07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

台所のおと / 幸田 文

2010/11/30
4062059541台所のおと
幸田 文
講談社 1992-09

by G-Tools


女はそれぞれ音をもってるけど、いいか、角だつな。

さわやかでおとなしいのがおまえの音だ。

料理人の佐吉は病床で聞く妻の庖丁の音が微妙に変ったことに気付く…

音に絡み合う女と男の心の綾を小気味よく描く表題作。

他「雪もち」「食欲」「祝辞」など十編。

五感を鋭く研ぎ澄ませた感性が紡ぎ出す幸田文の世界。内容(「BOOK」データベースより)




作家の幸田露伴の次女である幸田文の短編集です。

超の付く読書家の母が「これだけは読んでおきなさい。」と渡してくれた本でもあります。

言葉が綺麗だとか、胸にしみるとかも、もちろんそれもありますが、この本は生き方のお手本帳

登場人物の凛とした美しさ、心の持ちようは、理屈なしで心に響きます。


腰を据えて丁寧に生きるということ。

人を思いやるときは、控えめかつ何も惜しまない潔さ。

この本を読むと、自分はなんと乱雑に生きているのか、と恥ずかしく思います。

聞きながら見て、見ながら歩き、歩きながら話し、話しながら食べ、を繰り返し、

そんな雑然とした日常で、自分は何に向き合っているのでしょうか…


また物に対する思いも秀逸です。

下駄にまつわる話「濃紺」が、この中で特に好きな話。

職人の控えめで芯のある思い。下駄に込められた思いが、長い年月職人の手によって繋がれていく。

これだけ大切にされ、命を宿した物は、現代の家庭にあるのだろうかと思うのです。


図書館で借りるより、手元に置いた方が価値のある本です。

時間の余るときに何の気なしに読んで、立ち位置を修正してもらう感じでしょうか。

説教臭さは少しもなく、登場人物の心の持ちように背筋がシャンと伸び、清潔で心地よい余韻が残ります。

少し形に残る本を読みたい方にはぜひお勧めします。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
17:00 幸田 文 | コメント(11) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。