08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

老人と海 / ヘミングウェイ

2015/02/07
老人と海 (新潮文庫)老人と海 (新潮文庫)
(2003/05)
ヘミングウェイ

商品詳細を見る

キューバの老漁夫サンチャゴは、長い不漁にもめげず、小舟に乗り、たった一人で出漁する。

残りわずかな餌に想像を絶する巨大なカジキマグロがかかった。

4日にわたる死闘ののち老人は勝ったが、帰途サメに襲われ、舟にくくりつけた獲物はみるみる食いちぎられてゆく…。

徹底した外面描写を用い、大魚を相手に雄々しく闘う老人の姿を通して自然の厳粛さと人間の勇気を謳う名作。

内容(「BOOK」データベースより)



ずいぶん昔に読んだときには、老人がカジキマグロと格闘する精神力のようなものを感じたと思う。

残っている印象は、男のロマンの物語。

だが今回思い出せないほど久しぶりに読んでみて、老人が幸せに見えてしまってしょうがなかった。

私も歳を取ったのだな…^^


誰に何と言われようと、自分ができることは海に出ることでしかなく。

結果を出さなければとやかく言われるが、いったん海に出てしまえば、人目も届かない自分と魚だけの孤独な世界。

老人は人生をかけて戦ってきた魚と対話をし、男と男の勝負を挑む。

体がぼろぼろになって得たカジキマグロだからこそ、敬意をもって美しい姿で港に連れて帰りたいと奮闘する。

延々と続くカジキとの対話に、精神がどこへ向かっていくのか、こちらも引きずられそうになる。


心の美しい少年がいなければ、ものすごく悲しい物語になってしまうのだけれど、

老人の価値を変わらず尊いものだと感じてくれる少年の涙に、読み手の私が癒されました。

それこそ老人が海を取り上げられ、老人ホームで暮らすことになれば、もっと楽だろうが幸せを感じることはないのだろう。

生きているのだなと思う。

しっかり強く太く、自分の人生を生きている。

「楽なことが幸せではない」という言葉が好きなのですが、ぼろ布のようになって横たわる老人が、とても美しく幸せに映りました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
15:11 海外の作家 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。