08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

シアター! / 有川 浩

2010/09/30
4048682210シアター! (メディアワークス文庫)
有川 浩 大矢 正和
アスキー・メディアワークス 2009-12-16

by G-Tools

解散の危機が迫る小劇団「シアターフラッグ」 ― 人気はあるのにお金がない!?

主宰の春川巧は、兄の司に借金をして劇団の未来を繋ぐ。

新メンバーも加え、新生「シアターフラッグ」を旗揚げるが、果たして未来は……!?



「あぁ、甘かった~」

と、有川浩の「塩の街」を図書館に返却しに行ったら。

「ご予約の本届いてますよ。」

と、「シアター!」を差し出されました。

図書館には常時新刊を30冊予約しているので、たまにこうやって同じ作家が重なってしまうんですよね。

ずいぶん前に予約していた本が忘れた頃に届くので、ありゃりゃと思いながら読んでいました(笑)


さて今回は、小劇団を舞台に繰り広げられるのですが、そもそもこの話が一つの芝居のように、

一気に読める面白さでした

ブログ内で子供向けの本をお勧めするコーナーを作っていますが、リストに加えてみようかな。

セリフが多くコミック的な作りなので、本が苦手な中高生にもお勧めです。

今作品は甘さ控えめですよ。

愛想はないが頭が切れ、ちらりと優しさが垣間見える、そんな有川浩お得意のキャラが光ります。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
12:22 有川 浩 | コメント(0) | トラックバック(0)

猫を抱いて象と泳ぐ / 小川 洋子

2010/09/29
4163277501猫を抱いて象と泳ぐ
小川 洋子
文藝春秋 2009-01-09

by G-Tools

伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの密やかな奇跡。

触れ合うことも、語り合うことさえできないのに…

大切な人にそっと囁きかけたくなる物語です。内容(「BOOK」データベースより)



唇が閉じたままで生まれ、手術後も寡黙な少年に育った主人公。

そんな主人公と祖母との前半の会話から少し抜粋します。

「神様はどうして僕を、おっぱいも飲めないような人間に作ったの?」
  
「神様は普通の人にはない特別な仕掛けを施して下さって、唇を切り離すのが間に合わなかったんじゃないだろうか。」

「でも僕のどこにも仕掛けなんかないよ。」
 
「それを見つけて生かすのは神様じゃない、お前だよ。神様が慌てるくらいだから、きっと素晴らしい仕掛けに違いない。」


その仕掛けはきっと、美しい棋譜を残すチェスの腕前。

こんな主人公の心を包みこむような優しさが、随所にさりげなく挿入されています。

チェスの対戦の美しさはもちろんですが、こんなシーンに出会うと、主人公と一緒になって居場所を見つけた気持ちになります。

この作品はゆっくり静かな所で読むのが似合いそう。

日頃多くを語りすぎる自分を恥ずかしく思いながら、とても贅沢な時間を過ごした気持ちです。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
17:21 小川 洋子 | コメント(6) | トラックバック(1)

ナンタケットバスケットが素敵 関連本

2010/09/28
E3838AE383B3E382BFE382B1E38383E38388E5B195E7A4BAE4BC9AE291A1[1]

一度だけ、何かの海外の映像で見たバスケット。

使い込まれてあめ色に変わったその艶と、飾り気のない女性がさりげなく持つ美しさが、ずっと心のどこかに残っていました。

硬くて職人を感じさせる凛々しさに丸みを帯びた柔らかなライン、一瞬で心を奪われました。

偶然、それが「ナンタケットバスケット」という名前である事を知ったのは最近のこと。


ナンタケット島とはアメリカ、ケープコッド沖に浮かぶ小さな島。

そこで18世紀から作られてきた「ナンタケットバスケット」は、後にオードリーヘップバーンにも愛用されたことから、フォーマルシーンで認められた唯一の籐製バッグとして、人々に知られるようになったそうです。

手作りが大好きな私は、自分で作りたかったのですが、調べてみると日本ではそんなに教室がない。

仕方ないから買おうかな。なんて思って値段を見ると一つ8万ぐらい!! そうなんですね~

木型を使い一目一目きっちり編まれ、手でやすりをかける手間、お値段にも理由がいっぱいあるようです。

リビングにさりげなく置くと素敵だと思ったんだけどなあ…悲しい

だんだん流行ってきたので、そのうち安くなるかな。教室も増えるかな。と気長に期待しつつ待っています。


時を編むナンタケットバスケット時を編むナンタケットバスケット
八代 江津子

Lightship Baskets of Nantucket (Schiffer Book for Collectors) A Nantucket Christmas Baskets FOXEY MAGAZINE NUMBER 13 (ミニトートバッグ付)

by G-Tools


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
16:13 手芸の本 | コメント(0) | トラックバック(0)

博士の愛した数式 / 小川 洋子

2010/09/27
410401303X博士の愛した数式
小川 洋子
新潮社 2003-08-28

by G-Tools

家政婦として働く「私」は、年老いた元大学教師の家に派遣される。

彼は優秀な数学者であったが、17年前に事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持できなくなったという。

数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるものだった。

しかし、彼は「私」の10歳の息子と出会い、息子に「ルート」と名づけ、私たちも彼を「博士」と呼ぶようになる。

第1回本屋大賞 第55回読売文学賞受賞



80分しかもたない記憶、身体中に貼り付けられたメモ、毎回玄関で繰り返される自己紹介。

困惑に充ち、悲観的になりそうな物語が、そうは決してならない。

少しコミカルで静かな語りはむしろ楽しく、博士とルートの関係は永遠に続いて欲しいとさえ思う。

語り手と共に自分自身も、博士との関係を一つ一つ積み重ねるような気持ちで読んでいました。

現実と交差せず、数式の世界にのみ存在していた博士。

そんな博士との関係が一歩踏み込まれるたび、心が暖かく満たされます。


映画なら。

監督:小泉堯史 主演:寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆

原作の語り手が母から息子ルートに変わる他は、原作に忠実な映画です。

寺尾聰は本当にすごい人ですね。

登場した姿で、記憶が80分という不可思議な設定が、ごく自然に、違和感なく心に入ります。

現実から少し離れた世界が、とても情緒的に表現されていて美しい。

映画化されると登場人物が増えがちですが、極端に少ない設定そのままなのが嬉しい。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
17:04 小川 洋子 | コメント(2) | トラックバック(0)

阪急電車 / 有川 浩

2010/09/26
4344014502阪急電車
有川 浩
幻冬舎 2008-01

by G-Tools

宝塚駅から西宮北口駅を経て今津駅までを結ぶ阪急今津線。

乗客が織り成す様々なエピソードを、1往復に当たる全16話で描写する。

関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の物語。



電車でつい耳に入ってしまう隣の会話。

普段は気にならないのに、ちょっとしたきっかけで一度耳に入ると、つい自分がダンボになってしまう時があります。

その辺を上手く突いて、往復で繋いでいく所が良いですね。

以前この沿線に住んでいたこともあり、随所に懐かしさを感じる話でした。


関東の人には、電車で赤の他人と話す設定自体が信じられないかと思いますが、関西では日常にありありです。

その辺りのおせっかい度が実際にあるからまた楽しい。


しかし、阪急今津線の学生の会話が、べったりとした大阪弁であったのは本当に興醒め。

私は大阪にも兵庫にも住んでいましたが、それぞれ言葉が違うので、その辺はこだわって欲しかったな…。

また、有川浩の恋愛の引き出しは少なそうで、恋愛は今回も甘い、ベッタリ、分かりやす過ぎる!(笑)

本当にもう少し幅があったら楽しいのですが…


一番しっくりきていたのは老婦人の時江。上品で気高く自分にも他人にも厳しい。

少ない言葉にスパイスがギュッと効いていて良かったです。

何はともあれ、通勤のお供に気軽に読める一冊です。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
23:46 有川 浩 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。