08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち / 山田 詠美

2014/07/18
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち
(2013/02/27)
山田 詠美

商品詳細を見る

ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。

澄生と真澄の兄妹に創太が弟として加わり、さらにその後、千絵が生まれる。

それは、幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。

しかし、落雷とともに訪れた“ある死”をきっかけに、澄川家の姿は一変する。

母がアルコール依存症となり、家族は散り散りに行き場を失うが―。

突飛で、愉快で、愚かで、たまらなく温かい家族が語りだす、愛惜のモノローグ、傑作長篇小説。内容(「BOOK」データベースより)



兄妹全員が幼稚園から付属の私立校に通い、センスのいいアンティークの家に住み、母の焼いた手作りケーキでお茶をする。

笑顔の絶えない、絵に描いたようなおしゃれで美しい家族。

子連れどうしの幸せな再婚。

複雑な血の繫がりを埋め合わせるよう、丁寧に重ね合わせた完璧な家族。


母が愛した長男が落雷で命を落とし、キラキラした家族の形が一気に色を失ってしまう。

美しい思い出のままで、永遠に年をとらない兄だけを愛し続ける母。

母の代わりに家族の責任を負い、家計も家事も担う姉。

死んだ兄の身代わりになろうと、自分を捨て、母のためにピエロになりきる弟。

悼む家族の輪に加わりきれない、幼い妹。


残された子ども達は、永遠に一番になることが出来ず、兄以上に幸せになることはできない。

目の前にある死を直視しないように生きてきた、家族に残ったしこり。

亡くなってしまった大切な人を、「亡くなった人」として受け入れるまでにかかる時間は、本当に長いものなのだろう。


山田詠美さんの作品は、言葉選びと描写が美しいので、どろどろとしてしまいそうな苦悩も、どこか澄んで見える。

それと同時に、澄んでいるが、心の中まで見通せた気がしない不安定さも、山田詠美さんらしいなと思う。

登場人物それぞれの語りなのに、言葉に表せない気持ちがまだまだありそうな気がする。

残された彼らには、まだ堪えているであろう淋しい部分が感じられ、なんとも胸が痛い。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
12:28 山田 詠美 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。