04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ソロモンの偽証 第Ⅱ、Ⅲ部 / 宮部 みゆき

2015/03/30
ソロモンの偽証 第II部 決意ソロモンの偽証 第II部 決意
(2012/09/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

ソロモンの偽証 第III部 法廷ソロモンの偽証 第III部 法廷
(2012/10/11)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

騒動の渦中にいるくせに僕たちは何も知ろうといなかった。

けど、彼女は起ちあがった。

校舎を覆う悪意を拭い去ろう。

裁判でしか真実は見えてこない!彼女の覚悟は僕たちを揺さぶり、学校側の壁が崩れ始めた…

気がつけば、走り出していた。

不安と圧力の中、教師を敵に回して―

他校から名乗りを上げた弁護人。

その手捌きに僕たちは戦慄した。

彼は史上最強の中学生か、それともダビデの使徒か―。

開廷の迫る中で浮上した第三の影、そしてまたしても犠牲者が…

僕たちはこの裁判を守れるのか!? 内容(「BOOK」データベースより)



幸い、記憶のある内に届いてくれた第Ⅱ、Ⅲ部。

久々に骨のある楽しい作品に、一気に読み進めてしまいました。


実際問題、中学生にしては皆賢すぎる。

仕事のあるはずの多忙な親たちが、いいタイミングで常に家に居る。

警察が驚くほど協力的で、大人たちの理解もいい。

その辺り違和感もありますが、設定が今より20年前なので、比較的自由な世の中だったのかなという強引な理由で納得^^


ある程度の流れが読めるものの、最後はどう落とすのか。

先を想像する楽しさがありました。

登場人物が賢過ぎると書きましたが、それでもこの主人公は中学生でなければならなかったと思う。

死に興味があり、殺したくて、死にたくて、誰かに死んでほしくて、それが自分自身なのかもしれなくて…

自分という存在に興味と恐怖がないまぜになったような、周りと距離感がつかめない孤独。

自ら追い込んでしまう小さな存在に、これは中学生でなければ表現しきれないものを感じました。


いじめがあっていいはずはなく、自殺が救いになってもいけないのだけれど、それでも折り合いをつけようとした彼らはすごかった。

単純に良くやったねと、母目線で感動してしまいました。


一つ一つ本当に細かく掘り下げられるので、驚くほど長くなってしまっていますが、それも良かったなと。

いろんな情報の中に、作品を伸ばすために組み込まれた情報は全くないように思う。

登場人物それぞれの家庭環境。

大人同士の軋轢。

細部まで見通せて、かなり消耗しはしましたが、とても読み応えのある作品でした。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
23:47 宮部 みゆき | コメント(2) | トラックバック(0)

ソロモンの偽証 / 宮部 みゆき

2015/03/24
ソロモンの偽証 第I部 事件ソロモンの偽証 第I部 事件
(2012/08/23)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。

彼の死を悼む声は小さかった。

けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担していた。

そして、その悪意ある風評は、目撃者を名乗る、匿名の告発状を産み落とした―。

新たな殺人計画。

マスコミの過剰な報道。

狂おしい嫉妬による異常行動。

そして犠牲者が一人、また一人。

学校は汚された。

ことごとく無力な大人たちにはもう、任せておけない。

学校に仕掛けられた史上最強のミステリー。 内容(「BOOK」データベースより)



いつもなら全巻読み終わってから感想をまとめて書くのですが、現在第二部は図書館の予約順番待ち。

既に文庫も出ているのに、図書館ではまだまだ人気のようです。

第二部が届くまで感想を覚えている自信がないので、一部だけ先に感想を残しておきます。


この本を発売当初に予約しなかったのは、あらすじが怖かったから。

学校で次々起こる連続殺人。

もしかして…貴志祐介の「悪の教典」、あのハスミンみたいなのが登場するのだろうか (゚ロ゚屮)屮

と、思って躊躇していたのです。


実際読んでみると、今のところハスミンは出てこないがとても面白い。

ずしっと重みがあって、細部まで細やかに掘り込んであるさすがの作品。

中二の微妙なお年頃と、義務教育ならではの教師のジレンマ、格差…

保護者に警察官がいたこともあり、子どもと大人の会話が上手く整理されています。


宮部みゆきさんの作品は、主軸の登場人物だけでなく、サブも細かく人物設定がされていて、奥行きがある。

その分読むのにパワーがいります。

生徒たちの家族構成や、コンプレックスや、家庭環境の問題。

今はきちんと覚えているけれど、二部が届くまで覚えていられるかしら…

当面の心配は、そこ。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
15:57 宮部 みゆき | コメント(2) | トラックバック(0)

楽園 / 宮部 みゆき

2014/07/07
楽園 下楽園 下
(2007/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
楽園〈上〉楽園〈上〉
(2007/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

「模倣犯」事件から9年が経った。

事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。

12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。

少年は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、それを絵に描いていたという―。 内容(「BOOK」データベースより)



「模倣犯」の登場人物であるライター:前畑滋子のスピンオフ作品です。

強烈な犯人像が印象的だった「模倣犯」で、もさもさとした立ち振る舞いがあまり好みではなかった前畑滋子。

進展に引っかかりとなっていた要素が今作品では上手くはがれて、キャラクターは良い方向へ変化。

特に滋子の夫が素敵になっていて、彼女を邪魔するものも少なく、勢いが付きそうなお膳立ては揃っている。


テンポは相変わらずゆっくり。

さすがだなと思う深追い、深掘りで、これぞ宮部みゆきを読んでいるぞと思わせる遡り具合でした。


既に亡くなってしまった少年の残した絵から始まる物語なので、全体を通して悲しい雰囲気に包まれている。

ドラマティックになるのを抑えるかのような、控えめな展開。

全体を通して、近づききれない一定の距離がとられていて、外側から眺めているような気がします。

もともとファンタジックな題材なだけに、余計に踏み込みきれないもどかしさが残ります。


最初にありとあらゆる要素を盛り込む割に、あまり綺麗に拾ってくれなかったのが残念。

「模倣犯」の事件が絡んでいるのですが、結果どこで絡んでいたのかは曖昧なまま。

とても楽しいし、さすがだと思う部分が多々あるのですが、細かな種が取りきれずにもやもやが残る作品でもありました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
12:26 宮部 みゆき | コメント(2) | トラックバック(0)

模倣犯 / 宮部 みゆき

2014/07/03
模倣犯〈上〉模倣犯〈上〉
(2001/03)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

模倣犯〈下〉模倣犯〈下〉
(2001/03)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

公園のゴミ箱から発見された女性の右腕、それは史上最悪の犯罪者によって仕組まれた連続女性殺人事件のプロローグだった。

比類なき知能犯に挑む、第一発見者の少年と、孫娘を殺された老人。

そして被害者宅やテレビの生放送に向け、不適な挑発を続ける犯人――。

が、やがて事態は急転直下、交通事故死した男の自宅から、「殺人の記録」が発見される。

事件は解決するかに見えたが、そこに、一連の凶行の真相を大胆に予想する人物が現れる。

死んだ男の正体は?

少年と老人が辿り着いた意外な結末とは?

宮部みゆきが“犯罪の世紀”に放つ、渾身の最長編現代ミステリ。 内容紹介より



宮部みゆき著「楽園」を読みはじめて、そういえばこの作品は、「模倣犯」のライター前畑滋子のスピンオフであることを思い出した。

そうだ、そうだ。

以前「模倣犯」を読んだ際、あまり魅力的ではない前畑滋子でスピンオフするのかと驚いた記憶がある。


今回「楽園」を読み始めたのだけど、どうも読みにくい。

冒頭から、前畑滋子が過去の行動を後悔し、ライターとしてどうあるべきか悩み苦しんでいる。

この人、なんで悩んでるんだっけ?

私の記憶力の問題ですが、どうしても思い出せない。

確か最後の方でバタバタとしたのだけど、「模倣犯」では被害者の祖父の存在があまりにも大きく、前畑滋子の記憶があいまいだ。

しばらくは頑張って読んでみたが、どうしても気持ちがしっくりしないので、「模倣犯」から読み直すことにした。

以前から記憶力の無さは自覚していましたが、最近はそんな自分を直視するのも恐ろしい^^


さてさてこの度再読してみて、やはり良く練られたいい作品でした。

もちろん犯人が分かっているので、分かっていながら読むには長い。

長いが、それでも十分満足させてもらえる面白さだった。

犯人を追い込むたった一つの言葉。

「模倣犯」というタイトルが際立つ瞬間にぞくっとします。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
15:45 宮部 みゆき | コメント(6) | トラックバック(0)

名もなき毒 / 宮部 みゆき

2013/05/23
名もなき毒名もなき毒
(2006/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

今多コンツェルン広報室に雇われたアルバイトの原田いずみは、質の悪いトラブルメーカーだった。

解雇された彼女の連絡窓口となった杉村三郎は、経歴詐称とクレーマーぶりに振り回される。

折しも街では無差別と思しき連続毒殺事件が注目を集めていた。

人の心の陥穽を圧倒的な筆致で描く吉川英治文学賞受賞作。内容(「BOOK」データベースより)



財閥今多コンツェルン会長の娘と結婚した杉村三郎。

会社経営に手出しは禁じられているが、生活の安泰は一生保証されている。

誰もが羨む環境。

毒気のない人の好さ。

そんな杉村が事件に巻き込まれ、意外な探偵能力を発揮する、前作「誰か」の続編。


宮部みゆきの作品は概ね厚みがあり、登場人物も多く、読む側にも気合を求められるようなところがある。

さぁ、読むぞと腕まくりをさせてしまうような威圧感。

私は「火車」「模倣犯」のようなずっしりした作品が好きで、これらが宮部みゆきの主軸だと思っている。


重量感のある作品を求めているからか、このシリーズは前作同様緩く感じてしまう。

財閥の会長のお嬢様と結婚した、邪気のないサラリーマンの探偵物語だもの。

そりゃぁ、柔らかい風が吹く。

お金持ちの話は浮世離れしていて興味深いし、控えめな人が前へ押し出されてしまう可笑しさも好きだ。

それらを含めても、ミステリとして軽いし長い。


幸せで満たされた人間というのは、燻る人間を発火させてしまう要素を持っているもの。

無自覚なままにストーカー行為を増長させ、闇へ闇へと心を追い込んでしまう。

同時進行の犯罪が細かく仕組まれ、テーマとしてもとても面白い。

読んでいてずっと楽しかったが、山場は内容に伴わず少なかったように思う。

新聞連載では仕方がないのでしょうが、もう少しタイトに絞っても良さそうなのに。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
16:30 宮部 みゆき | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。