08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

検察側の罪人 / 雫井 脩介

2015/01/13
検察側の罪人検察側の罪人
(2013/09/11)
雫井 脩介

商品詳細を見る

検事は何を信じ、何を間違えたのか。

東京地検のベテラン検事・最上毅と同じ刑事部に、教官時代の教え子、沖野啓一郎が配属されてきた。

ある日、大田区で老夫婦刺殺事件が起きる。

捜査に立ち会った最上は、一人の容疑者の名前に気づいた。

すでに時効となった殺人事件の重要参考人と当時目されていた人物だった。

男が今回の事件の犯人であるならば、最上は今度こそ法の裁きを受けさせると決意するが、沖野が捜査に疑問を持ちはじめる―。

内容(「BOOK」データベースより)



かなり感想が難しい物語のように思います。

この本が面白いかとうかといえば確実に面白い。

だがあまりにも強引な展開に、心が伴いきれない部分もありました。


のうのうと逃げおおせた犯人を前にして、たとえ時効が成立していたとしても、どうしても目を瞑ることが出来ない。

プライベートな自分と、仕事の自分との狭間で、いけないことと分かっていながら、判断を誤ってしまう。

犯人を捕まえる職業を選んでおきながら、法を前にして、手の届く犯人を捕まえられない辛さ。

純粋な正義感があるからこそ、割り切れなかったのだと思います。


ただ根本的に、この事件で殺人を犯すだけの理由は本当にあったのか、そこがどうしても疑問に残ります。

経験を積んだ検察側のエリートが、証拠捏造、殺人、ここまでするだろうか。

大切なものすべてを犠牲にしてまで、一線を越えてしまうとは。


周りの設定がしっかりしている分だけ、若干偏り気味の走り方が残念でした。

それでも、検察側の後輩が検察を辞めてまで真実をあばくくだりはとても面白いです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
17:41 雫井 脩介 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
骨組みがしっかりしていて、重厚感があるお話だと余計に、そこが惜しかった・・と悔しくなったりするのですよね。
ラノベ的な軽いタッチのミステリーだと、あえて見逃して読んでしまうんですが。
殺人を犯してしまう理由。きっと作者もそこに悩んだかもしれませんよね。
そういえば以前読んだ高村薫の「冷血」の犯人は、本当に殺人の理由が曖昧模糊。結局歯が痛かったからよね!と私は思うのだけど、高村先生ににらまれそうなので、絶対に聞けない・・・。あのお話はきっとそんなんじゃないんだ…と思いつつ、そう言ってしまいたい自分がいる><(理由が欲しいんですよね。読者は)
limeさまへ
そうなんですよ!
ラノベだったら全然気にならない所が、こういうメッセージ性の強い作品などになると、途端に気になります。
ここまで設定を練り上げることが出来るのなら、この辺りももう少しなんとかなりませんやろか…と^^

法の下で仕事をしている人が一線を越えるなら、それはよっぽどのことだろうと思ってしまいます。
の割に、かなりの勢いで感情に引きずられてしまうのがなんともでした。

高村薫さんの「冷血」はまだ読んだことがないのですが、そんなことになっているのですか!?
不思議不思議。
逆に気になるわ(*゚ー゚*)
先生にギロッと睨まれてみたい気もしますが、やっぱり私も勇気がなくて言えないだろうな…

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。