09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

キネマの神様 / 原田 マハ

2013/01/17
4163277307キネマの神様
原田 マハ
文藝春秋 2008-12

by G-Tools

四十を前に、突然会社を辞めた娘。

映画とギャンブルに依存するダメな父。

二人に舞い降りた奇跡とは―

壊れかけた家族を映画が救う、奇跡の物語。 内容(「BOOK」データベースより)



最近話題の作家さんですね。

初めて読みましたが、とても性格の良い、真っ直ぐなストーリー。

映画好きな人が思わずニンマリしてしまう言葉選びが楽しいです。

作品を知らなければ伝わらないような場面では、「ニュー・シネマ・パラダイス」や「フィールド・オブ・ドリームス」など、定番中の定番を選択。

映画にそれほど詳しくなくても、置いてけぼりにならない配慮もあります。


ギャンブル依存症の父の借金の肩代わりばかりしてきた四十目前の娘。

地位も年収もあったのに、悪意にはめられ失業してしまう。

頼れるのは、借金を抱えた両親、のみ。


重い設定の割には、沈み込むシーンはわずかで。

軌道に乗り出したら、物事はコトコトと明るいほうへ導かれていく。

世の中そんなに単純にはいかないぜ、と突っ込みたくもなりますが、楽しませ方はとても上手。


冒頭の雰囲気からは、作品はいかようにも傾く可能性を見せていた。

それが最終的に、父の心温まる友情話に繋がっていくとは。

シネコンにはない映画館の魅力を存分に教えてくれ、心を温かくしてくれる物語です。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
14:48 原田 マハ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ゴロちゃんさん

今晩は。

「キネマの神様」、読みましたよ。
なかなか胸が熱くなるお話でしたね。
自分のブログにも感想書きましたので見にきて下さい。

私、このお話は父親が自分の人生を取り戻す話だ、と思ってましたが、ゴロちゃんさんの投稿を見て、語り手である歩も人生を取り戻したんだと思い至りました。

良い本をご紹介頂き、いつもありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。
Yoshi-T さまへ
こんにちは。
そういって頂けて本当にうれしいです。
いつもありがとうございます。

私はへそ曲がりな人間なので、絶対ハッピーエンドになるぞ!というオーラを放つ作品を、斜めから見てしまう傾向にあります^^
そんなへそ曲がりな私も、原田兄妹は好きです。
嫌な人に出会ってしまったり、体内が淀んできたように感じるときは、こういう性格の良い作品の力を借りて浄化していますe-420

完璧に思えた娘が一度地べたまで落ち切るのはいいですね。
そこからの勢いのある盛り返しと、映画の細やかな描写と、共に立っていてとても楽しかったです。
今からYoshi-Tさまの感想読みにお邪魔させていただきます!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。