08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

本を読む女 / 林 真理子

2015/02/25
本を読む女 (新潮文庫)本を読む女 (新潮文庫)
(1993/03/02)
林 真理子

商品詳細を見る

万亀は本を読むのが好きなだけの平凡な女の子。

しかし突然の父の死と戦争の始まりによって、彼女の人生は否応なく時代の流れに巻き込まれてしまう。

進学、就職、結婚という人生の岐路において、常に夢や希望を現実に押しつぶされつつも、読書を心の支えに懸命に自分の人生を生き抜いた万亀。

著者自身の母親をモデルに、一人の文学少女の半生と昭和という時代を描いた力作長編小説。 内容(「BOOK」データベースより)



ストレートなタイトルに目が行き、軽い気持ちで借りてきたのですが、期待以上の奥深い作品でした。

大正時代から始まる物語で、山梨の田舎の少女が主人公。

デビュー作「葡萄が目にしみる」の、山梨から都会に出ようとしていた林真理子さんを思い起こしながら読んでいました。


大正時代。

次第に戦争へと日本が向かい、女性は就職、結婚、家族のため、自分の意思をまげて暮らしていかなければならない。

自分の思うように生きることができたのなら。

主人公はいつも願っているのだが、その度家族に引き戻され、何度も道を諦め唇を噛んでいる。

もどかしさを抱えながらも、夢を一つ一つ諦め、それでも逞しく生きていく姿がありました。


各章のタイトルのつけ方が素敵で印象に残ります。

「赤い鳥」、「放浪記」、「万葉集」、「斜陽」…

小説のタイトルが使われているのですが、内容と見事にリンクして美しい。

格好いいなぁと思っていました。


読み終わってようやく、主人公の万亀は林真理子さんのお母さんだと知りました。

そういうことだったのか…

都会に対する強い憧れ、文章能力が秀でた頭の回転の良さ、内に秘めた意志の強さ。

雰囲気が似ていると思いつつ読んでいたのですが、お母様だったのですね。

母があの時やり残したことを、林真理子さんがタスキを受け取り、期待以上に夢を叶えているかのよう。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
21:37 林 真理子 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
あーーー、懐かしい。今でも手元に置いています。
ずーっと昔に買って、手放せないでいた本です。
でも、内容は所々しか覚えていなかった。

もうごろちゃんの感想を読んで、また読みたくなって本棚を探しまくりました(笑)

また読もうっと。思い出せてくれてありがとー♪
ちえぞうさまへ
そうだったんですね!
本棚から見つかりましたか?

私もどんどん忘れていって、果たして読書を続けていく理由はあるのだろうかと思うぐらい忘れています( ・∀・)♪
読み始めるとたいていは思いだしますが、それでも初めて読んだような感動が毎回あります。
ある意味私、安上がりな脳になってきたのかも^^
No title
私もこの本好きで、長らく本棚の一等地にあったんですよ。
林真理子さんの本で唯一持っているものです。
作家自体は好きではないので、他の本は読んでません。
確か新聞連載されていて、それを途中から読んでオモシロイと思って買ったはず。
今でもよく内容を思い出します。
腹黒烏龍茶 さまへ
本棚の一等地!
この表現いいですね^^
すごく雰囲気が伝わってきて、そこに置かれていたであろう形を想像していました。

私も林真理子さんそのものが嫌いで(笑)
よくもこれだけ自分が好きでいられるものかと、その堂々とした姿をいつも引き気味で見ています。
ですから彼女の作品でも「女」を語る類の本は読まないのですが、それ以外でたまに当たりがあるので楽しんでいます。
新聞に連載されているのは知りませんでしたが、確かにこの作品は新聞向きですね。
とても楽しかったです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。