07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

本日は大安なり / 辻村 深月

2012/08/31
4048741748本日は大安なり
辻村 深月
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-02-26

by G-Tools

一世一代のたくらみを胸に秘める美人双子姉妹。

クレーマー新婦に振り回されっぱなしのウェディングプランナー。

大好きな叔母の結婚にフクザツな心境の男子小学生。

誰にも言えない重大な秘密を抱えたまま当日を迎えてしまった新郎。

憧れの高級結婚式場で、同日に行われる4つの結婚式。

それぞれの思惑と事情が臨界点に達した、そのとき―。

世界一幸せな一日を舞台にした、パニック・エンターテインメント長編の大傑作。 (「BOOK」データベースより)



辻村深月がこんなに軽快で楽しいものを書くんですね。

深層部に闇を抱えていそうな危うさはない。

すっきりと読みやすくて、結婚式あるあるの山積みが面白い。

いつもの感じを期待していると、ちょっと肩透かしをくらいそうです。


大安吉日、高級結婚式場で行われる4組の結婚式。

ウエディングプランナーを絡ませながら、時間経過とともに、花嫁が入れ代わり立ち代わり。

どんなに問題が起こっても、次の花嫁はやってくる。

会場の混乱ぶりの見せ方が面白い。


4組のなかでは、双子の複雑な美人姉妹が好きでした。

妹の妃美佳が、辻村深月の筆に一番合っていたと思う。

あの二人は最後まで良いスパイス。


過ぎてしまえばなんてことはないのだが、当の本人は一世一代だから大騒ぎ。

つい自分の結婚式を思い出してしまう。

あんな風にバタバタとし、イライラもし、混乱したなと。

あるよね、あるよね、と思いながら気楽に読むのが相応しい。


秘密を抱えた新郎に関しては、最後まで付き合っても、何が良かったのか分からない。

馬鹿な男にこそ惹かれるとしても、彼にはそれほどの魅力はないぞ。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
12:07 辻村 深月 | コメント(0) | トラックバック(0)

お風呂めぐり~北軽井沢キャンプ場 お勧めの日帰り温泉とカルデラ

2012/08/29
連日キャンプの話で、皆様に引かれないか心配でたまらない私。

いちようこれが最後の記事、お付き合いいただければ幸いです。

北軽井沢スウィートグラスを始め、この辺りのキャンプ場でお風呂が整っているところは少ない。

日帰り温泉があるとは言え、これは本当に困ってしまう。

これはお盆の混雑時に右往左往した、お風呂比較日誌です。


1日目:北軽井沢スウィートグラス キャンプ場のコインシャワー

お盆の忙しい時期なのに、掃除は綺麗に行き届いていて感心します。

シャワーの数は多いので、時間をずらせば並ばずに利用できますが、夕食後はかなり混雑。

多いときは10人待ちぐらいになってしまう。

そもそもシャワーでは、落ち着かないし疲れは取れない。


2日目:キャンプ場お勧めの「絹糸の湯」

image10.jpg ね、ダメな感じが漂っています^^

ここはキャンプ場から車で10分、夕方6時ぐらいに行きました。

全体的に小さな温泉で、通常のお風呂プラス露天風呂が一つあるだで、サウナもジェットも何もない。

その上脱衣所はドライヤーが2つしかないし、虫はぷかぷか浮いているし、食事処はハエが舞っている。

これは酷いと思っていたら、隣の人達が話している。

「去年よりずいぶん綺麗でいい温泉になったねぇ」

って……何が改善されたのか、教えてくれ。


3日目、北軽井沢ヒルズホテル内露天風呂

P8210613-288x215.jpg

キャンプ場から7分、温泉ではないがホテル内のお風呂です。

小さなお風呂なので混雑を避ける為、入ったのは夕方5時前。

ホテルのロビーは静かで快適、キャンプ流れで入るには申し訳ない気分。

お風呂そのものはガラガラでしたが、洗い場6つ、ドライヤー2つなので、団体が入れば悲惨なことになりそう。

露天風呂は森(林?)が真正面で気持ち良いです。

サウナもあり、小さいながらもとても綺麗な場所でした。

貴重品を入れるロッカーの鍵が、バンドのない自転車の鍵みたいなので、持ち歩いての入浴はとても難しい。


4日目 草津温泉 大滝の湯

せっかく草津に近いのだから、一日ぐらいはいい温泉に入りたい。

車で40分、草津まで足を延ばしてきました。

大滝の湯を目指したわけではありませんが、車を止めれたのが唯一ここだった。

とてもいい温泉だったので、ここに停めれたのはラッキーだったと思います。

露天風呂、打たせ湯、合わせ湯、サウナ、マッサージ、お土産と施設は充実。

ここが今までの温泉と同じ価格なんて!

なぜ群馬で岩手のメーカーなのかは謎ですが、飲むヨーグルトが濃厚で美味しいです。


大滝の湯では草津伝統の「合わせ湯」が楽しめます。

awaseyu2.jpg

湯温の異なる浴槽で低温から順に入る「合わせ湯」は、ここに来たならぜひ体験したい。

写真の男風呂より、女風呂の方が綺麗で快適でした。

あ… 帰りに気づきましたが、男風呂の露天は駐車場の一部から丸見えでした。

油断して歩いていると、素っ裸のおっちゃんとばっちり目が合います^^



草津温泉まで行くなら、途中で白根山に立ち寄るのも楽しい。

カルデラを見たことがなかったので、ちょっと行ってみたかった。

駐車場から登り20分と書いていますが、かなり足場が悪くて歩きにくいので、サンダルは避けた方が賢明。

息が上がりっぱなしの私たちは、元気な子どもたちにすっかり遅れをとってしまった。

よろよろで頂上に到着したら、息子たちはご機嫌に、登山用の杖でチャンバラをして遊んでいた。


あのアホは、うちの子か… 


103_convert_20120822123928.jpg


「ねぇ、カルデラ見た?せっかく登ってきたんだから見ておきなさいよ」

「え、何が?」

「あれ、カルデラだよ、火山の噴火したところに水が溜まって…」



「あぁ、あれかぁ。ビニールシートだと思ってた」



ビニールシートに見える程、人工的な水色なのは確かにそう。

だが、それを言っちゃあ お終いだ。


バカボンめ…


次男は旅先でも強烈だ




<関連記事>
「北軽井沢スウィートグラス」 サイトの感想と、傾向と対策

押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
13:27 キャンプ日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

「フォレストアドベンチャー」 手抜きなし、大人も子どもも本気で遊べます!

2012/08/28
昨日スウィートグラスアドベンチャーの話を書きましたら、似た施設があるよと情報コメントを頂きました。

体験記事はこちらから

あれ?

全国区なの?

調べてみるとそれは、「自然共生型アウトドアパーク フォレストアドベンチャー」として同じ系列でした。

nakazato_img1.jpg
(フォレストアドベンチャー・湯沢中里)

日本中に同じような施設がなんと12箇所、沖縄にまである!(下記参照)

高い所とスリリングが大好物の方、いかがでしょうか?


日本第一号の施設は富士山の麓にある「フォレストアドベンチャー・フジ」。

ここはkeitaさんが教えてくれた嵐のDVD撮影場所なんですね。

「ARASHI 10-11TOUR ”Scene”~君と僕の見ている風景~DOME+」の初回限定盤らしい。

ファンの方が多く訪れられているようでした。

ロケーションはその土地によって違って、景色も個性があって美しいです。

私たちが行ったのは北軽井沢で、浅間山が本当に美しく見えました。

まぁ、景色見れる余裕なんて、ほとんどないんだけど。


樹の上にスタッフはいません。

もちろん下にネットが張られている訳でもありません。

自分で命綱を繋いで、安全確認をして、空中に飛び出す。

子供だって条件は全く同じ。

全て自己責任の、日本には珍しい貴重な体験ができます。

hakone_img1.jpg
(フォレストアドベンチャー・箱根)


施設によって、コースや年齢制限など、全く同じではないようです。

私たちはお盆の時期だったので、2時間半ほどのところ1時間余分にかかりました。

繁忙期は事前予約必須です。

キャンプの合間に行ったので、翌日以降の体力を考えると大変でしたが、単体で遊ぶならもっと気楽なはず。


今度はどこに行こうかなぁ。

富士山を見ながらなんて綺麗だろうな。

夢は膨らむ。

夫に行きたいと言ったら、快く連れて行ってくれるだろう。

そして夫は、樹の下のベンチから、優雅に私たちの奮闘を眺めるのだ。


微笑みより少し、半笑い寄りで




「自然共生型アウトドアパーク フォレストアドベンチャー 施設一覧」

・フォレストアドベンチャー・フジ
 所在地/山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-1 

・アドベンチャースポーツ&パーク「ターザニア」
 所在地/千葉県長生郡長柄町味庄東台1067(生命の森リゾート内)

・フォレストアドベンチャー・山添
 所在地/奈良県山辺郡山添村三ヶ谷1680(冒険の森内)

・フォレストアドベンチャーin恩納
 所在地/沖縄県国頭郡恩納村字真栄田1525

・フォレストアドベンチャー・おおひら
 所在地/栃木県栃木市大平町西山田857

・スウィートグラスアドベンチャー
 所在地/群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1984-43

・サルトビ(ここだけコースが短く、料金が安いようです)
 所在地/静岡県熱海市初島

・フォレストアドベンチャー・小田原
 所在地/神奈川県小田原市久野字亀の甲山4391(わんぱくらんど第二駐車場隣接)

・フォレストアドベンチャー・湯沢中里
 所在地/新潟県南魚沼郡湯沢町土樽5044-1 湯沢中里スキー場

・フォレストアドベンチャー・箱根
 所在地/神奈川県足柄下郡箱根町湯本字茶の花749-1

・フォレストアドベンチャー・朝来
 所在地/兵庫県朝来市佐嚢66

・フォレストアドベンチャー・糸島
 所在地/福岡県糸島市二丈一貴山312-390 樋の口ハイランド内


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
15:26 キャンプ日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

「ルオムの森 スウィートグラスアドベンチャー」 忘れられない思い出作れます。

2012/08/27
スウィートグラスがプロデュースした「ルオムの森 スウィートグラスアドベンチャー」

大人が本気で冷や汗をかく、フランス生まれの本格的森林樹上冒険施設です。

head_img_convert_20120823121517.png

さぁ、気合を入れて頑張るぞ!と思ったら、夫が軽い雰囲気で言う。

「あ、保護者一人で良いなら、下で待ってるよ」

「へ??」

「明日動けなくなっても困るから」

筋肉痛を恐れた夫は、のんびりと木陰のベンチに座って笑っている。

全く… 世のお父さんがやる気満々の中、なぜか母親の私が、息子たちを連れて参加することになった。


がっつりハーネスを装着され、命綱(カラビナ)の扱い方の講習を受ける。

その説明があまりにも本格的で長いのだ。

つまりが、命綱は3種類あって、そのどれかが必ずどこかに繋がっていなければならない。

状況に合わせてカラビナを使い分けて、自分の安全を確保する。

子どもも自分で考えることが大事だから、大人は極力手出しをしてはいけない。

繰り返される説明にも、-そんな丁寧にやらんでも-と私たちはのんびり構えていた。

しかしコースに出て数分で、練習の意味が分かった。

1年生でも出来る簡単なコースが、やばい、やばい、泣きそうなほど怖い。

forest_a1_convert_20120821184459.png
次第に高さが上がり、最後は樹の上12メートルになる。

スタッフは下から安全に出来ているか見てくれ、迷っていたら声掛けもして落ち着かせてくれる。

だが、命綱をつけるのも外すのも、すべて本人だ。

たとえ小学生であっても


親が先頭を切るのがルールなので、後は子どもがやってくるのを見守るしかない。

手を伸ばしたい衝動に駆られるが、気を逸らせると余計に危険な気がして手は出せない。

about_3.png

頑張れ!ゆっくりでいいから、落ち着いて! 


ドキドキしながら20分ほどかけて高いところまで登ったら、あとは滑車で一気に滑り降りる。

これが今までの苦労を忘れてしまうほど、気持ちが良い。

pack_convert_20120821174714.png
着地地点にはカブトムシの幼虫が育ちそうな、ふかふかの土が敷かれていた。

長男は何度か繰り返すうちに、尻もちもつかずに格好よく着地できるようになった。

しかし、私と次男は何度やっても、引きずられるように土に放り出される。

劣等感にさいなまれていた頃、後ろからかなり高齢のお爺ちゃんが、同じく引きずられるように吹っ飛んできた。


えっ、 お爺ちゃん?

何をどう間違って参加してしまったのだろうか…

よくここまで辿り着かれたものだと、私は心から感心してしまった。

するとお爺ちゃんが私に話しかけてこられた。

「いやぁ、参りました」

「どうされたんですか?」

「高校生の孫が喜ぶだろうと連れてきたんですよ。そしたら、18歳以下だから保護者が必要だと言われましてね」

「あんなに大きいお兄ちゃんなのに?」

「ですよね。私がやらなければ、この子たちは出来ないと言われて、この年齢でやる羽目になりました」


………お気の毒としか言いようがない。

後ろを見ると、お爺ちゃんより背の高い高校生と中学生らしき立派なお孫さん。

ルールはルールなので、彼らを従えて、先頭を仕切らねばならない高齢の爺ちゃん。

自分に鞭を打って奮闘する姿は美しいものがあった。

私も弱音を吐かずに頑張らねば。

爺ちゃんを励みに最後まで頑張り、全コースを無事終えた時には、なんと3時間半が経過していた。

ダメだ… もう動けましぇん。

ご飯を作る元気はないし、外食するほどの店もない。



キャンプ歴10年。

この夜初めて、キャンプ場でカップラーメンを食べた。

多少なりとも料理にこだわりがある私は、インスタントラーメン等ほとんど食べないのだが。

心地よい疲れとカップラーメンは、抜群に相性が良かった。


他では決して体験できない冒険施設。

とてもとてもお勧めです。


出来ることなら夕飯を確保してから臨みたい。




<関連記事>
フォレストアドベンチャー 手抜きなし、大人も子どもも本気で遊べます!
「北軽井沢スウィートグラス」 サイトの感想と、傾向と対策
「北軽井沢スウィートグラス」 ハエとの格闘編
「北軽井沢スウィートグラス」 イベントの適齢期はいつだ ?
お風呂めぐり~北軽井沢キャンプ場 お勧めの日帰り温泉とカルデラ

押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
14:12 キャンプ日記 | コメント(10) | トラックバック(0)

「北軽井沢スウィートグラス」 イベントの適齢期はいつだ ?

2012/08/26
本日はキャンプ場にあるイベントについてです。

「北軽井沢スウィートグラス」の人気を支えているのは、他のキャンプ場にはない手の込んだ楽しいイベント。

お盆宿泊中にも、多くのイベントが行われていた。

どのイベントも人気で、定員100人位軽く埋まるのだから、リピーターからの評価の高さがうかがえる。


スタッフさんの努力はもちろん言うまでもないが、上手いなぁと思うことがもう一つ。

それは、参加した人にだけもらえる 非売品の缶バッチ

イベントに合わせて、デザインが一つ一つ工夫されていてとても可愛いのだ。

これ、大人でも集めたくなる。

受付のレジ横に、過去に配られた缶バッチが飾ってあるので、見てみると面白いです。



これは「ウォーターバトル」と「キャンプファイヤー」の写真。

waterbattle_dai_convert_20120821121112.jpg

campfire_dai_convert_20120821113804.jpg


金魚すくいのポイを頭に付けて、森の中で本気の水鉄砲バトルなんて楽しそう。

インディアンの曹長に会える、大がかりなキャンプファイヤーも夏の夜にいいね。

次男は参加したくてうずうずしている。

しかし一人での参加は心細い様子。


その気持ち、分からなくはない。

ここはグループ参加が多いので、たった一人での参加はちょっと居心地が悪い。

お守に兄も付き合ってやれと言っても、中2の長男はてこでも動かない。


その気持ちも、分からなくはない。

ちびっことの水鉄砲バトルは中2男子には屈辱だ

だろうね…

ウキウキ参加されても怖い。


スウィートグラスのイベントは小学生までが限界だ。

大人びた高学年女子でも無理だろう。

羞恥心なんて置いておいて、割り切って楽しんだもの勝ちなんだけどな。

繊細な少年たちのプライドのせめぎ合いで、何故だか私がイベントに付き合う羽目になった。


もちろん私は、水鉄砲を持って本気ではしゃげる大人だ。

ハイジのブランコも、気持ち悪くなるまでガンガンに漕いでやった。

アスレチックも一通りやらねば気が済まない。

水鉄砲くらい、軽く付き合いますよ。


そう思って行ったはいいが、他の親の方がやる気満々だった。

かなりの肌寒さの中、衣裳は水着にラッシュにビーサンじゃないか。

慣れた人はがっつりレインコートを着ている。

輪になり作戦を練っている兵ども。

ダメだ…


ウキウキ度合いも、やる気度合いも、全く勝てる気がしない。

   ・
   ・
   ・

山の天気は変わりやすい。

こんなに楽しみにしていたのに、急に雷鳴が鳴り響き、大雨が降り出した。

危険回避の為イベントは開始早々中止となり、料金は返金されることになった。

残念だったね…

なんて言いながら、次男も私も少しほっとしている。

私たち親子はいつも、中途半端に気が弱い。

色んな意味で、ハードルが高いイベントだった




<関連記事>
「北軽井沢スウィートグラス」 サイトの感想と、傾向と対策
「北軽井沢スウィートグラス」 ハエとの格闘編
「ルオムの森 スウィートグラスアドベンチャー」 忘れられない思い出作れます。
お風呂めぐり~北軽井沢キャンプ場 お勧めの日帰り温泉とカルデラ

押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
13:03 キャンプ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。