ぐ、爆笑妄想青春巨篇in京都。

私の大学生活には華がない。

特に女性とは絶望的に縁がない。

三回生の時、水尾さんという恋人ができた。

毎日が愉快だった。

しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!

クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。

失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。



森見登美彦のデビュー作です。

濃い

妄想度合も、もてない男臭も、ばかばかしさも、何もかもが濃い。

この本からは、森見登美彦の原点はここなんだと伝える強烈さがあります。


妄想は何処までも止まらず、行きつく先もばかばかしく、語りは独特。

視点は冴え、ユーモアに溢れていて、でも絶対付き合いたくない男。

さすが、もてない男を書かせたら抜群。

初っ端から、京大生のイケてなさが上手く混ぜ込まれている。

高校時代の友人が「京都の女子大生は京大生が奪って行く」と言ったとき、私は愕然としたほどだ。
いくら目を皿のようにして周囲を見回しても、私の身辺には他大学の女子学生を略奪してくるような豪の者は一人もおらず、私も含めてどいつもこいつも、奪われる心配もない純潔を後生大事に守り通しているように見えた。


「夜は短し歩けよ乙女」や「有頂天家族」の方が、万人受けする読みやすさ。

そこと比較すると、「太陽の塔」はセンスも勢いもワンランク落ちる。

そもそも。

もてない男のにっちもさっちもいかない生活が主題なんだから、

キレが悪くてもどかしいのが丁度良いのか。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
16:15 森見 登美彦 | コメント(4) | トラックバック(0)

四畳半神話大系 / 森見 登美彦

2010/10/25
4872339061四畳半神話大系
森見 登美彦
太田出版 2004-12

by G-Tools

私は冴えない大学3回生。

バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。

悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。

いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻って大学生活をやり直したい!

さ迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっぴりほろ苦い青春ストーリー。 (「BOOK」データベースより)



あの時、もし違う選択をしていたら…。

誰もが一度は思うこと。

そんな思いを形にしてみました!という感じの、何とも可笑しな作品です。

違う選択をした世界を並行して見せるが、その内容はいたって不真面目。

バカバカしいと思いつつ、気が付けば「ふわふわ戦隊モチグマン」が欲しくてたまらない自分が…


言葉遊びと、こっそりとした仕掛け、見え見えの落とし、本としても、笑いとしてもちょっと微妙な存在です。

でも、その外し加減が絶妙

面白いといっても、疲れきって癒し目的で読むものではなく、能動的に楽しむ本かもしれません。


今作品は確か二作目。

森見登美彦の魅力の一つは比喩の多用

この独特の表現+繰り返される並行世界を、真面目に読み込んでは神経を使い、なかなか入り込みにくいです。

森見登美彦を始めて読むなら、順番は逆ですが「夜は短し歩けよ乙女」の方が入りやすいかと思います。


アニメ化もされています。

実写にはきつい作品ですが、アニメの評判はとても良かったですね。

監督は「マインド・ゲーム」の湯浅政明。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
23:38 森見 登美彦 | コメント(8) | トラックバック(0)

有頂天家族 / 森見 登美彦  

2010/09/15
4344013840有頂天家族
森見 登美彦
幻冬舎 2007-09-25

by G-Tools

時は現代。

下鴨神社糺ノ森には平安時代から続く狸の一族が暮らしていた。

今は亡き父の威光消えゆくなか、下鴨四兄弟はある時は「腐れ大学生」、ある時は「虎」にと様々に化け、京都の街を縦横無尽に駆けめぐり、一族の誇りを保とうとしている。

敵対する夷川家、半人間・半天狗の「弁天」、すっかり落ちぶれて出町柳に逼塞している天狗「赤玉先生」――。

多様なキャラクターたちも魅力の、奇想天外そして時に切ない壮大な青春ファンタジー。内容紹介



最初から可笑しい。

例えば、書き出しの描写。

彼(長老の狸)はあまりにも毛だらけで、もはや長老というより、知恩寺阿弥陀堂裏に転がった、ふはふはの毛玉であった。


語り口も表現もくすりと可笑しい、これぞ森見登美彦。

今回は「夜は短し歩けよ乙女」よりもっとファンタジーで、設定自体が飛んでいます。


元人間の妖艶な天狗が空を舞い、少女に化けた雄狸が市バスに乗る。

すべて奇想天外の話だけに、場所がとある山の中ならこんなに可笑しくないでしょう。

でも物語の場所は、京都も京都のど真ん中。

先斗町、鴨川の川床、四条の南座、琵琶湖疏水、そして五山の送り火。

京都の日常に沿うことで、話を地に着いたものにしてくれます。


この世で生きることを憂い、蛙に化けて井戸に住み着いてしまった、次男の狸が好きです。

狸や天狗に置き換え表現されているけど、なんら人間界と変わらない。

物語は切なくもあり、ぐっとくるメッセージも散りばめられています。
 

著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。とのこと。

一番書きたかった作品が狸!であること自体がたまりません。

狸シリーズ三部作の一作目。

また続編出るのかな。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
01:37 森見 登美彦 | コメント(2) | トラックバック(0)

夜は短し歩けよ乙女 / 森見 登美彦

2010/08/29
4048737449夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦
角川書店 2006-11-29

by G-Tools

主役の本名は不明。

後輩の「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、彼女に少しでも近づきたい思いで、彼女の周りに出没し続けた。

先斗町、吉田神社、出町柳駅、百万遍交差点、銀閣寺、哲学の道…

しかし数々の偶然の出会いを疑うことのない「黒髪の乙女」は、「先輩」の想いに全く気づかない。

そんな二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々だった。



自分の想いを打ち明けられない消極的な「先輩」。

女の匂いの全くしない少女のまんまの「黒髪の乙女」。

脇役がとても強烈な個性を放っているので、主役の二人の清潔さが、キリッと浮かび上がります。

と言うより、二人以外まともな人物はたぶんいない。


奇想天外なストーリーがスピードを上げ、

文学作品のようなレトロな雰囲気に時間が止まり、とても不思議な空気。

小さな仕掛けを散りばめ、とても時間のかけた作品を、ひょいと安値で売っているような可笑しさ。


笑える個性的なキャラも満載です。

願いごとが叶うまでパンツを穿き替えないと誓い、そのため下半身に病気を患っている大学生、「パンツ総番長」が一押しです。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
18:56 森見 登美彦 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。