08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

首折り男のための協奏曲 / 伊坂 幸太郎

2015/02/18
首折り男のための協奏曲首折り男のための協奏曲
(2014/01/31)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。

胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々!

「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え、「合コン」では泣き笑い。

黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。

技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。 内容紹介



あとがきによると、この作品は今までいくつかの雑誌に書いた短編を、緩やかに繋がるように編集されたそうです。

読み終わって少しハテナが頭に残っていたので、こういう説明をしてもらうと分かりやすい。


過去の作品に出てきた登場人物が出てきたり、前編と繋がっていたり、全く繋がっていなかったり。

連結短編ではないけど、伝えたいもののイメージが一定の法則で流れている。

不思議な作りだなと思っていました。

仕掛けが巧妙な伊坂さんの作品だから、もっと他に狙いがあるんじゃないかと、あちこち探って読んでいました。


どの作品もなかなか素敵。

クワガタの話は最初無意味ないじめに救いのなさを感じたのだけれど、まさかクワガタから神様まで展開するとは!

どの話も入口が突飛で、だけど出口も意外なところにあって、出口から出された読み手が一瞬キョトンとしてしまう。

何度もその繰り返しの中で、いかにもな可笑しさがツボに入りました。


今までの作品は、テンポが良くて一気読みしてしまうものが多いですが、この作品はのんびりと読む心地よさがある。

ずば抜けた面白さはありませんが、ちょっと変化球でくすっと笑ってしまう。

また読み返しても、きっと楽しいだろうなぁ。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
11:16 伊坂 幸太郎 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
伊坂さんは、ご自分のキャラをいろんなところで登場させることがありますよね。黒沢さんなんて、いったい何作に登場してるんだろう。でもあの人、一番好きです。
この短編は元々、つながる様に作った話ではないのを、再編集したのですね。
そういう試みも伊坂さんらしくて面白い。(編集者に圧されたのかもしれないけどw)
クワガタは、グラスホッパーの人でしょうか。
編集前のバラバラの作品を読んだあとでこれを読んだら、どんなふうに再構成したのかが分かって面白いだろうなと、ふと思いました。
limeさまへ
黒沢さんって最初の登場はどの作品だったのかしら…
いつもぴょこっと顔を出していて、どの作品がメインだったのか、全く忘れてしまいました。
親戚のおじさん的というか、サザエさんで言うところのノリヘイさんぐらいの位置に思えます^^

伊坂さんはもしかしたら編集に押し切られたのだろうか…^^
それはそれでイメージ通りかも。
まとめていくうちに、新たな展開が見えてきて、思った以上につながりが上手くいき、センスが良くて。
結局伊坂さんらしさ満開の作品になったのでしょうね。

最近まとまった時間でパソコンの前に座れないのですが、limeさんの作品を楽しく読ませてもらっています。
先日の猫の絵の方からの絵のプレゼント素敵でしたね。←なんか日本語がおかしくてすみません^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。