05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

百年法 / 山田 宗樹

2013/11/29
百年法 上百年法 上
(2012/07/28)
山田 宗樹

商品詳細を見る
 
百年法 下百年法 下
(2012/07/28)
山田 宗樹

商品詳細を見る

原爆が6発落とされた日本。

敗戦の絶望の中、国はアメリカ発の不老技術“HAVI”を導入した。

すがりつくように“永遠の若さ”を得た日本国民。

しかし、世代交代を促すため、不老処置を受けた者は100年後に死ななければならないという法律“生存制限法”も併せて成立していた。

そして、西暦2048年。

実際には訪れることはないと思っていた100年目の“死の強制”が、いよいよ間近に迫っていた。

経済衰退、少子高齢化、格差社会…

国難を迎えるこの国に捧げる、衝撃の問題作。



山田宗樹さんがもともと好きなのですが、この方がSFを書くことが衝撃だった。

想像力をフル回転させて、未来を考えることはとても大切だと思う。

「百年法」では、人類の望む医療の形、最終目標を考えさせられる。


もともと著者の作品はカラッと明るい方ではない。

好みは分かれるかもしれませんが、私は突き詰めて深く陥ってしまう感じのこの作品が好きです。


人が手術によって不老長寿を手にすることが出来たなら…

手術をした時が20歳なら、永遠に見た目は20歳のままで、命の期限はない。

そんな時代が来たのなら、世界はどう変わっていくだろうか。


誰もが会社を辞めない。

年長者が既得権を手放すはずもない。

若者に残っている就職先はなく、このままでは世界は人で溢れかえってしまう。

命に人為的な期限をつけるため、100年で安楽死させる「百年法」が制定される。


不老長寿は人類の永遠の憧れだけれど、手にしてしまったのなら、そこに付随する問題は数限りなくある。

想像できうるありとあらゆる問題をシュミレートした作品は、とてもリアルで楽しかった。

人物の描き分けに物足りなさを感じますが、皆が20歳の見た目と体力で止まっている故の読みにくさかもしれません。

SFっぽく始まりますが、最終的には人間臭い作品になっていて、とても面白い作品でした。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
17:52 山田 宗樹 | コメント(2) | トラックバック(0)

人は、永遠に輝く星にはなれない / 山田 宗樹

2010/09/03
4093862222人は、永遠に輝く星にはなれない
山田 宗樹
小学館 2008-06

by G-Tools

「医療相談室」―そこは、生・老・病・死がせめぎあう所。

頚髄を損傷し、自暴自棄からリハビリを拒否し続ける男性入院患者。

幼い息子の医療費免除をヒステリックに訴える母親。

何不自由ない暮らしに不安を覚え、通院を繰り返す老女。

半身麻痺の夫の退院を拒む裕福な妻。

本名も年齢も語ろうとしないインテリ風のホームレス。

突然のガン宣告を受けたあと、一度だけその部屋を訪れた独身のキャリアウーマン…。

医療ソーシャルワーカー・猪口千夏は、枯れてなお狂おしいまでに燃え続ける、人生最後の命の明滅を見つめることになる。内容(「BOOK」データベースより)



「医療相談室」で医療ソーシャルワーカーとして患者の相談に乗る猪口千夏。

そこで、様々な問題を抱えた患者を通し、人生の生き方そして最後を見つめることになる。


医療ソーシャルワーカーとは、とんでもなく大変な仕事。

この役割である主人公は、人徳者などではなくごくごく普通の女性

普通の女性であることが、読み手を拒まず自分のことのように考えさせられる話。


とにかく全体的に重いので、体調の良いときに読まないとしんどいかな。

患者自身の悩みも、治らない病も、看病する家族も。

普段見ることのない医療の現場がリアルに描かれています。

医療ソーシャルワーカーという名前だけしか知らなかったので、ここまで大切な仕事内容であることを始めて知りました。

「生きるってこんなにしんどいの?」と言いたくなる重さに、読んでいて辛くなってしまいます。

その中、死を宣告され「絶望」の中に突き落とされた患者に、少しでも光をと奮闘する彼女に暖かいパワーをもらいます。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
18:29 山田 宗樹 | コメント(0) | トラックバック(0)

嫌われ松子の一生 / 山田 宗樹

2010/08/25
4344002857嫌われ松子の一生
山田 宗樹
幻冬舎 2003-01

by G-Tools

三十年前、松子二十四歳。

教職を追われ、故郷から失踪した夏。

その時から最期まで転落し続けた彼女が求めたものとは?

一人の女性の生涯を通して炙り出される愛と人生の光と影。

気鋭作家が書き下ろす、感動ミステリ巨編。 内容(「BOOK」データベースより)



中学教師の松子は、修学旅行先で窃盗事件の犯人として疑われクビになる。

故郷から逃げ出すも、そこから彼女の転落人生が始まった…

大学生の川尻笙は、三十年以上前に失踪した伯母・松子が、何者かに殺されたことを知らされる。

興味本位から松子の人生を調べ始める笙だが、その人生は凄まじく、あまりにも不幸だった。


本当にもう救いようのない人生です。

可哀そすぎます。

転がり落ちるとはまさにこの事で、遠慮がない分、潔く面白いストーリーになっています。


良いか悪いかではなく、松子にとってこれがベストな選択。

その結果の人生。

たまに幸せがやってくると「よし!がんばれ!」と思ってしまう。

松子を甥っ子の視点で見ているのも、距離感があって良いですね。


映画で有名になったので、映像で見ている方が多いかと思います。

中島哲也監督のド派手な色彩を先に見ると、小説のとことん暗い世界に違和感を感じるかも知れません。

小説を先に読んだ者からすると、中島監督での映画化はかなりびっくりです。

小説は時間制限がない分、暗さも悲しさも突き詰めています。この違いは楽しむ価値ありです。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
16:43 山田 宗樹 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。