04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

家を建てるに相応しくない現実的な奥様

2011/05/31
そろそろ家を建てないとなぁ。

お義母さんとの2世帯住宅を建てる予定です。

夫は仕事が忙しく、家づくりに多くの時間を割いている余裕はない。

取りあえず、私が少し進めておくことになりました。


私は基本のんびりしているが、やるべき時は、さっぱり、はっきり、ざっくりした性格。

もともと夫のアシスタントをしていたので、下っ端補助業務が好きである。

資料を取り寄せ、データー収集し、比較検討し、夫の指示を仰ぐ。

それを繰り返し、勉強しては、面倒で細かな打ち合わせを私がしている。


ハウスメーカーさんはみんな営業スマイルで、頑張っておられる。

とても一生懸命サービスしようとしてくれる。

でもね、私はそんなちやほやしてほしい奥様ではない。

「まあまあ、いえいえ、おほほほほ…」というような入り口の会話を、私がバッサリ切ってしまうからでしょうか(笑)

男性的な発想と、ざっくりとした物言いが、どうもびっくりされる。


だって、そういう営業トーク


面倒くさーーい!!!

奥様、奥様ってうるさーーーい!!



私は淡々と伝えねばならないことを伝え、聞くべきことを聞き、ちゃかちゃかと話を進めてしまいます。

そんな打ち合わせでも、色々なお誘いが来る。


「実際に住んでおられるお宅を見学するツアーに行きませんか?」

みたいなの。

うーん。我が家は行かないです。


「えっ…なぜですか?」

見学会のお家はお金もらってる訳で、そんな家の方が、メーカーの悪いとこ言うわけないじゃないですかー。

と言ったら担当さん、爆笑だった。

「いやー奥様はっきりしてますねー。そうですか、そうですか。」と汗をふきふき。


まあ、営業さんとしたら、そう言うしかないでしょうか。

あっさりしててすみません。

私としては、そんなお膳立てされたところ、行きたくないのです。


「では、建設現場見学会はいかがですか?弊社は作業中も綺麗なんです。」

だからー。

準備されているところに行くわけだから、現場は綺麗で当たり前じゃないですか(笑)って言ったら。


「………あーそうですね。 はっはっはっ!………」



ホントどうもすみません。

決定した時には、勉強させてほしいことも出てくると思いますが、今はまだ早い。

誘って周りを固めてしまうのも、営業方法の一つの手でしょうが、

メーカー決める前段階で、断りにくい雰囲気になりたくないのです。


そういえば、建てたお家の中庭で聞く、クラッシック演奏会の誘いもありました。

私はそんなことでときめく奥様ではないのだ。

ああ、可愛くなくてごめんなさい。

深夜に一人、図面を見比べている方が、よっぽどときめきます。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
16:34 家を建てる | コメント(6) | トラックバック(0)

強運の持ち主 / 瀬尾 まいこ

2011/05/27
4163249001強運の持ち主
瀬尾 まいこ
文藝春秋 2006-05

by G-Tools

元OLが営業の仕事で鍛えた話術を活かし、ルイーズ吉田という名前の占い師に転身。

ショッピングセンターの片隅で、悩みを抱える人の背中を押す。

父と母のどちらを選ぶべき? という小学生男子や、占いが何度外れても訪れる女子高生、物事のおしまいが見えるという青年……。

じんわり優しく温かい著者の世界が詰まった1冊。内容紹介より




人間関係の煩わしさを避け、一人で出来る占い師に転職したのに。

なんだかんだと巻き込まれ、嫌々踏み込むその姿は、とてもユーモラスで肩の力が抜ける。

瀬尾まいこは脱力したいときにぴったり。

退屈な電車や病院の待ち時間が、居心地良ーくなります。


この人はやる気満々から一番遠い世界に住んでいる気がします。

多くのものも望んでいないでしょう。

だからこんなセリフがとてもしっくりきます。

付き合って二年にもなると、いつからか自然にお互いが苦手なものをカバーできるようになってくる。

朝は通彦が低血圧の私を起こしてくれて、夜はこたつで眠ってしまう通彦を、私がベッドまで連れていってあげる。

お互いがいるから、二人ともほんの少しだけど生きやすくなっている。



「生きやすくなる。」とは良い言葉。

ほんの少しなのも、ふむふむと伝わります。

自分の存在があって、世の中がどう変わるかなんて、そんな大それたことではなく、

自分の右隣の人と、左隣の人ぐらいは、ちょっと生きやすくできたらいいなと思います。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
16:00 瀬尾 まいこ | コメント(2) | トラックバック(0)

阪神江草がトレードになってる!

2011/05/25
今さら言うまでもないですが、阪神ファンです。

東京での新生活は快適ですが、阪神ファンとしては少々不満が。


だって…サンテレビが映らない

CSのおかげで全試合見れますが、サンテレビが映んないから致命的だ。

「福本豊とか、湯舟とか、赤星とか、吉田義男さんの解説で観たいーー。」

「昨日は久々に勝ったのに、朝日の新聞記事小さいぞーー。」

そんなこんなを、小さくぼやいています。


さて、先ほどネットのニュースで江草がトレードだと。

阪神・江草仁貴投手(30)と西武・黒瀬春樹内野手(26)の交換トレードが24日、発表された。阪神は大和が左肩亜脱臼、鳥谷が右手人さし指を負傷して遊撃手が不足しており、内野の複数ポジションを守れる黒瀬はうってつけの人材。阪神が希望し、左の中継ぎが補強ポイントだった西武が応じる形で成立した。


 ええー。江草いるの??

大丈夫か、西武。


私は江草を「にやにや江草」と呼んでいる。

彼は緊迫したシーン担当の、中継ぎ投手。

だいたいはこんな感じである。



颯爽と登場し、持ち前の早いテンポでポンポンと投げ、先頭打者にファーボールを出す。

そして汗をふきふき、にやにやしている。


今日もダメか…と思ったら、突如変身。

かっこ良く連続三振を取り、あっという間にツーアウトにしてしまう。


おお、今日の江草、いけんちゃうん!?

誰もがそう期待する変身ぶり。

しかしそこから踏ん張りが利かない。


結局、最後の一人に打たれ逆転を許す

そして、にやにやしながら去って行く。


何故だ?

何故だ 江草。

本人は大真面目だが、その表情はあまりにも場違いで、見ているこちらが笑ってしまうほど。


江草は西武ファンに受け入れられるんだろうか。

心配だわ。

とてもテンポ良く投げ、絶好調の時はすんごい人です。

西武でも愛されるといいね。がんばれ江草



ああ、こんな偏り記事ですみません。

最後まで見て下さった方、ありがとうございますっ!


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
16:29 日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

自転車に相応しい服装

2011/05/23
私は自転車が下手です。

小学生になってもコマが取れなかった落ちこぼれ。

今もものすごくゆっくり走っているので、せっかちな婆ちゃんに抜かれたりする。


今日は大きな川を渡る橋を、自転車で走っていた。

それほど歩道は広くなく、1対1ですれ違える幅。

橋の歩道を左寄りで走る。


橋の上りはきつく、ふらふら立ちこぎしていたら、後ろからベルを鳴らされた。

りんりんりんりん!!!


「おお、遅いのね、ごめんよ。」

と思ってスピードアップしたのに、

りんりんりんりん!!!


仕方がないので、抜いてもらいやすいように左に寄って加速する。

それでも容赦なく、

りんりんりんりん!!!


そんなに鳴らさんでも…

自転車から降りて左に寄って後ろを見た。

が、誰もいない。

あれっ???


なんか怖いね。

でも誰もいない。


おかしいなと思って自転車に再度乗ると、首が引っ掛かる。

あ…私のストール、自分の自転車のベルに絡まってる。

試しに立ちこぎしてみた。

りんりんりんりん!!!


自分のベルが元気よく鳴った。

ごろちゃんの日常 まあ、こんなもんだ



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
15:33  | コメント(6) | トラックバック(0)

ペット禁止のマンションで お婆ちゃんの秘密 

2011/05/19
マンションの1階でエレベーターを待っていると、どこからか視線を感じる。

気になって振り返ると、壁に身を潜めたお婆ちゃんと目があった。

コントで再現されたような、家政婦:市原悦子状態である。


目があった瞬間、お婆ちゃんはさっと身を隠したが、

ふがっ ふがっ ふっがっ!

明らかに犬の声がする。

さらに、隠しきれていない白い尻尾が、ちらちら揺れている。


ん?

一瞬状況が掴めなかった。

あ!そうか。

ここはペット禁止なんだ。

隠れて飼っているのかな。


もう一回お婆ちゃんの方を見ると、あちらも同じタイミングで壁から顔を覗かせた。

私を見た婆ちゃんは、しゅっと素早い身のこなしで再び隠れた。

ふがっ ふがっ ふっがっ!

飼い主の心を知らずか、白い犬は遠慮なくふがふがしている。



可哀想な気がして、気づかない振りをし、私はそそくさとエレベーターに乗った。

お婆ちゃんは、管理人さんに見つからないように、犬の散歩に行きたかったのでしょうか。



さて数日後、今度は息子がお婆ちゃんに遭遇したらしい。

息子が帰宅早々私に聞いてくる。

「ここは犬飼っちゃダメなんだよね。」

うん、そうだよ。

「お婆ちゃんが犬抱っこして、階段で隠れてたよ。」

おお、小学生にも見つかったか…

「何だろうって覗いたら、犬を後ろに隠して、あっち行ってって言われちゃった。」

そうか…


お婆ちゃん、やばいっすよ。

1ヶ月ですでに2回も目撃されるなんて、先行き不安だわ。

キャリーバック用意した方が賢明かもです。

今さら引き離すのも、引っ越しも辛いし、見つからないといいのになぁ。


あの婆ちゃんとふがふが犬に透明マントを



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
14:37 気になる人 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。