04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

背の順に並びなさーい!!

2014/05/31
昨年秋に花の種を蒔くとき、念入りに準備して、計算していたものがある。

それは、バラのアテとなる切り花。

花を育てるのが好きなのですが、剪定したものを活けるのも、同じぐらい楽しみであります。

バラが咲いたとき花器に活けやすいよう、相性の良い切り花も、種を蒔いて仕込んでおきたかった。

010+(2)_convert_20140516000357.jpg 見頃を過ぎたバラで。真珠貝はピークを過ぎても愛らしい。



私がやっていることは、来年5月に咲くバラに合わせて、秋から種を蒔けるように、夏に種を注文するという、ずいぶん気の長い話。

花の種のカタログを見ながら念入りに検討し、バラの相手用に背の高い切り花を3種類選んだ。

白はカスミソウではつまらないので、上品で華奢な花びらのオルレア ホワイトレース。

挿し色のブルーは、優しい色味のデルフィニウム。

花色がライムグリーンという珍しい品種、ブプレウルム。

他にも花壇用に草花多数。

それらをどうやって植えるか、花が咲く姿を想定して庭のデザインを決めるのは、とても楽しかった。


夏の直射日光を嫌うヒメシャラの木の根元を守るように、木の根元から背の高い順に植え付けよう。

色のバランスを考えながら、背の高いものから順番並べると…

1番 デルフィニウム / 青色 / 草丈80~100㎝

2番 ブプレウルム / ライムグリーン色 / 草丈70㎝

3番 ホワイトレース / 白色 / 草丈60~80㎝

4番 ネメシア / 薄紫色 / 30~40㎝

5番 ノースポール / 白色 / 20㎝強

6番 ロベリア / 紫、青、白、水色 / 20㎝


か、完璧だ。

これでヒメシャラを守れるし、夏の切り花にも不自由しないし、足元を華やかにする草花も可愛い。

いい感じでグラデーションがかかっていて、春から夏まで涼しげな一角になるだろう。

すべての種が上手く発芽してくれ、3月には意気揚々と背の順に植え付けた。


そして花の見ごろ、今。

思い描いていた姿とは程遠い。

017+(2)_convert_20140517172303.jpg


白しか見えへんがな


原因は、3番目のホワイトレースと5番目のノースポールが、強靭な生命力で他を圧倒しているから。

春先、この2つがものすごい勢いで伸び始めた。

そして、その陰になってしまった周りの花は、身を小さくして、気が弱そうにヒョロヒョロ咲いている。


可哀想に。

控えめなネメシアは3色、計9株あるはずなのに、とても外からは見えない。

020_convert_20140515233205.jpg


私が大好きなブプレウルムは瑞々しくて可愛いのですが、これは掻き分けて苦労して撮影したもの。

029_convert_20140515225453.jpg

実際はホワイトレースの後ろで、全く見えない。

030_convert_20140515233246.jpg


そして一番背が高いはずの、デルフィニウムはどこへ行った!?

探してみると、ホワイトレースの奥の、ブプレウルムの更に奥深く、ヒョロヒョロのデルフィニウムらしき蕾を発見。

80~100㎝に成長するという触れこみだったのに。

キミは気が弱いんだねぇ。

日の当たらない奥深くで、もそもそしていたのか…

032_convert_20140515233308.jpg


改めて調べてみると、デルフィニウムは他に負けやすいらしく、単体で育てないと伸びないらしい。

来年は対策を練るとして、今年はこの純白で乙女チックな花壇と付き合うしかなさそうだ。




006+(2)_convert_20140515225617.jpg


ホワイトレースの見た目からは、柔らかい雰囲気をまとった華奢な印象を受けるけれど、

他のなにもかもの場所と光と栄養を奪って、ぐんぐん太陽に向かって伸びていく圧倒的な強さがあった。


花も人間と似ているのかも。




華奢で美しい人が、意外と強くて驚くことがある




押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
21:43 庭の話、花の話 | コメント(2) | トラックバック(0)

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

2014/05/28
「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―
(2012/02/01)
宇津木龍一

商品詳細を見る

やけど治療から生まれた全く新しいスキンケアを紹介。

目からウロコの美容新常識です!

用意するのは純石けんとワセリンだけでOK。

乾燥肌、オイリー肌、シミもくすみもどんどん消えていく「水洗顔」法で、肌本来の力を引き出します! 内容紹介



以前から気になっていた本なのですが、図書館で一年待ちでした。

肌に関して悩みは尽きないものですが、こういう「なんにもいらないよ」的なシンプル本があるととても気になります。

あまり化粧映えしないので、普段からがっつりと化粧はしていない。

フルメイクをしたら印象が強すぎるようで、頑張った感がどことなく漂ってしまうのです。


マスカラ等手のかかることは毎日しない。

美容液、上等な化粧下地、それにコンシーラーもしない。

専業主婦のごく普通のメイク。

それでもくすみは消したいし、たれ目をネコ目にしたい欲はある。

口角だって上げたいし…

あれ?

控えめだと思っていたが、なんだかんだ手をかけている自分に気が付く。

少しでもよく見せたい願望は、永遠なのだろう。


だけれど、肌の中で顔が一番荒れているようには、以前から感じていた。

毎日毎日、太陽光にあたって、風にあたって、クレンジングをして、洗顔で擦って、化粧品を塗り込む。

そりゃあ、荒れるわな。


宇津木流の美肌への道は驚くほど簡単です。

とにかくやることは何もない。

化粧をしない、洗顔料で洗わない、化粧水も、クリームも、何にもつけない。

これでは本に書くことなんて一冊分もなかろうに…と思う程、することがないのです。

今まで当然だと思ってきたことを、きれいさっぱり忘れる。

化粧をしない勇気を持てるのかが、全てのような気がします。


確かに化粧をしないでいれたら、肌は綺麗になるだろう。

だけど、少しは綺麗に見せたい欲はどうしたら良いのだろうか…

アイメイクはポイントならOK。

口紅も一種類だけ。

眉と簡単なアイメイクだけでもすると、少しは気が落ち着きます。

それでも肌には何もつけないので、血色、肌の質感に、不安がかなりある。

最初は粉のファンデーションを薄くつけてもいいと書かれていますが、一度塗りだすとつい重ねてしまう。

重ね癖が付いていることを痛感します。



本に書いている通り、何にもしない生活をはじめてみた。

化粧水もクリームもつけないのだから、最初はごわごわします。

突っ張るというより、もしょもしょと痒い。

かゆいなと思って触ると、肌の余分な部分が少しはがれます。

ぽろぽろとはがれている内に、次第に毛穴が小さくなっていることに気が付きます。

肌のぼこぼこした感じがなくなって、するりとしている。

でもでも。

まだ化粧した方が自信が持てる。

今、勝負事をしたら負けてしまいそうな気弱な気持ち。

自分に自信が持てません…

道で友達にあったら、ちょっと隠れてしまいたいぐらい。


個人差があるようですが、半年もすれば多くの人の肌トラブルは解決するらしい。

確かにまだ初めたばかりでも、肌の調子が良くなってきているのは実感できます。

ただ残念なことに、ある程度まで肌の質感が整いだすと、化粧をしたい気持ちがムクムク。

これからは、化粧をしたい欲と自分が戦えるかが、分かれ目なように思います。




さて、現在半年経過しました。

結論から言うと、化粧を全くしない生活は出来きれていません。

この日差しの中、日焼け止めを塗らないでいることは、どうしても不安だからです。

今の私は、日焼け止めを塗って、薄く粉のファンデーション、眉、軽いアイメイク、口紅を使用し、夜は石鹸で落としています。

化粧水やクリームは使用せず、必要に応じてワセリンを使用。


肌は綺麗になったと思います。

皮膚のごわつきがなくなったので薄くなったように思いますし、毛穴はほとんど目立ちません。

あと、クレンジングを止めたことが一番大きいようで、粉吹きもなくなりました。

ですが、フルメイクの方が、若く見えたり、綺麗に見えたりするのかもしれません。

本に書いてあるほど、何もかもすべて上手くいくようには思いませんが、シンプルなメイクは気持ち良くて快適です。


想定外に良かったことが一つありまして、それは、お金が減らないこと(笑)

化粧水、乳液、化粧下地、クレンジング、洗顔フォーム、マスカラ…何にも買わないのだもの。

そりゃ差は出ます。

いざという時だけきちんとメイクをして、普段は軽めのメイク。

全ての化粧品を手放すことは無理ですが、自分のサイズで気楽に付き合う分には楽しい方法です。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
11:55 雑学、その他 | コメント(10) | トラックバック(0)

ロスト・ケア / 葉真中 顕

2014/05/26
ロスト・ケアロスト・ケア
(2013/02/16)
葉真中 顕(はまなか・ あき)

商品詳細を見る

社会の中でもがき苦しむ人々の絶望を抉り出す、魂を揺さぶるミステリー小説の傑作に、驚きと感嘆の声。

人間の尊厳、真の善と悪を、今をいきるあなたに問う。

第16回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。 内容(「BOOK」データベースより)



そうか、この作品はミステリなのか。

介護の問題を丁寧に描いた作品であるが、ミステリを読んだという気にはならなかった。

トリックとしてはあまりにも陳腐なので、その辺りには目をつぶって読んだ方が良いと思う。

特にミステリという看板を背負わせず、介護を伝える読み物としてなら、高校生ぐらいにもお勧めできる作品です。


介護の問題は、語る人の立ち位置によって変わってくるものだと痛感しました。

介護される人の尊厳を語ることが出来るのは、有料老人ホームに親を入れることが出来るような安全地帯の人。

日々ギリギリのところで介護をしている人にとって、「人間の尊厳」と声高に言われても、どうすることもできない。

大切さは心底分かっていても、現実問題、そこまで心に余裕を持てない。


介護のために仕事をやめなければならない人。

日中介護が必要だと分かっていても、お年寄りを一人残して、外に働きに行かねば生活できない人。

暴れてしまったとき、縛らなければどうにもならない瞬間もある。


優しくなどなれない。

殺してしまうかもしれない。

ギリギリの生活をしている人に、安全地帯からものを言うことができるのだろうか。


この作品では、人の尊厳、介護者の生活、心の問題、ヘルパー業の苦悩、多くのことが問題定義されている。

安楽死を認める国があり、認めない国があり。

考えさせられることが多くありました。

自分ならどうすることが出来るだろうかと。


望まれての安楽死と、他人が判断した安楽死では、全く意味合いが異なってくる。

そういう意味で、物語で行われる罪を支持する気持ちにはなれないが、救われたと感じる人もきっと存在するだろう。

タブー視することなく考えることは大切。

ラストはピントがぼやけてしまい物足りなくもありますが、読みやすいので介護を知るきっかけにいいと思います。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
21:32 は行 その他の作家 | コメント(2) | トラックバック(0)

豊臣秀長―ある補佐役の生涯 / 堺屋 太一

2014/05/24
豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈上〉 (文春文庫)豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈上〉 (文春文庫)
(1993/04)
堺屋 太一

商品詳細を見る

豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈下〉 (文春文庫)豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈下〉 (文春文庫)
(1993/04)
堺屋 太一

商品詳細を見る

豊臣秀吉の三歳違いの弟・秀長。

史上類を見ない膨張を続けるその組織のなかで、経歴からいっても実績からいっても、万人が認めるナンバー2の存在。

しかしながら、自らの働きを誇ることなく、常に脇役に徹したまれにみる有能な補佐役であった。

激動の戦国時代にあって天下人にのし上がる秀吉を支えた男の生涯を描いた異色の歴史長篇。

内容(「BOOK」データベースより)



著者の作品「秀吉-夢を超えた男」を読んだ際、ストーリーの面白さはもちろんですが、弟・秀長に目を奪われてしまった。

秀吉の小説なのに、補佐役・秀長の圧倒的な存在感ったら。

既に堺屋さんの秀長贔屓が感じられました。

この作品は秀長を中心に描かれた作品で、歴史小説でありながら、現代に繫がるサラリーマンの美学のようなものを感じます。


物語の主人公が補佐役なので、歴史小説の醍醐味である戦のシーンは少ない。

絶対に必要な世の中の流れは説明しつつも、あくまでも視点は秀長サイド。

派手な戦のシーンを求める方には、少し退屈に感じられるかもしれません。


秀長を表すために、当然のこととして戦国の流れを説明する必要があり、時に説明が流れてしまう印象を受けます。

織田信長指揮のもと秀吉が動き、秀吉の指示で秀長が動くのだが、秀長からは全体は見えない。

見えない中で自分の立場をわきまえ、想像し、ひたすら兄を支えることに徹する。

素晴らしく恰好のいい男。

先に「秀吉-夢を超えた男」を読んでいたので、話が重なる部分もありますが、とても面白かったです。


秀長が残した功績はあまりにも大きい。

また、秀長が亡くなってからの秀吉の衰退ぶりから見ても、秀長が補佐役として素晴らしい腕を持っていたことも想像できる。

想像できるが、秀長を記した書があまりにも少なく、謎が多いのだそう。

補佐役に徹するため、あえて表舞台に出ないようにしていたのだろうか。

分からないことも多いが、気苦労が絶えなかったであろう立場の男が、影となり仕事に徹する姿は美しい。




押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
10:00 堺屋 太一 | コメント(2) | トラックバック(0)

「フォレストパークあだたら」 繁忙期には個別サイト

2014/05/22
更新が遅くなってしまいましたが、今さらながらGWのキャンプの話です。

GWは、またまた「フォレストパークあだたら」に行ってきました。

「フォレストパークあだたら」:福島県安達郡大玉村玉井字長久保68

日時:2014年5月 GW 2泊3日

天候:晴

サイト:個別サイト

032_convert_20140517010535.jpg この道もキャンプ場内、ゆとりがあります。


最初このキャンプ場を選んだのは、出来るだけ福島に行く機会を持とうと思ったから。

しかし最近は、ここを上回るキャンプ場が思いつかないから、気に入っているから、つい予約してしまう。

このキャンプ場の良さは、繁忙期で全て満室だったとしても、エリアが広いのでゆったりと過ごせるところ。

子どもの学校の都合で、GWやお盆など一番混む時期にしかキャンプが出来ないので、とてもありがたいのです。


サイト間には美しい木々が立ち並び、お隣さんが全く気にならない。

個別サイトとグループサイトを分けているので、静かにキャンプがしたい私達にはぴったり。

温泉も9時までなら自由に無料で入れて、繁忙期の割には混雑具合もマシな方だと思う。

炊事場はスペースに余裕があり、しっかりお湯が出て、屋根付きなので雨の日も安心。

それから、常磐自動車道が使える立地なのも重要ポイント。

空いている時期なら東北自動車道で行くのだが、GWの東北道は渋滞が恐ろしいので避けたい。

少し遠回りをしてでも常盤を使うと、比較的ストレスなく行くことが出来ます。

これらの理由から、超繁忙期にキャンプをするなら、「フォレストパークあだたら」になってしまいます。



だがこのキャンプ場、いいことずくめではない。

過去2回、ひたすら風との戦いだった。

ウェザーマスターなので風には強いから大丈夫、なんて思っていたら甘い。

風で折れた木が上から降ってくるわ、隣からヘキサが舞ってくるわ、毎回大騒動になります。

今回も長めのペグを多めに用意し、設営は お洒落、使いやすさや<強固な守り を優先し、がちがちに固めました。

その甲斐あって、突風の中でも、テントは余裕で安定していた。


だけど火が飛ぶ。

薪派の我が家ですが、団扇なんて全く出る幕がないほどの風で、一瞬で着火し、轟々と燃えている。

お隣さんとは距離があり、また我が家が風下だったので、ご近所さんへ火が飛ぶことはなかったのですが、

ものすごい勢いで火力が強くなるので、料理が、料理が…

焼き鳥なんて一瞬で丸焦げになるので、バーベキューなど忙しくて座っていられない。


そして、ここに来るなら、ヘキサも扱いが大変です。

2ルーム+ヘキサを張りたいところですが、何度補強をしてもペグが風の力で抜けてしまうので、かなり低くしないと難しい。

スクリーンタープ単体、それもワイドタイプなど大きいサイズのものは大変そうでした。

裾を狭い間隔で留めれないので、スクリーンタープが風を含んで持ち上がってしまう。

今回もいくつかのスクリーンタープが、ひっくり返っていました。



毎回大騒動になるんだけど、これこそがキャンプのような気もします。

風がようやく弱くなった夜、空を見上げると満天の星。

自然は美しい。

それ以外の言葉が思い浮かばない。

GWに桜の花びらが舞う、美しくて長閑なキャンプ場です。

028_convert_20140517165232.jpg


034_convert_20140517165209.jpg


売店で販売されている無添加の美味しいリンゴジュース。
大小2サイズあり、いつもお土産に購入しています。
[りんご100% 添加物なし]ほっぺくん 福島県羽山高原 りんごジュース 1000ml[りんご100% 添加物なし]ほっぺくん 福島県羽山高原 りんごジュース 1000ml
()
羽山高原ジュース

商品詳細を見る

押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
00:01 キャンプ日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。