01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

本を読む女 / 林 真理子

2015/02/25
本を読む女 (新潮文庫)本を読む女 (新潮文庫)
(1993/03/02)
林 真理子

商品詳細を見る

万亀は本を読むのが好きなだけの平凡な女の子。

しかし突然の父の死と戦争の始まりによって、彼女の人生は否応なく時代の流れに巻き込まれてしまう。

進学、就職、結婚という人生の岐路において、常に夢や希望を現実に押しつぶされつつも、読書を心の支えに懸命に自分の人生を生き抜いた万亀。

著者自身の母親をモデルに、一人の文学少女の半生と昭和という時代を描いた力作長編小説。 内容(「BOOK」データベースより)



ストレートなタイトルに目が行き、軽い気持ちで借りてきたのですが、期待以上の奥深い作品でした。

大正時代から始まる物語で、山梨の田舎の少女が主人公。

デビュー作「葡萄が目にしみる」の、山梨から都会に出ようとしていた林真理子さんを思い起こしながら読んでいました。


大正時代。

次第に戦争へと日本が向かい、女性は就職、結婚、家族のため、自分の意思をまげて暮らしていかなければならない。

自分の思うように生きることができたのなら。

主人公はいつも願っているのだが、その度家族に引き戻され、何度も道を諦め唇を噛んでいる。

もどかしさを抱えながらも、夢を一つ一つ諦め、それでも逞しく生きていく姿がありました。


各章のタイトルのつけ方が素敵で印象に残ります。

「赤い鳥」、「放浪記」、「万葉集」、「斜陽」…

小説のタイトルが使われているのですが、内容と見事にリンクして美しい。

格好いいなぁと思っていました。


読み終わってようやく、主人公の万亀は林真理子さんのお母さんだと知りました。

そういうことだったのか…

都会に対する強い憧れ、文章能力が秀でた頭の回転の良さ、内に秘めた意志の強さ。

雰囲気が似ていると思いつつ読んでいたのですが、お母様だったのですね。

母があの時やり残したことを、林真理子さんがタスキを受け取り、期待以上に夢を叶えているかのよう。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
21:37 林 真理子 | コメント(4) | トラックバック(0)

首折り男のための協奏曲 / 伊坂 幸太郎

2015/02/18
首折り男のための協奏曲首折り男のための協奏曲
(2014/01/31)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。

胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々!

「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え、「合コン」では泣き笑い。

黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。

技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。 内容紹介



あとがきによると、この作品は今までいくつかの雑誌に書いた短編を、緩やかに繋がるように編集されたそうです。

読み終わって少しハテナが頭に残っていたので、こういう説明をしてもらうと分かりやすい。


過去の作品に出てきた登場人物が出てきたり、前編と繋がっていたり、全く繋がっていなかったり。

連結短編ではないけど、伝えたいもののイメージが一定の法則で流れている。

不思議な作りだなと思っていました。

仕掛けが巧妙な伊坂さんの作品だから、もっと他に狙いがあるんじゃないかと、あちこち探って読んでいました。


どの作品もなかなか素敵。

クワガタの話は最初無意味ないじめに救いのなさを感じたのだけれど、まさかクワガタから神様まで展開するとは!

どの話も入口が突飛で、だけど出口も意外なところにあって、出口から出された読み手が一瞬キョトンとしてしまう。

何度もその繰り返しの中で、いかにもな可笑しさがツボに入りました。


今までの作品は、テンポが良くて一気読みしてしまうものが多いですが、この作品はのんびりと読む心地よさがある。

ずば抜けた面白さはありませんが、ちょっと変化球でくすっと笑ってしまう。

また読み返しても、きっと楽しいだろうなぁ。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
11:16 伊坂 幸太郎 | コメント(2) | トラックバック(0)

6時間後に君は死ぬ / 高野 和明

2015/02/13
6時間後に君は死ぬ6時間後に君は死ぬ
(2007/05/11)
高野 和明

商品詳細を見る


「六時間後に君は死ぬ」。

街で出会った見知らぬ青年に予言された美緒。

信じられるのは誰なのか。

「運命」を変えることはできるのか。 内容(「BOOK」データベースより)




「ジェノサイド」など高野さんの作品はとても面白いのだけれど、描写が激しい場合もあり、子どもに読ませるには少しためらってしまう。

そんな時、読書ブログの方から息子にとお勧めいただいたのが、この作品です。

読んでみてびっくり。

高野さんの良さはきちんと保ちつつ、学生にも安心して読ませることができる楽しい作品でした。


未来、それも非日常的な危険な未来が読めてしまう主人公。

オカルト的になりそうな設定だが、不思議とそのような要素はなく、気が付けば心がふんわり暖かくなるような優しい物語ばかり。

ミステリ要素がある連結短編は、外れなく気軽に楽しめていいですね。

主人公の穏やかさが心地いい。



いいなぁ。

中高生にもお勧めできる作品です。

お勧めいただいてありがとうございました^^


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
09:44 高野 和明 | コメント(2) | トラックバック(0)

老人と海 / ヘミングウェイ

2015/02/07
老人と海 (新潮文庫)老人と海 (新潮文庫)
(2003/05)
ヘミングウェイ

商品詳細を見る

キューバの老漁夫サンチャゴは、長い不漁にもめげず、小舟に乗り、たった一人で出漁する。

残りわずかな餌に想像を絶する巨大なカジキマグロがかかった。

4日にわたる死闘ののち老人は勝ったが、帰途サメに襲われ、舟にくくりつけた獲物はみるみる食いちぎられてゆく…。

徹底した外面描写を用い、大魚を相手に雄々しく闘う老人の姿を通して自然の厳粛さと人間の勇気を謳う名作。

内容(「BOOK」データベースより)



ずいぶん昔に読んだときには、老人がカジキマグロと格闘する精神力のようなものを感じたと思う。

残っている印象は、男のロマンの物語。

だが今回思い出せないほど久しぶりに読んでみて、老人が幸せに見えてしまってしょうがなかった。

私も歳を取ったのだな…^^


誰に何と言われようと、自分ができることは海に出ることでしかなく。

結果を出さなければとやかく言われるが、いったん海に出てしまえば、人目も届かない自分と魚だけの孤独な世界。

老人は人生をかけて戦ってきた魚と対話をし、男と男の勝負を挑む。

体がぼろぼろになって得たカジキマグロだからこそ、敬意をもって美しい姿で港に連れて帰りたいと奮闘する。

延々と続くカジキとの対話に、精神がどこへ向かっていくのか、こちらも引きずられそうになる。


心の美しい少年がいなければ、ものすごく悲しい物語になってしまうのだけれど、

老人の価値を変わらず尊いものだと感じてくれる少年の涙に、読み手の私が癒されました。

それこそ老人が海を取り上げられ、老人ホームで暮らすことになれば、もっと楽だろうが幸せを感じることはないのだろう。

生きているのだなと思う。

しっかり強く太く、自分の人生を生きている。

「楽なことが幸せではない」という言葉が好きなのですが、ぼろ布のようになって横たわる老人が、とても美しく幸せに映りました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
15:11 海外の作家 | コメント(0) | トラックバック(0)

2月に読んだ本のまとめ 明日は雪…

2015/02/04
夕方の天気予報。

東京は明日の夕方から、雪がかなり降りそうだと言っている。

受験期に重ならないといいなと思っていましたが、明日はついに降ってしまうのか…

もうすぐ最終日なのだから、もう1日ぐらい待ってくれてもいいのに、と思ってしまう。

ちなみに昨年2月4日、我が息子は高熱を出して保健室受験をしていました…(。-_-)ゞ

雪で交通の混乱がありませんよう、どのお子さんも無事に会場に到着できますよう、心から祈っています。


2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1325ページ
ナイス数:64ナイス

夜の国のクーパー夜の国のクーパー感想
伊坂さんの作品は、根本的な設定をくるんとひっくり返してしまうような緻密なトリックが特徴的。最初の、本当に最初の基礎の部分で、読み手を完璧にだましてしまう。この作品も最後にくるりとひっくり返す。その楽しさがいいなぁとにんまり。ただ、今回は、いつものようなかちりと完璧な収め方ではなく、その結末までふんわりぼかしている。ラストで曖昧な表現を、意図的に使っているようにも見えました。いつもの気持ちよく笑わせてくれたり、いい感じで騙してくれたりする作品の方が好きですが、この作品もまた奥深いものがありました。
読了日:1月29日 著者:伊坂幸太郎

阿修羅のごとく (文春文庫)阿修羅のごとく (文春文庫)感想
あらすじだけでは「渡る世間は鬼ばかり」を思い起こしますが、向田さんの作品はさらりと美しい。家族でありながら心の中を見通せるわけではない。どれだけドロドロした血縁関係であっても、俯瞰で描写されているので、すとんと内容が入ってきます。自分が三姉妹なので、とても伝わるものがありました。女同士って厳しいんだよねぇ。永遠にライバルなのかしら。日頃は一番手厳しい間柄なのに、ピンチとなると絶対的な味方に変身。根底での愛情の深さが温かかった。
読了日:1月17日 著者:向田邦子

検察側の罪人検察側の罪人感想
かなり感想が難しい物語のように思います。この本が面白いかとうかといえば確実に面白い。だがあまりにも強引な展開に、心が伴いきれない部分もありました。根本的に、この事件で殺人を犯すだけの理由は本当にあったのか、そこがどうしても疑問に残ります。経験を積んだ検察側のエリートが、証拠捏造、殺人、ここまでするだろうか。大切なものすべてを犠牲にしてまで、一線を越えてしまうとは。 周りの設定がしっかりしている分だけ、若干偏り気味の走り方が残念。それでも、検察側の後輩が検察を辞めてまで真実をあばくくだりはとても面白いです。
読了日:1月13日 著者:雫井脩介

読書メーター

押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
19:33 読んだ本のまとめ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。