10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

七つの会議 / 池井戸 潤

2014/06/26
七つの会議七つの会議
(2012/11/02)
池井戸 潤

商品詳細を見る

トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。

いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?

パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。

急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、原島であった。

どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電とその取引先を舞台に繰り広げられる生きるための戦い。

だが、そこには誰も知らない秘密があった。

筋書きのない会議がいま、始まる―。

“働くこと”の意味に迫る、クライム・ノベル。 内容(「BOOK」データベースより)



あってはならないはずの不正も、池井戸さんの小説の中ではなんとも楽しい。

「7つの会議」とあるように7編に分かれてあり、覆い隠された不正が次第に暴かれていく様はわくわくします。


不正、隠蔽、人事での駆け引きは、企業物では目新しいテーマではない。

そんな中で特徴的なのは、登場人物の育ってきた環境を、細やかに描いている点だと思う。


親の期待を一身に背負った、子どもの頃から優秀だったエリート社員もいれば、

親の商売の苦労を肌で感じ、絶対に社会で成功しなければと気負う社員もいる。

不正をするも、隠蔽するも、正論を通すも、彼らそれぞれに複雑な事情があり。

非力だった青年期の描写を絡めることで、今は力を有した立派な社員を別の角度から見れ、人間ドラマとして温かさを感じます。


仕掛けは何段階もかけてあるが、人に対してはストレートな勧善懲悪なので、すっきりした読後感。

こねこねと練り込まれた作品ではありませんが、連結短編的なつくりなので、気軽に読めて気持ちの良い作品です。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
16:42 池井戸 潤 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ああ~、これもドラマでしか見ていませんが、とても惹きつけられる展開でした。
(半沢直樹もこれもドラマでしか知らなくてごめんなさい><)
ネジが関わってくるあたりがちょっと記憶で混ざってしまったんですが、日本人のし好に合ったワクワク感のある、いいストーリーだなと感じました。
エンターテイメント性、すごいなと。
ただ、・・・主人公の奥さんがあまりにも良妻賢母で家庭が円満すぎて、ドラマでは「う・・・それならもう、仕事大変でもいいよね」とか、ふっと思ってしまった私^^; そういえば半沢直樹の奥さんも、とっても理想的な可愛いやんちゃ系奥さんだったな、と、ふと思いました。
小説だったら、そんな風な違和感は抱かないのかもしれませんが、ドラマになるとちょっと作り物っぽく見えてしまうんだなあと・・・。
limeさまへ
ドラマ観ておられるんですね。
やっぱり妻はいい奥さんだったんだー^^

半沢直樹同様、原作を読んで、男性目線でも女性目線でも、それほどいい妻は出てこないのですよ。
なのに、ドラマになると、いい妻に変身!

ある意味池井戸さんの理想とする女性像を、映像スタッフに否定されているかのよう(笑)
作家さんも映像を見て、出来が評価されればされるほど、小さく傷つくことがあるのかもしれませんね。
うーーん、切ないわ。

確かにあんなにいい奥さんが家で応援してくれているのなら、多少の試練も… ありか^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。