08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

楽園 / 宮部 みゆき

2014/07/07
楽園 下楽園 下
(2007/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
楽園〈上〉楽園〈上〉
(2007/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

「模倣犯」事件から9年が経った。

事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。

12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。

少年は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、それを絵に描いていたという―。 内容(「BOOK」データベースより)



「模倣犯」の登場人物であるライター:前畑滋子のスピンオフ作品です。

強烈な犯人像が印象的だった「模倣犯」で、もさもさとした立ち振る舞いがあまり好みではなかった前畑滋子。

進展に引っかかりとなっていた要素が今作品では上手くはがれて、キャラクターは良い方向へ変化。

特に滋子の夫が素敵になっていて、彼女を邪魔するものも少なく、勢いが付きそうなお膳立ては揃っている。


テンポは相変わらずゆっくり。

さすがだなと思う深追い、深掘りで、これぞ宮部みゆきを読んでいるぞと思わせる遡り具合でした。


既に亡くなってしまった少年の残した絵から始まる物語なので、全体を通して悲しい雰囲気に包まれている。

ドラマティックになるのを抑えるかのような、控えめな展開。

全体を通して、近づききれない一定の距離がとられていて、外側から眺めているような気がします。

もともとファンタジックな題材なだけに、余計に踏み込みきれないもどかしさが残ります。


最初にありとあらゆる要素を盛り込む割に、あまり綺麗に拾ってくれなかったのが残念。

「模倣犯」の事件が絡んでいるのですが、結果どこで絡んでいたのかは曖昧なまま。

とても楽しいし、さすがだと思う部分が多々あるのですが、細かな種が取りきれずにもやもやが残る作品でもありました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
12:26 宮部 みゆき | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ある意味、こういうゆっくりと贅沢に自分の書きたいペースで物語を書いていける作家さんって、うらやましいなと思います。
やはり名前があまり売れていない時は、いかに読者を惹きつけるかに重点を置いてしまって、表現が姑息になったり在り来たりになったり・・・。
ここまでの大御所になればこそ、安心して自分の好きな方向性で作品をかいていけるんだろうな・・・と。
割と難解な物語へ移行していく作家さんを見ながら、いつも思います。
そういった作品はとても味わいがあってコアなファンを楽しませてくれるのですよね。
そのかわり、読むほうは感覚をものすごくオープンにして情報と作者の意図を読み取らねばならないので、なかなか片手間には読めないし、けっこう神経を使ってしまったりしますよね^^
じわじわ神の領域に入っていきそうな高村先生の新作を眺めながら、うん、いつか読むので待っていてくださいね・・と、言い訳をする日々(笑)

宮部さんの本はそこまでではないにしても、サラッと読んでスッキリ楽しめる娯楽小説とはまた違う趣があるのでしょうね。
いつかこちらも攻めてみます!
わたしとしては、とてもエンタ性の強かった『竜は眠る』が、一番好きだったなあ・・・。
またレビューと逸れたコメでごめんなさい><
いつも楽しませてもらっています。
limeさまへ
そうかそうか。
やっぱりlimeさんとお話しすると楽しいなぁ^^
私が全く気付いていない視点でした。

きちんと向き合ってくれるファンが付いているからこそ、出来ることもあるんですね。
最初は出来るだけ多くの人に読んでもらうことが目標になるでしょうから、分かりやすく足を止めてもらう為の試行錯誤があって。
そういうことが、書きたい本質から逸れる原因となるかもしれず、悩ましいのですね。

作風云々はお二人とも違いますが、この作家さんの作品が読みたくて待っている固定のファンが付いていて、更に挑戦していける土俵を自身で作り上げられたのは似ているのかもしれません。

高村薫さんは最近また、更なる高みに上られているのですね!(゚∀゚屮)屮
あちゃー、私全然追いつけてないや…
気を急いて読む作家さんではないと思って、じっくり時間のある時に向き合っているのですが、読むのが遅くなったのか、追いつく気がしません^^

宮部みゆきさんの「竜は眠る」も読めてないのですが、心の中にある「いつか読もうリスト」に数年間入れっぱなしになってます。
そろそろリストの整理をしなければ…^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。