02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

細川ガラシャ夫人 / 三浦 綾子

2014/03/31
細川ガラシャ夫人〈上巻〉 (新潮文庫)細川ガラシャ夫人〈上巻〉 (新潮文庫)
(1986/03/27)
三浦 綾子

商品詳細を見る
細川ガラシャ夫人〈下巻〉 (新潮文庫)細川ガラシャ夫人〈下巻〉 (新潮文庫)
(1986/03/27)
三浦 綾子

商品詳細を見る

明智光秀の娘として何不自由なく育てられた玉子は、16になった時、織田信長の命令で細川忠興のもとに嫁ぐこととなった。

女性が男性の所有物でしかなく、政略の道具として使われた時代に、玉子は真の人間らしい生き方を求めて行く…。

実の親子も殺し合う戦国の世にあって、愛と信仰に殉じた細川ガラシャ夫人。

その清らかにして熾烈な悲劇の生涯を浮き彫りにした著者初の歴史小説。



戦国の世を生きた女性を主人公とした歴史小説は多い。

その多くは男性作家の手によるもの。

三浦綾子さんの「細川ガラシャ夫人」は、戦のシーンがほとんどないのが特徴的だと思う。

視点は城の奥の間に定め、そこから見た戦国時代は、政略の道具として扱われた女の哀しさが浮き彫りになるようです。


また、ガラシャ夫人の名前を聞く機会はあっても、詳しいことは何も知らなかったので驚くことばかり。

豊臣秀吉も好色ジジイにしか見えなくなってしまった…^^

今までとは違った角度から戦国時代を見れ、とても面白い作品でした。



美し過ぎる妻を案ずるあまり、嫉妬深い夫:細川忠興は、城から妻が出ることを禁じていた。

父、明智光秀ばかりでなく、家族全員を殺されてしまった玉子(後の細川ガラシャ夫人)の孤独は増すばかり。

苦悩の日々の中で信仰に目覚め、嫉妬深くはあるがゆるぎない愛を与え続ける夫の心を理解しはじめる。

自死を禁ずるキリストの教えを守りながらも、夫のため、細川家のため、自らの命を差し出そうとする玉子。

戦国時代の華である戦略と戦の場面がなくても、たった一人の女性の生き様で全てを表すことが出来るのですね。

三浦綾子さんらしさはそのままに、女性たちの心を思うと涙が出てしまう歴史小説でした。



この作品を読む少し前に、たまたまですが、遠藤周作「女の一生」を読んでいました。

「第一部 キクの場合」は、幕府によって切支丹の人々が追われ、長年にわたり壮絶な迫害を受け続けた長崎を描いた作品。

「第二部 サチ子の場合」は長年の禁制が解かれ、信仰が許されたのもつかの間、第二次世界大戦が勃発。

命を大切にすることを深く学んできた人々にとって、殺すことはもちろん、特攻に行くことも出来ない。

愛する人を守りたい気持ちと、大切な教えとの狭間で苦しみ続けた人々を描いた作品でした。


そうか、この時代に繫がっていくのか…

夫人が大切にしてきた心が、間もなく出る切支丹国外追放令によってまた崩れてしまうと思うと、何とも悲しい気持ちになりました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
13:31 三浦 綾子 | コメント(2) | トラックバック(0)

黄金を抱いて翔べ / 高村 薫

2014/03/24
黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)
(1994/01/28)
高村 薫

商品詳細を見る

銀行本店の地下深く眠る6トンの金塊を奪取せよ。

大阪の街でしたたかに生きる6人の男たちが企んだ、大胆不敵な金塊強奪計画。

ハイテクを駆使した鉄壁の防御システムは、果して突破可能か?

変電所が炎に包まれ、制御室は爆破され、世紀の奪取作戦の火蓋が切って落とされた。

圧倒的な迫力と正確無比なディテイルで絶賛を浴びた著者のデビュー作。

日本推理サスペンス大賞受賞。



私は高村さんの小説を読む以前に、テレビや新聞で見る機会が多かったので、かなりのベテラン作家さんだと思い込んでいた。

意外にも、日本推理サスペンス大賞を受賞して注目されたのが、1990年だったのですね。

とても不思議な感じ。

選考委員に逢坂剛氏や椎名誠氏などがおられたことも面白く感じました。



銀行本店の地下にある金塊を強奪するなんて、壮大でハラハラドキドキのイメージを抱くけれど。

テクニックやスリルよりも、人物の人となりだけで読ませてくれる作品。

とにもかくにも「人」の存在感。

土台を支えるのが、これでもかと緻密に練られた銀行強盗計画だなんて。

何と贅沢な使い方。


高村さんの説明過多なのは覚悟していましたが、今回もかなり強烈だった。

こんなに細かく書いてくれたら、私でも爆弾が作れちゃうんじゃないだろうかと思ってしまうほど^^


今回の舞台が大阪の、それも北摂寄りだったので、私としてはイメージが固まりやすく比較的楽に読めましたが、

全く土地に縁のない方からすると、大変かもしれません。

万博の外周~新御堂辺りのバイクでの走行ルート、南千里のミスタードーナツ、中之島の夕暮れ。

まさにそうだと思う絶妙な情景描写は、雰囲気がとても出ていて魅了されました。


全体的に自分から光を放つような人物が登場しないにもかかわらず、テンポよく見せるのは素晴らしいと思う。

前振りが終盤に紐解かれる瞬間も、はらりはらりと解かれるようで。

もっと張り切って見せてもよさそうな場面も、常に一定の温度で保たれるから、逆に格好いいなぁと思ってしまう。

お金に困っていない人たちが、なぜ人を殺してまで金塊を狙おうとしたのか。

はっきりとは書き切らず、それまでに書き込まれた彼らの背景から、奥行きを想像するしかない。

もう一度読めば、また新たな発見がありそうな気がします。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
15:41 高村 薫 | コメント(2) | トラックバック(0)

際限なく優しいご近所さん

2014/03/15
ご近所にとても優しいお爺ちゃんがおられる。

雨の日も風の日も、小学生の登下校時をにこやかに見守ってくれているパトロールさんだ。

ゴミの日には収集場所に立っておられて、収集場所が散らからないようにマメに掃除をされている。

道で顔を合わせると、「いってらっしゃい」「お疲れさま」「気を付けてね」と、いつもいつも声をかけてくれる。


先日、資源ゴミの収集日のこと。

本来は8時までに出さないといけないが、ちょっと遅れて8時半になってしまった。

いつもなら全然間に合う時間なのだが、この日は収集車が来るのが早かった。

タッチの差で収集車を逃してしまった。


あらららら…


私は出しそびれた古新聞の束を抱えて、収集車の後姿をがっかりした気持ちで見ていた。

するとお爺ちゃんがやって来て、優しく私に言った。


「今日はいつもより早かったですねぇ。来週までそのゴミ、私が預かっておきましょう」

「え?」

「せっかく持ってきたのに、持って帰るのは大変でしょう」


なんとお爺ちゃんは、私の古新聞を自宅に運ぼうとした。



「と、と、とんでもないです!」



私は大慌てでお爺ちゃんの善意を振り切り、たくさんお礼を言って、新聞を抱えて家に帰った。



あー、びっくりした。

親切な人だとは思っていたが、まさか赤の他人のゴミを一週間預かるだなんて。

ここまで親切な人が存在するとは思いもしなかった。

一体何十年生きたら、赤の他人のゴミを預かれる器になれるのだろうか。

とてもじゃないが、私がこれから先何年生きても、その境地にたどり着くとは思えない。


お爺ちゃんはすごいのです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
15:59 気になる人 | コメント(4) | トラックバック(0)

ふくわらい / 西 加奈子

2014/03/12
ふくわらいふくわらい
(2012/08/07)
西 加奈子

商品詳細を見る

マルキ・ド・サドをもじって名づけられた、書籍編集者の鳴木戸定。

彼女は幼い頃、紀行作家の父に連れられていった旅先で、誰もが目を覆うような特異な体験をした。

その時から、定は、世間と自分を隔てる壁を強く意識するようになる。

日常を機械的に送る定だったが、ある日、心の奥底にしまいこんでいた、自分でも忘れていたはずの思いに気づいてしまう。

その瞬間、彼女の心の壁は崩れ去り、熱い思いが止めどなく溢れ出すのだった――。



初めての作家さんでしたが、とても好きな作品になりました。

主人公:定の言葉や言動にすっかり取り込まれてしまって、読むのが楽しくて仕方がなかったです。


紀行作家に連れられて世界中を旅してきた定は、父と定だけにある基準で生きてきたのかもしれない。

日本に戻って、普通に生活していても、世間の普通ができない。

垣根を取り払うことが何か、会話をすることが何か、友達とは何か、恋をすることが何か。

全てが分からないし、分かる方法も分からない定の言葉は、交わらなくても素晴らしく魅力的だった。


出会う相手の誰をも否定しない。

決して自分の物差しで測ろうとはしない。

相手そのままの姿を丸々受け止めようとする真っ直ぐさが、可愛くて美しかった。


変わり者としか思えない数々の作家たちの無理難題を全身で受け止める定。

出逢いの中で彼女の心は変化していくが(それが小説なんだろうけれど)、個人的にはこのままでいて欲しかった部分もある。

誰とも交わることのない圧倒的な清潔な世界観が本当に魅力的だったから。


ラストは突然俗っぽくなってしまったように思いました。

いわゆる小説のラストらしい形。

私としては、この作品の持つ突き抜けた感が、少しずれた気持ちがして残念でした。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
14:35 西 加奈子 | コメント(2) | トラックバック(1)

2月に読んだ本のまとめ 卒業の歌は泣けるのです

2014/03/05
4冊しか更新できませんでした。

相変わらずたくさん読めているのですが、卒業前で日々バタバタしています。

この時期になるとお別れ会だとか、卒業に関するいろんな行事が目白押し。

私は涙腺がゆるゆるなので、子ども達の卒業ソングの合唱を聞くと、涙が止まらなくなってしまいます。


幼稚園児や低学年ならまだいい。

しかし、小六だの中三の男子にとって、保護者席で号泣している自分の母親は、見るに堪えない代物らしい。

だろうな…

とりあえず、いの一番に泣くのだけはやめてくれと、二人から強く言われている。

私は今、歌やお別れメッセージが始まると、頭の中でアンパンマンを歌って気を逸らし、泣くのを必死で耐えている。


2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1713ページ
ナイス数:56ナイス

死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)感想
キャラクターあっての死神の物語。伊坂さんらしさが生きている流石の楽しさでした。特に何をするでもない。近づき話しかけて、相手が死ぬ許可を本部に出し、死亡確認をするという、ひどい仕事をしているのに。何故だか幸せな物語に思えてしまうラスト。死神なのに、優しい感覚だけが心地よく残りました。テンポの速い暴力的な伊坂さんもありですが、やはりこういう作品がしっくりくるように思います。
読了日:2月27日 著者:伊坂幸太郎

女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫)女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫)感想
一部でキクが切支丹の清吉を愛してしまったように、サチ子も教会に通う修平を愛してしまう。捨て身のキクには悲しさと、光を放つような強さがあったが、サチ子の印象はとても薄い。戦時中、親や周りの迷惑にならないように、自分の思いを心の深い部分に押しとどめて、じっと耐えている。当時日本には宗教に関係なく、家族の無事をひたすらに祈り続けたサチ子のような女性が数多くいただろう。表面上万歳と口にしながら、心の中では戦争に反対し、どうかどうか無事にと願う心。一見平凡に映るサチ子だが、彼女が辿った人生をとても美しく感じます。
読了日:2月21日 著者:遠藤周作

女の一生〈1部〉キクの場合 (新潮文庫)女の一生〈1部〉キクの場合 (新潮文庫)感想
悲しく辛い物語ではありますが、ずんと胸に残る素晴らしい作品でした。切支丹の弾圧は歴史として知っていただけで、そこに存在していた人を、個人の心として捉えたことはありませんでした。恥ずかしながら、今回この物語を読んで知ったことも多い。以前長崎の大浦天主堂等に行ったときも、何の知識もなく、観光の一つとして流れてしまっていた。これほどの深い想いを担った場所だと知り、ぜひもう一度行ってみたいと思いました。
読了日:2月16日 著者:遠藤周作

カッコウの卵は誰のものカッコウの卵は誰のもの感想
絶対的な悪人はいないのに、誰かが死に、誰かが傷ついてしまう。庇おうとすればするほど複雑に絡まる静かな殺人事件は、東野圭吾の得意とするところだなと思います。出だしはワクワクするような面白さがあったのですが、肝心な謎解きで少し失速してしまったかな。都合よく情報が流れ、東野さん特有のきちきちっと角を合わせるような収まりの良さがなかった。息抜き用に、軽く読むにはテンポよく、とても楽しい作品です。
読了日:2月10日 著者:東野圭吾

読書メーター

押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
01:51 読んだ本のまとめ | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。