10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

敵は大きすぎたか。 2年越しの戦い。

2014/08/08
夫が一番好きな花は、向日葵。

昨年の夏、私は夫を喜ばせようと思って、内緒で種を蒔いて育てていた。

その気合の入った向日葵を見た夫は、半笑いで言った。

「ごろちゃんの向日葵、ぼさぼさだねー」


* 昨年の向日葵

2013080701_convert_20140701114135.jpg 


確かに葉っぱが茂りすぎたのは認めるが、あまりの言い様に、当分向日葵は植えない!と恨みがましく思っていた。

しかしよく考えれば、まだ向日葵の種が残っている。

このまま種を捨ててしまうのは忍びないので、気を取り直して、今年もまた種を蒔いてみることにした。


今度こそ、葉っぱが小さくて、ぼさぼさではない向日葵に育てよう。

最初の蕾は丁寧に摘んで脇芽を増やし、葉を小さくするため肥料は控えめに、細かく手を掛けてみた。

昨年より少しは葉っぱが小さく、マシになっただろうか。


* 今年の向日葵

019+(3)_convert_20140709164454.jpg 


出来が悪いなりに夫は喜んでくれると期待していたが、数日経っても、向日葵が話題に上ることはなかった。

くそぉぉぉ。

自分から言うのは不本意だが、いちよう話を振っておこう。



「向日葵、今年も咲いたんだよーー!」

「えっ? 向日葵咲いてる?」

「ほら、咲いてるやんか」と、見せると。

「ほんどだ。小さくて、向日葵って気が付かなかった」


気が付かない、だと?

あの… 好きだ好きだと言うけれど、どういう向日葵を想像してる?



「そりゃ、背より高い向日葵が、何万本も咲いている、北海道美瑛の向日葵でしょ」




基準、そこ?? 




まだ長男が小さかった頃、北海道の美瑛に旅行に行き、美しい向日葵畑に圧倒されたことがあったけど。

10年以上も前に見た美瑛を頭に描いて、向日葵が好きだと言っていたなんて。

何にも知らない私は、相手が美瑛と知らずに一生懸命戦っていたらしい。

2年越しで。


ああ、なんと虚しいことでしょう。 



IMG_0037_convert_20140701123412.jpg 10数年前、美瑛にて


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
11:43 庭の話、花の話 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
No title
きれいなひまわりですね♪

北海道の広い空の下のひまわりも素晴らしいけど、同じ種で全然違う花を咲かせるごろちゃんさんの腕もすごいですね。

ひまわりは私にはハードルが高すぎて、毎年失敗するので、最近はあきらめました。

近所のおばちゃんがくれたとても強い「アゲラタム」という宿根草の花にみずやりするだけです。

No title
わあ~(笑)
ライバルは美瑛だったんですか!それは・・・。
さすがのごろちゃんさんも、なかなか太刀打ちできないかも。
それにしてもごろちゃんさんの戦いと、旦那様の反応がいちいちおもしろいです(笑)
楽しませていただいていますw
(気付かなかったとか・・・ありえない・・・と言えないところがまた・笑)

でもごろちゃんさんの愛情はきっと、めいっぱいそのひまわりの中に感じていらっしゃると思うので、このひまわりたちは、大成功ですよ。
年々、美瑛に近づいて行ってるような……気もします。

No title
敵は美瑛でしたか!?
それは相手が悪い(笑)
ひまわりと言えば私の好きな自転車レースのツール・ド・フランス、よく背景に大きなひまわりが登場します。でも家族が育ててくれた庭のひまわりもなかなかに趣深いのではないかと思うのですか。我が家のひまわりは完全に終わって種も取れず(^^;
けろちゃんさまへ
ありがとうございます!
育て方を見てもらえるなんて嬉しいです。

ひまわりが可愛かったのはこの時がピークで、その後バッタに食べられまくっています。
美味しかったのかバッタは大量の子供を産み、大小さまざまのバッタが花壇を飛び交っています。

まさかバッタを潰す勇気もありませんし…
というわけで現在は穴ぼこだらけになってしまいました^^

アゲラタム可愛いですよね。
いつも機嫌よく咲いてくれる宿根草は私も大好きです。
limeさまへ
はい!まさかの美瑛です。

腹立たしいのは確かなのですが、夫は何の気なしに言っているので勝負にならないんですよ。
まあ、ちょっとした嫌がらせでもしてやりたくなりますが^^

美瑛に近づいてるかしら(笑)
私としては背の高い向日葵は小学生の夏休みの宿題っぽくていまいちだと思ってましたが、それじゃなきゃ向日葵じゃないと言われると一理あるなと。

悔しいなあ~
負けず嫌い出はありますが、今回は勝負になりませんでした^^;
キミ兄さまへ
そうなんですよー
相手が悪かったです^^;

確かに背景に向日葵のイメージが私もあります。
広大な大地に向日葵は映えますね。

花壇用のミニ向日葵は種がとれない種類が多いようです。
私も取らずにカットしたほうが次の花が咲きやすいので、取らずに切ってしまいました。
子どもには取る楽しみ教えてあげたいですが、ミニ向日葵は難しくて私もうまくいかないのです。
No title
こんにちは。

今年はこじんまりとかわいく咲いてますね。
でも、美瑛と比べたらいけませんよ。
ご主人のレベルは高すぎ!

ひまわりと言えば、映画「ひまわり」を思い出します。随分昔の作品ですが、ソフィア・ローレンが主演でなんとも言えない悲しさのあるお話でした。
そこに出てくるひまわり畑に圧倒されました。
どこまで行ってもひまわりばかりで、そこを縫うようにソフィア・ローレンが歩いて行く…だったような?
観たのも随分前だったので忘れちゃいました。
(^_^;)
蜩さまへ
ありがとうございます!
去年より少し花数が増え、私なりにけっこういけたと思ったので、まさかの美瑛に落ち込んでました(* ゚∀゚
人生かけても勝てないな~

映画素敵でしたね。
私も内容はすっかり忘れてしまいましたが、ひまわりなのに悲しくて、そんなイメージしか残ってません!

最近自分の記憶力の低下に驚くばかり。
読んだ本もすぐ忘れてしまって、ヤバいです。

しょうがないので、いつでも新鮮な気持ちで楽しめるのだと、強引に思うことにしました(  ̄▽ ̄)
No title
美瑛なんざ、気にしなさんな^^
ごろちゃん丹精の向日葵こそ、世界一すばらしい。
夫の好きな花を、夫の気に入るように咲かせようと努力できる妻なんて、いません(キッパリ)
うちのトーチャンにはゼッタイに聞かせられない。

しかし、最後の画像には泣けました。
10数年前の長男クン?
か、かわいい!! なんか、悲しいことでも?
ハルさまへ
ハルさんこんばんは。
そんなキッパリって(* ゚∀゚)

なんだか悔しかったのですが、さすがに負けを認めて、お金貯めて美瑛に行こうかなと思うようになりました。

よくぞ気づいてくれました。
あれは、今は高校生の長男です。

あの時何があったんだろう?
もともとカメラ目線で、張り切って笑える子ではないのですが、悲しかったのか、眩しかったのか… 
どちらにせよ、もうこんな無防備な顔はしないんで残念です( T∀T)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。