08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

6時間後に君は死ぬ / 高野 和明

2015/02/13
6時間後に君は死ぬ6時間後に君は死ぬ
(2007/05/11)
高野 和明

商品詳細を見る


「六時間後に君は死ぬ」。

街で出会った見知らぬ青年に予言された美緒。

信じられるのは誰なのか。

「運命」を変えることはできるのか。 内容(「BOOK」データベースより)




「ジェノサイド」など高野さんの作品はとても面白いのだけれど、描写が激しい場合もあり、子どもに読ませるには少しためらってしまう。

そんな時、読書ブログの方から息子にとお勧めいただいたのが、この作品です。

読んでみてびっくり。

高野さんの良さはきちんと保ちつつ、学生にも安心して読ませることができる楽しい作品でした。


未来、それも非日常的な危険な未来が読めてしまう主人公。

オカルト的になりそうな設定だが、不思議とそのような要素はなく、気が付けば心がふんわり暖かくなるような優しい物語ばかり。

ミステリ要素がある連結短編は、外れなく気軽に楽しめていいですね。

主人公の穏やかさが心地いい。



いいなぁ。

中高生にもお勧めできる作品です。

お勧めいただいてありがとうございました^^


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
09:44 高野 和明 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
この高野さんも、本当にいろんなタッチで物語を書かれますよね。
「13階段」が、めちゃくちゃわたし好みだったので、他の作品も読んでみようと思ったのですが、「ジェノサイド」がまったく違うタッチだったので、まだ未読のまま眠っています。
いろんなタイプの話が書ける作家さんって才能があってうらやましいのですが、またあんな感じのお話が読みたいな・・・とおもう私には、少し寂しかったり。(我が儘な読者ですよね^^ 乱読できるようになりたい><)
でも、このお話はなんだか面白そうです。タイトルからちょっと、引き気味だったのですが、意外にも温かいお話なのですね。
タイトルで、もしかしたら損をしているかな?
いや、売るにはやっぱりインパクトが勝負なんでしょうか。
・・・と、余計な事をいろいろ考えてしまいました^^
これはいつか読んでみたいです。
limeさまへ
limeさんこんにちは。
高野さんもタッチが違うので驚かされることが多いですね。
根底にある伝えたいことにメッセージ性が強いものが多かったので、この作品の少し柔らかめな流れは意外でした。
「13階段」は好きなんだけど、息子にはまだ勧めたくない作品だとブログで話していた時に、この作品を教えてもらったのですが、読んでみてなるほどでした。
深みとか奥行きという点では「13階段」の方が面白いと思いますが、高野さんらしさはきちんとある。
さすがでした。

私もタイトルで損をしているように思います^^
ハードボイルド色が強くて、キヨスクに売ってそうなんだもの(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。