10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

死神の浮力 / 伊坂幸太郎

2014/08/05
死神の浮力死神の浮力
(2013/10/25)
伊坂幸太郎

商品詳細を見る

おまえはまだ死なない。俺がついているから――。

ベストセラー『死神の精度』の「千葉」が8年ぶりに帰ってきました!

しかも今回は長篇、冒頭の一部を除いてすべて書き下ろし。

7日のあいだ対象の人間を観察し、「可」か「見送り」を判定。

「可」の場合8日目にその人間の最期を見届ける……。

人間界でひっそりとこんな仕事をしている死神の千葉。

クールでとぼけた彼のちょっとテンポのずれた会話と、誠実な仕事ぶりをたっぷりお楽しみください。内容紹介より



前回は連結短編でしたが、今作品はたった1人の判定をクローズアップした7日間。

「千葉」の千葉らしさはそのままに、「死神の精度」を時折絡ませながらの軽快なサスペンスでした。

登場する時代が1つなので、千葉が姿形を変える楽しさがないのは残念ですが、連結短編が2作続くよりタイプが変わっていいなぁ。

死神は今後もシリーズになりそうで楽しみです。


娘を殺したにもかかわらず、軽々と無罪になった犯人に、復讐しようとする両親。

犯人は、サイコパスと呼ばれる良心を持たない冷淡で残虐な男。

思うように操られ心を乱される両親を、千葉が緩やかにピンチから救い、不可解な言動で空気を和ませる。


全体的に本当に楽しかったと思う。

千葉の死神っぷりは今回の方が多彩で、創作の物語だと分かっていても、ありそうな気がする妙なリアルさがありました。

ただ、犯人像がサイコパスの設定だとしても、なぜそこまでこの家族に執着するのか。

いまいち伝わるものがなかった。

またサイコパス犯人像として、魅力的な見せ方でもなかったと思う。

「マリアビートル」の中学生:王子を読んだ時の不快さに似ています。


日頃から小説を読み終えたとき、最初の数ページだけを軽く読みなおすことが多いです。

伊坂さんの作品は、後半へとつながる道筋が、最初から美しく配置されていて、読みなおすと本当に面白い。

生涯何度も読みなおす作品ではありませんが、細やかな心配りが楽しく、いつも感心しています。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
12:19 伊坂 幸太郎 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ああ~、この感想を待っていたのです。
実は、ハードカバーで早々に勝手読み始めていたんですが、半分くらいでストップしているんです。
長編だと言うことで、千葉さんのこと、そっちの世界の仕組みを細かく書きすぎているために、想像で補っていた千葉さんという不思議な存在が、なんだた生々しく思えてしまって。
ふつう逆なんですけどね^^
好きなキャラは掘り下げて欲しいと思うもんなのに。
そして背景の事件と主人公が、リアルに重くて。
伊坂さんの、ハードな方の小説よりの残虐さが、この物語に入り込んでしまったというショックが少しあって。
ものがたりの描写一つ一つはすごく味があっていいんだけど、なんだろう、死に神の精度の、あのどこかあっけらかんとした世界観を望んでいた私には、辛かったというか。
いっそ、こっちから先に読んでしまえればよかったなあ~。
きっとおもしろいお話だと思うのに。
もうすこし間を開けて、また別の物語と思える頃に後半を読み直そうと思っていたんです。

どんな結末になるのか、すごく気になっていたのはたしかなんです。
ごろちゃんさんの感想で、また俄然読みたくなってきました。

ああ~、ほんとダメな読者です。ちょっと「ん」と思うと先が読めなくなるなんて。
lime さまへ
こんにちは。
大好きな死神シリーズなのに この作品は最後まで読み切れないとおっしゃっていたのが ずっと気になっていました。
limeさんがこの小説で引っ掛かっていた部分を聞いて なるほどなと思いました。

伊坂さんは意識的に、夢のある作品と狂気じみたような冷血な作品を使い分けることを、楽しんでおられるようですね。
前作はもう少しファンタジックな雰囲気を持っていたので、少し風向きが変わったように私も思います。
おっしゃるように想像力をかきたてるような世界に、リアルすぎるような描写が入り過ぎ、ポップさが減りましたね。

特に この犯人が憎たらしい( ;∀;)
伊坂さんのこの犯人像は 私も好みではありませんから、死神シリーズに入ってきたのは残念です!

確かに雰囲気が変わりましたが 後半はアニメチックな物語になって これはこれで楽しみました。
limeさんはまた違った感想になると思いますので、残り半分読む機会がありましたら、また感想教えてくださいね^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。