08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ムーとたすく  / 写真集

2014/08/23
ムーとたすく (一般書)ムーとたすく (一般書)
(2014/04/09)
Ayasakai

商品詳細を見る

フレンチブルドッグのムーがくらすおうちに、“たすく" というなまえの男の子がうまれました。

ふたりは出会ったときからずっといっしょ。

兄弟のように走ったり、ケンカをしたり、眠ったり、テレビを見たり。

毎日変化するいっぴきとひとり、ムーとたすくの様子を、おかあさんであるAyasakaiさんがあたたかな目線でおさめたフォトブック。




33078098[1]

フレンチブルドックと3歳の男の子。

ただそれだけで、場所も登場人物も変わらない、二人だけの(一人と一匹か…)日常写真集。


o0480048012844723253[1]_convert_20140617230416


フレンチブルドックの怠惰な感じが可愛いです。

写真集のほとんど、寝ています。

ほぼ枕か肘掛と化して寝ているムーがあまりにも可愛くて、癒されます。

たすく君がムーにちょっとだけ触れているのがいいなぁ。

タオルを手放せない子どものように、身体の一部がいつも少し触れている。


IMG_3320[1]_convert_20140617230353

IMG_3552_L[1]_convert_20140617231027

IMG_82831[1]_convert_20140617231002



家の近所に、怠惰なフレンチブルドックがお住まいです。

家族中みんなのお気に入りで、散歩中の彼に道で会うのを、とても楽しみにしています。

たいてい散歩の行きはご機嫌に歩いていて、帰りは道でへたり込んでいる。

いくら引っ張ってもうんともすんともいわない、けだるそうな感じがたまらん。

結局、集金袋みたいに、小脇に抱えられて帰っていくのですが。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
22:51 写真集 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは。

かわいい~
どうして子どもと犬ってこんなステキな空間ができるのでしょう?
生まれた時から居るってことで、子どもも自然と家族の一員としてみるんでしょうね。
犬の「しかたないなぁ~」と思っているような表情もカワイイです!
蜩さまへ
蜩さん、こんにちは。
現在パソコンが壊れていて、そちらにコメントもできずご無沙汰していますmm

穏やかで少しレトロな雰囲気が可愛いですよね。
ほんとほんと!
しかたないなぁーって言ってるみたい(*´▽`*)

子どもが成長していくのはもちろん、犬も一緒に成長していっているようで、見てて幸せな気持ちになります。
このお宅は現在弟君が産まれたようで、優しい目で赤ちゃんを見ている写真がありました^^
No title
これは!たまらん可愛さですねえ。

ちいさな子どもにやさしい動物。
ごく自然に兄弟みたいに(ムーがおにいちゃんですね)
一緒にいるのがいいなあ。

私の子ども時代の写真を見ると、昼寝のおなかの上に猫がいましたっけ^^
ハルさまへ
可愛いですよねぇ
ヨダレが出そうな愛しさです。

ハルさん家はネコを買っておられたのですね♪
子どものお腹に乗ってるなら小さなネコのはずですが、何となくそこそこ大きなネコを想像してしまいました(*≧ω≦)

この夏も福島にキャンプに行きましたが、ハルさんに会えないかなぁ、ハナちゃんに会えないかなぁ、と思いながら歩いていました^^
なぜわかった?^^
ごろちゃん、ふたたびこんにちは。

そうです、幼いわたしのおなかにのっかっていたのは
そこそこ大きな三毛でした!
新聞も座布団も迂回して決して踏まないという、
「ほら、○○ちゃん(名前が思い出せない)を見なさい」といつもお手本だった珍しい猫でした。

福島へ今年もようこそおいでくださいました。
ハナちゃんはねえ、そろそろ一周忌なんですよー、実は。
秋が深まったら金色のマタタビ山盛りお供えしようと思います。
ハルさまへ
ハナちゃん亡くなってしまったのですか… 
私はいつか会えるような気持ちでいたので、とても残念です。
ハルさんも寂しくなりましたね。
素敵なお土産持ってお参りにきてもらったら、ハナちゃんも喜んでくれるだろうなぁ

やっぱり大きな猫ちゃんだったのですね^^
子どもに大きな猫がふてぶてしく体重を預けている姿はとても愛らしい気がします。
それにしても、座布団や新聞を踏まないようにして歩く なんて!
お利口だわぁ
扇風機のスイッチを、未だに足で入れてしまう私は、さすがにまずいかな^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。