04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

優しい音楽 / 瀬尾 まいこ

2012/05/31
4575235202優しい音楽
瀬尾 まいこ
双葉社 2005-04

by G-Tools

駅のホームでいきなり声をかけられ、それがきっかけで恋人になったタケルと千波。

だが千波はタケルが自分の家族に会うことを頑なに拒む。

その理由を知ったタケルは深く衝撃を受けるが、ある決意を胸に抱く―

表題作「優しい音楽」。

現実を受けとめながら、希望を見出して歩んでゆく人々の姿が、心に爽やかな感動を呼ぶ短編集。 内容紹介より



人が次々と死んでしまうハードな本が続いたので、心が分厚くなっている。

お、重い…

こんな時には、「瀬尾まいこ」に間に入ってもらうことにしている。

瀬尾まいこを読んで衝撃を受けたり、号泣したりはしないんだけど、安心して身を委ねられる。

タイトルそのまんま、優しい音楽。


最後のお話「がらくた効果」。

何でもかんでも拾ってきてしまう妻は、ある年末ホームレスのおじさんを拾ってきた。

ホームレスが全く板についていなくて、上手く立ち回れていないおじさんを見て、心配になったからだと言う。

穏やかで知性を感じさせるホームレスのおじさんは、元大学教授だった。


自分が今まで手にしていた知識は、世の中の役には立っていないと気付くおじさん。

おじさんが持ち込んだ生真面目で誠実な風は、夫婦がおざなりにしてきた生活を見直させる。

背中を押すわけではないのに、自然と影響を与え合う関係。


一度立ち止まってしまっても、もう一度自分でスタートがきれるまで。

そこにいるだけの存在。

形を成さない優しさが美しい。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
12:38 瀬尾 まいこ | コメント(2) | トラックバック(2)

東京スカイツリー デートスポットか、パワースポットか?

2012/05/29
天気が良かったので、電車でスカイツリーに行ってきました。

スカイツリーはどこからでも見えるので急ぐこともないが、商業施設の東京ソラマチには行ってみたかった。

当然のことながら、初の週末を迎えたこの日はとても混んでいて、ソラマチなんてゆっくり見て回れる感じではない。

人混みを見ているだけで、もうお腹がいっぱい。


戦意喪失した私の目に入ってきたのは、草月流の文字。

オープニングイベントとして、草月流の前野博紀さんの作品展が見れるらしい。

私は以前草月を習っていて、こういうのは嬉しくて嬉しくて。

お客さんも少なく(こんなことを言ったら失礼ですが)、喧騒を離れてゆっくり鑑賞できました。

031_convert_20120528170236.jpg

ははは、やはりピントが合っていない。

人が通らない瞬間って、一瞬しかないんですよ…



わざわざ来たのなら、やはり見ておきたいのはライトアップの瞬間。

スカイツリーから少し離れて見る方が、あほ面にならず美しく見ることができます。

今の時期はライトアップの時間は19時。

てっぺんから少しずつ色がついて、とても綺麗。

デートにいいね。

056_convert_20120528165542.jpg



さてさて。

ソラマチひろばに、3本の御影石で出来た石のオブジェがある。

彫刻家:澄川喜一氏の作品で、その名は「TO THE SKY」。

ここに行列ができている。

048_convert_20120528173114.jpg
手前のグレーの塔です。


うん……??

パワースポット??

並んでいる人も良く分からないまま並んでいるらしく、

「なんだろね…」「写真撮るのかな…」「何か書いてあるんじゃない?」と、不安げな会話が聞こえてくる。

とりあえず、よく分からないものには参加したい私。

知らないものには首を突っ込んでおこうと並び始めた。


「あの中でキスすれば恋愛が成就するんじゃない?」

と夫に自信満々に言ったら。

「隙間から丸見えです。東京の人間はそんなことはしません

と冷たく言い返された。

まぁ、そうだろうな。


たぶん中から写真を取ればいい感じに写るのだろう。

少しずつ塔に近づきます。

050_convert_20120528165346.jpg

3本の柱の中に入ると…

なるほど。

中心部にツリーのてっぺんが入るんだ。

せっかくなので天辺の光だけを入れてみた。

051_convert_20120528165433.jpg

こんな感じ。

写真を撮った人たちは皆、これでいいのかよく分からないなりに満足気だった。

さて、これは正解なのか、不正解なのか、答え合わせがしたいものだ。


ご存知の方はおられませんか。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
12:06 お出かけ | コメント(2) | トラックバック(1)

ジェノサイド / 高野 和明

2012/05/27
4048741837ジェノサイド
高野 和明
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-30

by G-Tools

創薬化学を専攻する大学院生・研人のもとに死んだ父からのメールが届く。

その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。

同じ頃、傭兵・イエーガーは不治の病を患う息子のために、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。

二人の人生が交錯するとき、驚愕の真実が明らかになる――。

第2回山田風太郎賞受賞、第65回日本推理作家協会賞受賞。内容紹介より



タイトルの意味が大虐殺だと知り、恐ろしそうでしり込みをしていました。

しかし「大虐殺すること」が主題ではない。

大虐殺にするもしないも自分たちの在り方次第だということが主題。

ネット評価が意外と低いですが、私は高野和明が好きなのもあって、とても楽しかった。


子どもの命を必死に守ろうとする大人たちの、スリリングで感動的な物語。

人もたくさん亡くなるが、思ったより善人が多い。

大がかりな仕掛けと、謎の生物、ハッカー、迎撃戦闘機。

ハリウッド映画っぽいとしか言いようがないですが、後半スピードのある展開がとてもいい。

途中でなんてとても止められない。


我が子を不治の病から救い出したい熱血アメリカ人。

父の残したメッセージに、危機感を抱けない平和な日本人学生。

大虐殺される命と、必死で守る命は、本来等しいはずなのに。

こちらもあちらも子どもなのが辛い。


ストーリー展開にページを割いている分、人物描写は甘く、不可解な点が目についてしまう。

いい人だと分かっても、人として魅力的ではないので情が移らない。

性悪筋肉モリモリ日本人としてミックが登場しますが、性格が歪んでしまった理由は明かされずじまい。

そんなシーンがいくつかあり、少し消化不良でもあります。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
10:46 高野 和明 | コメント(4) | トラックバック(1)

薔薇が似合う女、似合わない女

2012/05/25
5月、バラがあちこちで美しく咲いていますね。

私の実家の庭には、バラのアーチがあった。

言うまでもないが、もちろんお嬢様ではない。

庭にバラのアーチを作ることが、母の夢の一つだったらしい。


病弱で学校を休んでばかりの私は、退屈なので庭で遊んでいることが多かった。

(小児ぜんそくは、発作さえ起きなければ元気なのです)

庭に落ちているバラの花びらを拾って、空に放り投げて遊んでいた。

空からバラの花びらが舞ってくると、まるで少女マンガのようだ。

夢中になった私は、その行動を次第にエスカレートさせていく。

拾うだけでは足りないと、咲いているバラをむしり始めた。

いくつも、いくつも。

両手にたくさんの花びらを持ち、空高く放り投げる。

降ってくる花びらの下で、くるくる回る私。

「キャンディキャンディ」のイメージだったような記憶が。

拾っては投げ、むしっては投げ。

気が付くと庭には、ちぎられた花びらが散乱していて、私の背の届く場所にバラは残っていない。


これはまずい。

とりあえず花びらを端に寄せて、ばれませんようにと、逃げた。

叱られた記憶がないので、たぶんばれなかったのだろう。

バラも私にとっては、いいおもちゃであった。



大人になって花をもらう年頃になっても、バラより柔らかな雰囲気の花束が好きだった。

しかしある時期、もらっても困ってしまう相手から、バラの花束が延々と届けられるようになった。

かすみ草も入っていない、バラだけで一抱えもある濃い花束。

一万円也。

残念ながら、こういう華々しさは私にしっくりこない。

高貴な感じが似合わないんだから、これはキャラの問題だ。


断っても断っても届くので参ってしまった。

ついには、ドラマのような100本の深紅の薔薇まで届いた。

その時私が一番に心配したのは、「花瓶足りるかな」だった。

花瓶の心配をしてしまう私には、100本の薔薇は相応しくなかったと思う。



今もそんなにバラは好きではない。

あの気位の高さが、気合の入り加減が苦手なのです。

自分が庭を持つときには、バラに関してはモッコウバラだけでいいなぁ。

一年に一回。


-おや、ここに居たのかい- と思わせるように。

草花と適当に絡み合わせて、モッコウバラを乱雑に咲かせれたらいいなと思う。

20080423210904_convert_20120517173746.jpg


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
13:20  | コメント(8) | トラックバック(1)

ウェザーマスター2ルームハウス 使い心地と使い回し

2012/05/23
「ウェザーマスター2ルームハウス」の設営、使用時の感想、そして庶民の小さな抵抗話です。

021_convert_20120507150338.jpg

新しく買った2ルームハウス。

設営に関しては、コールマンからコールマンへの買い替えだったこともあり、拍子抜けするほど簡単だった。

前もって設営方法を読んでいたこと。

ストームガードに事前にロープを結んでいたこと。

この2つがあってのことですが、初めての設営でも20分かからなかった

次回はもっと早く設営できることは確実です。


設営が簡単な理由は色分け効果。

ポールの端に赤、青の色が付いていて、通すべきところにも赤、青が付いている。

たったそれだけのことですが、子どもでも簡単に分かるので、作業がスムーズ。

特に青が前(キャノピー側)と覚えておくだけでも、ずいぶん楽だと思います。

考えた人賢い!


一人で設営は苦労するでしょうが、二人いたら十分。

最初からついているペグだけでは、スカートをすべてペグダウンするには足りません。

風が強い日にはバタバタとうるさいので、余分に持って行った方が安心だと思います。


撤収も簡単だし、もっと早く買い替えれば良かったと思うぐらい使い心地は快適。

タープに関してはコクーンの方が角が立っているので広いですが、2ルームハウスでも十分。

サイドのドアが意外にも活躍しました。

やはり色調が明るいのはいいなぁ。

テントからの白い眺めは気持ち良いものです。


さてここからは、買い替え時には誰もが悩むであろう庶民的な問題について。

今まで使っていたテントは、同メーカーの300×300のサイズ。

したがって、グランドシート、インナーマット、エアーマットも300サイズ。

寸法上入らないのは重々承知だけど、全部買い替えるのってちょっと癪な私

入れてみて入らなかったら諦めるけど、とりあえず突っ込んでみるかな。

今回は300サイズを強引に使い回して見ました。

ちなみにこのテントを購入する際、スノーピークの「ランドロック」、小川キャンパルの「ティエラ5-EX」も候補でした。

他メーカーにしなかった理由の一つに、シート類を使い回せる可能性が少ないことがありました。

特にスノーピークは台形に近い形なので、使い回しは難しそうに見えますね。


まずはグランドシート

横幅はそのままで大丈夫ですが、当然縦方向が余ります。

余ったシートをタープ側に引っ張り出すと、丁度良いぐらいの靴脱ぎ、荷物置きスペースになりました。

テント入口にシートやすのこを置くだけで土の侵入を防ぎますが、グランドシートで靴脱ぎマットも兼用!

OK、OK、問題なし!


インナーマットに関して。

これは絶対入らない。

入らないが買い替える程でもないので、我が家はそのまま使います。(買い替える気がないのね)

端を適当に折り返しておけば問題ない。

頭側の余った部分は綺麗に折ります。

その上に寝袋を敷いたら、意外に気持ちの良い枕代わりになり好評でした。

OK、まぁ問題なし。


さて、一番の問題はエアーマット

B001SJHOFGColeman(コールマン) テントエアーマット300 170A6608
Coleman(コールマン) 2012-03-08

by G-Tools


このエアーマット大好きなんです。

寒い時期は欠かせません。

以前の表面がビニールのものより滑らなくて寝心地が良い。

新規で買うならきっと270サイズを勧められると思います。

しかし我が家は300サイズ。

とりあえず強引に入れてみた。


きっちきちのピッタピタ(笑) 

ですがテントを押し出して、フライシートとぶつかるようなことはなかった。

それだけは避けなければいけないので心配でしたが、ぎりぎりオッケーです。

エアーマットは長男がいつも膨らませてくれているのですが、

ポンプをテント内に置くことが出来ず、ポンプだけをテントの外に出して、苦労しながら空気を入れていました。

荷物はほとんど入らないが、枕元にリュックぐらいなら何とか。

ボストンバックは無理です。

………問題なし??


結局は買い替えたい人は、きっちり揃えて買い替えるでしょうが、

買い替える気のない人間は、どんなに強引でも使ってしまうってことだわね。

あとは本人の満足度合ですが、まっいいかの我が家は、寿命が来るまでこのまま大事に使い続けることになりました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
09:25 アウトドア料理と道具の話 | コメント(0) | トラックバック(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。