08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

少年H / 妹尾河童

2014/11/06
少年H(上) (講談社文庫)少年H(上) (講談社文庫)
(2012/09/28)
妹尾河童

商品詳細を見る

少年H(下) (講談社文庫)少年H(下) (講談社文庫)
(2012/09/28)
妹尾河童

商品詳細を見る

胸に「H.SENO」の文字を編み込んだセーター。

外国人の多い神戸の街でも、昭和12年頃にそんなセーターを着ている人はいなかった……。

洋服屋の父親とクリスチャンの母親に育てられた、好奇心と正義感が人一倍旺盛な「少年H」こと妹尾肇が巻き起こす、愛と笑いと勇気の物語。

毎日出版文化賞特別賞受賞作。内容紹介



とても好きな本の一つ。

息子の学校の課題図書だったので、私も久々に読みたくなり再読です。


どうして、命より大切な息子を戦場に送り出すのに、涙をこらえて万歳と言うことができたのであろうか。

戦争について学んだとき、多くの人が感じる疑問だと思う。

小学校の頃、「そう言わなければいけない時代があったのです」と、先生が教えてくれた記憶があります。


日本のかたちが急激に方向を変えたとき、本当のところ何を思い、何を不安に感じておられたのだろうかと。

多くの本を読み大人になった今も、やはり当時の人に尋ねてみたくなる。

この物語は、私が感じた多くの疑問を、妹尾少年が大人たちに問うて、答えを探してくれているようです。



「少年H」で私が特徴的だと思う点が二つあります。

一つ目は、悲惨な戦争を描いているはずなのに、冒険小説のようなユーモア溢れる物語であること。

戦争を描いた物語を読むのは大人でも勇気が要り、特に子どもたちに読ませるには、なかなか難しかったりする。

「少年H」はなんとも憎めない愛らしい少年で、物語に引き込ませるテンポの良さがある。

いたずらをしていたごく普通の少年が、少年は少年のままなのに、周りが急激に変化し、戦争へ巻き込まれていく怖さ。

本人の意思ではどうにもならない恐ろしさを、少年の目線で感じさせてくれます。


もう一つは、少年Hの家庭が、戦前から様々な外国人を交流のある、港町神戸のクリスチャン一家だったこと。

戦争前から様々な人と日常的な付き合いがあり、外国人に偏見がない珍しい家庭です。

俯瞰で見れる冷静さを持つ、争いごとを好まない父と、何にでも首を突っ込んでしまう、少々はた迷惑なクリスチャンの母。

個性的な二人もまた面白い。


軍国主義まっしぐらの中、大人たちに「なぜ?」「どうして?」と問い続けた「少年H」は、答えを得ることが出来たのだろうか。

- 戦争って一体なんだったのだろう -

もしかしたら、戦争がいかに得体のしれないものであったかを、思い知らされただけかもしれない。

それも現実だからこそ、戦争とは何かを真っ直ぐ問う、大人にも子どもにも伝わる作品なのだと思います。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
10:39 さ行 その他の作家 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。