10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ニシノユキヒコの恋と冒険 / 川上 弘美

2014/07/26
ニシノユキヒコの恋と冒険ニシノユキヒコの恋と冒険
(2003/11/26)
川上 弘美

商品詳細を見る

ニシノ君とのキスは、さみしかった。

今まで知ったどんなさみしい瞬間よりも。

女には一も二もなく優しい。

姿よし、セックスよし、女に関して懲りることを知らない。

だけど最後には必ず去られてしまう…

とめどないこの世に、真実の愛を探してさまよった、男一匹ニシノユキヒコの恋とかなしみの道行きを、交情あった十人の女が思い語る。

はてしなくしょうもないニシノの生きようが、切なく胸にせまる、著者初の連作集。 内容(「BOOK」データベースより)



以前テレビで見かけた映画の宣伝。

竹野内豊が主人公で、女性の中をするりと抜けるような飄々とした表情が似合っていた。

映画では7人の女性と恋をする設定ですが、原作では女性が10人。

連結短編なのですが、10人の女性と次々繰り返される情事は、さすがに飽きる。


女性を落とそうという気合はない。

懐にすっと入って、瞬く間に心を奪ってしまうニシノ君。

色っぽくて、可愛くて、優しくて、美しくて、身体も素敵。

だけど、他の女性に求められれば断らないし、気が付けば浮気しているし。


こういう男は素敵だけれど、愛してしまった方が負けで辛い。

どうしようもないなぁ。

いい加減諦めて、私の所で腰を落ち着けなさいよ。

喉元まで出かかっていても、怖くて言えないだろうし、言ったところで、居なくなってしまう不安は拭えない。

不安に負けた女性が自ら去っていき、一人残され寂しくなって、また次の恋へ進むニシノ君。


こういう首輪が付けられないような人は、猫みたいだと例えられることが多い。

けれど、ニシノ君はヘビみたいに感じた。

美しい男に体を変えたヘビ。

ふんわり無邪気に居場所を変えているのではなく、ほんの少し怖さがあって、肌はひやりと冷たそう。

きっと川上弘美の「蛇を踏む」のイメージが残っていたのだと思います。

なにかの化身でもいいや。

ニシノユキヒコ、どうしようもない男でも、一度逢ってみたいなぁ。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
17:13 川上 弘美 | コメント(2) | トラックバック(1)
コメント
ああ、懐かしいなぁ
私、ずいぶん前(2007年)に読みました。
ブログにも感想をアップしてた気がしたので探してみたら、ありました。
またそれが、すごく短くって。なんか笑えてしまって。
大したこと書いてないにも程があるんですが・・・
ブログを始める以前にノートに書いたものを写したということもあって。
ホンネ過ぎるところが、今となっては妙に愛しく感じられます(笑)

というわけで、勝手にトラックバックさせてもらっちゃいました。
多分出来てると思うのですが・・・承認よろしくお願いいたします。

うんうん、会ってみたいですね、ニシノ君。確かにコイツは猫じゃない。
読んだ時にヘビを思い浮かべたかどうか記憶にないのですが。
ちょっと気持ち悪いヤツだな、と感じた気がします。
しかも、なぜかホロッとしたんだよな〜。

会ったら自分がどんな反応をするのかが気になる〜
もしくは、自分がニシノ君になってみたいです(笑)
氷香さまへ
こんにちは。
トラックバックありがとうございます!

先に氷香さんの記事を読ませてもらいに行ってきました。
短い中にぎゅぎゅっといいところが凝縮された感想で、とても楽しかったです^^

普通、10人もの女性の間でふらふらしている男に興味を持つはずはないのですが…
なぜか気になるニシノ君でしたね。
不覚にも、この女性たちに共感してしまいました。

女たらしのニシノ君に嫌悪感を感じるどころか、少し触れてみたいと思わせるの彼特有の清潔感。
性の話をしていてもベールの向こうの世界で、川上さんならではの引き締まった世界が美しかったです。

ニシノ君になってみたい願望、楽しいですね。
あちこち行くところがありながら、いつも心は淋しくて。
うわぁ、妄想しただけで切ないわ^^
ニシノ君はさみしいけど、とりあえず一度でいいから、人をバンバン振り返らせる美しい容姿になってみたいです。

管理者のみに表示
トラックバック
新潮文庫 Amazonはてしなくしょうもないニシノという男の恋の話。 10人の様々な女たち。 上手い。 ほんと、川上弘美には感心させられる。 ただの女たらし、と切って捨てたいとこだけど、 こやつに惹かれる女たちの気持ちがわかる。 この切なさ。 愛じゃなくても、心に残る。 (2007.5.13)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。