08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

八朔の雪―みをつくし料理帖 / 高田 郁

2014/11/25
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
(2009/05/15)
高田 郁

商品詳細を見る

神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。

店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。

大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。

しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・。

料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!



この本、ちょっと面白いかも。

時代物ながらとても読みやすく、ベタな展開ながらも、ついつい読んでしまう納まりの良い物語。

作家さんが漫画家でもあると知り、妙に納得しました。


次から次へと主人公:澪へ降りかかる災い。

周りを固めるのは、主人公を助ける温かい人々、口が悪い謎多き男、絶対的な悪役…

分かりやす程の立ち位置で、内容もある程度想定内なのに、少女マンガみたいにワクワクしてしまった。


大阪で料理修行中に水害にあい、天涯孤独で江戸に降り立った澪。

魚のさばき方も、出汁の取り方も全く違う文化で、日々奮闘する姿は、健気で誰もが応援したくなる。

私は食文化の違いを身に染みて感じているので、料理の話は楽しくて仕方がなかった。

澪がこだわりたいと思った昆布出汁は、江戸では受け入れてもらえない。

昔々から、北海道の昆布は真っ直ぐ海を渡って大阪へ入っていたので、昆布に対するこだわりはかなり強い。

上方の昆布のこだわりを読みながら、大好きな山崎豊子さんの「暖簾」をとても懐かしく思い出しました。


才のない者には、恥かかんよう盛大に手ぇ貸したり。

けど、才のある者には手ぇ貸さんと、盛大に恥かかしたり。


澪に料理を仕込んだ旦那さんの言葉。

気持ちのいい言葉が随所にあり、肩ひじ張らず楽しく読める、中高生にもお勧めのシリーズものです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
17:21 高田 郁 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。