06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

想い雲―みをつくし料理帖 / 高田 郁

2015/07/23
想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
(2010/03)
高田 郁

商品詳細を見る

土用の入りが近づき、澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませていた。

そんなある日、戯作者・清右衛門が版元の坂村堂を連れ立って「つる家」を訪れる。

澪の料理に感心した食道楽の坂村堂は、自らが雇い入れている上方料理人に是非この味を覚えさせたいと請う。

翌日、さっそく現れた坂村堂の料理人はなんと、行方知れずとなっている、天満一兆庵の若旦那・佐兵衛と共に働いていた富三だったのだ。

澪と芳は佐兵衛の行方を富三に聞くが、彼の口から語られたのは耳を疑うような話だった―。

書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第三弾。 内容(「BOOK」データベースより)



最近定期的に読んでいるシリーズ本で、かさばらず薄くて、図書館の予約待ちもないので、軽い外出にぴったりです。

見た目は時代小説ですが、テーマはあくまでも料理なので、さほど小難しくはない。

いつでも気軽に手にとれて重宝しています。


この作品の料理の描写は、私にはたまらなく懐かしいものばかり。

大阪で料理人として修業をしていた澪が、江戸へ出てきて包丁をふるうのだが、日々戸惑うことばかり。

味を江戸の人に認めてもらえない悔しさ、材料がそろわない歯がゆさ。

分かりやすいほどの困難を前に、性格の良さと、気の利いた登場人物の支えで乗り切る、勧善懲悪的な心地よさ。

この巻で扱われた「鱧」が、私には特に嬉しい。


いつかテーマになるのではないかと、ひそかに楽しみにしていたぐらいです。

実家では母が鱧の骨切りをして普通に夕食に出してくれていたのですが、結婚してそれは普通のことではないと痛感しました。

細かな骨切りなんて出来ないし、美味しい鱧を扱っているようないい魚屋さんに、日頃から通ってなどいない。

結局自分で挑戦することがないまま、東京に永住してしまった。

今となっては下手でもいいから自分で挑戦しておくべきだったなと思います。


この作品の中には、鱧だけでなく昆布や大和芋など、関西人のこだわりが詰まっている。

懐かしくて、描写が美しくて、あまりストレスが感じられない優しい展開。

当分ゆるりと楽しませてくれそうです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
スポンサーサイト
15:29 高田 郁 | コメント(9) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。