09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

弘海 息子が海に還る朝 / 市川 拓司

2010/10/30
4022579900弘海 -息子が海に還る朝
市川 拓司
朝日新聞社 2005-02-18

by G-Tools

平凡な小学生・弘海の体に異変が起こり、水の中を好むようになる。

弘海の病状は悪化の一途をたどるが、水の中にいるときは不思議と元気を取り戻していく。

息子のことを心配した両親は、世界中に弘海と同じような病状を持つ子供が存在することを知る。

やがて弘海は、自分と同じ体質を持つ美しい少女・里沙と運命的な出会いをするが……。(出版社からの内容紹介)



恋愛小説の印象の強い市川拓司が、家族をテーマにしためずらしいお話です。

わが子を心配し、愛し、幸せを願うとき、親なら何が出来るだろう

自分はどんな選択をしますか?


ずいぶん以前に読んだ本ですが、その時の感情は鮮明に覚えています。

ファンタジーだから出来る良さがいっぱい入った作品。

現実と見つめ、感情の折り合いを少しずつつけながら、そんな心の描写が丁寧に描かれています。

父親の物語ですが、子を持つ親なら、泣けて泣けて のとっても素敵なお話です。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
23:13 市川 拓司 | コメント(0) | トラックバック(0)

吸涙鬼 -Lovers of Tears- / 市川 拓司

2010/10/30
4062152614吸涙鬼 -Lovers of Tears- (100周年書き下ろし)
市川 拓司
講談社 2010-07-16

by G-Tools

満月の夜、屋上庭園で意識を失ったところを冬馬に助けられた美紗。

翌日彼のコテージを訪ね、二十歳で死ぬ病気に罹っていることを冬馬に告白する。

次第に体が弱り病室のベッドに伏せる美紗のもとを訪ねる冬馬。

彼は美紗の病気を治すという…二人触れ合って、ともに生を願うという方法で。

冬馬は悲しみの涙を吸い、生きるために願う。

夜を徹して続く妖しく甘美な治療。

実は異能をもつ冬馬は、涙をすって生きる吸涙鬼の一族だった・・・。



市川拓司の5年ぶりの長編小説

ファンタジーではありますが、今までとは少し違った雰囲気です。


-なぜひとびとはこうも他者を否定することにやっきになっているのか-

市川拓司が語るように、今の世の中はとてもとても恐い所なのかもしれません。

人が人を傷つけることを直視できない。

そんな当たり前の感情を持った人間が生きていくには、この世は残酷すぎる

繊細な彼らは、人と交わることが出来ず、周りからいつも浮いている。


ここまでは好き。

でも、そこからの世界にリアルさはなく、ドキドキもせず、なかなか入り込めません。

語りの言葉が細切れで、読んでいて日本語が美しく感じられないのも、気になるところ。

最後までそこが引っかかり、悲しいかな、中高生向けファンタジーノベルという印象です。

これも他者を否定しているのか…

ありゃりゃ 申し訳ない。

でも!

市川拓司は、自分の言葉で語る男性主人公の方が、魅力を発揮できると思っています。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
22:54 市川 拓司 | コメント(0) | トラックバック(0)

いま、会いにゆきます / 市川 拓司

2010/08/30
409386117Xいま、会いにゆきます
市川 拓司
小学館 2003-03

by G-Tools

好きな人を思うとき、必ずその思いには別離の予感が寄り添っている。

―もし、そうだとしても。

書かれているのは、ただ「愛している」ということ。

思いきり涙を流してください。新しいベストセラー恋愛小説の誕生です。内容(「BOOK」データベースより)



秋穂巧は、1年前に最愛の妻である澪を亡くし、1人息子の佑司とつつましく暮らしていた。

「1年たったら、雨の季節に又 戻ってくるから」という言葉を残し逝った妻。

それから1年後の雨の季節、本当に死んだはずの澪が現れた。

2人は喜ぶが、澪は過去の記憶を全て失っていた…。

そこから澪との不思議な3人の共同生活が始まる。


心から愛していた妻が帰ってきた。会いたくて仕方がなかったお母さんが帰ってきた。

たとえ記憶がなくても、僕たちを覚えていなくても。

幽霊かもしれなくても


いつか消えてしまうかもしれないと心の中で思いながら、記憶のない妻を愛おしむ姿がジンと胸に来ます。

ものすごく優しく、愛おしく、悲しいのに幸せな気持ちになる小説です。

たまに、こんな静かな恋愛小説を読むのもいいなと思います。


映画で有名になった小説ですが、本当に素敵で、市川拓司の世界が表現されている映画です。

息子の佑司がいつもネジを拾っている廃工場、雨のシーンは鬱蒼とした湿度までも伝わってきて美しい。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
22:50 市川 拓司 | コメント(0) | トラックバック(0)

そのときは彼によろしく / 市川 拓司

2010/08/27
4093861382そのときは彼によろしく
市川 拓司
小学館 2004-03-31

by G-Tools

小さなアクアショップを営む「ぼく」のもとに、一人の美しい女性がアルバイトにやってくる。

やがて二人の間にあった不思議な縁が、ぼくの人生を動かし始める。

市川拓司テイストたっぷりのファンタジックな青春小説。出版社/著者からの内容紹介



水辺の生き物をこよなく愛し、人と交わるのがあまり得意ではないぼく。

小さなアクアプラント・ショップを営むぼくの前に、ある夜、一人の美しい女性が現れる。

アルバイト募集のチラシを手にしてやって来た彼女は…


市川拓司作品の中で一番好きな小説です。

現実の世界にベールをかけたような、独特のふんわりとした空気が漂います。

友情、愛情、死、そして市川拓司には欠かせない、何ともぶさいくな犬

心にぎゅっとくる、内容のいっぱい詰まったロマンチックな恋愛小説です。


登場人物のキャラクターがとても良く、小説だからこその想像力で楽しめます。

一気に読んで、どっぷりとファンタジーな世界に浸ってください。


映画に関しては。

この小説の良い所は、登場人物の独特で個性的な魅力ですが、それはとても物足りなく感じます。

その上、上品にまとめすぎ!

原作にほんの少しだけあるラブシーン。

だからこそ激しく強く印象付けるものになっていましたが、長澤まさみで清潔感たっぷりに美しくまとめてしまっては、この小説が平坦な恋愛物語になってしまいます。

でも、アクアプラント・ショップの美しさは見事です。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
17:29 市川 拓司 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。