08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

殺人出産 / 村田 沙耶香

2015/03/13
殺人出産殺人出産
(2014/07/16)
村田 沙耶香

商品詳細を見る

「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい―。

そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。

育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞賛を浴びていた。

素晴らしい行為をたたえながらも、どこか複雑な思いを抱く育子。

それは、彼女が抱える、人には言えないある秘密のせいなのかもしれない…。

三人での交際が流行する、奇妙な世界を描いた「トリプル」など、短篇3作も併録。

普遍の価値観を揺さぶる挑戦的作品集。 内容(「BOOK」データベースより)



読み終わって、とにかく気持ち悪さが残る。

あらすじにある「普遍の価値観を揺さぶる挑戦的作品集」とあるのですが、素晴らしく上手い表現。

今の当り前を根本的にひっくり返して、見たことのない常識(読み手にとっては非常識)を強引に突きつけられる。


医療がどんどん発達して、男性にも人工子宮が装着でき、人工授精で男性も出産が可能となる。

男も女も関係なく、10人産めば、1人殺しても良いという法律。

殺したい人がいるなら、10人を人工授精で産んで、法で守られた中、相手を好きなように殺せばいい。

10 - 1 = 9

9人も増えるなら、1人ぐらい殺したっていいよね、ってことだ。

現在の少子化問題を解決しなければ、いずれこんな世の中になってしまうかもしれないと、問題定義しているのだろう。


人工授精の先に、人工子宮が可能となるのなら、性別すら関係なくなる…

そこまではイメージつして繋がるのだが、村田さんの作品には「人を育てる」という行為が存在しない。

最初から最後まで「産む」であり、命について書けば書くほど、重みを失い軽くなるよう。


生命に人の手をどこまで介入させるべきか。

倫理的な問題と、SF的な創作の部分が交わるには、自分の感情が入ってしまうので、難しいものがありました。


ちなみに、「殺人出産」の他にあと3篇収録されているのですが、それがまたしんどい。

今の常識を過去のものとして作り出された世界の常識を前面に押し出してくるのだが、そこにたどり着いたプロセスが見えない。

3人の恋愛が主流となる「トリプル」は特に強烈で、なかなか直視できない世界でした。


押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
13:47 ま行 その他の作家 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
これはまた、読むのに精神力を使いそうな本ですね。気持ちがハイな時に、娯楽小説と割り切って読むのなら、面白そうだけど。
人が人を産むことへの倫理観って、医学技術が発達するにつけ分からなくなっていきますよね。
産めよ増やせよの議論がされる国会討論なんかを聞いていると、大事なのは命なのか、それが生み出す経済効果なのか、疑問になってきたり。
そんな今だから、必然的に生まれてきたお話なのかもしれませんね。
それにしてもごろちゃんさんの読書ジャンルは幅広いなあと改めて感じました。
レビューを読むのが楽しいです^^

limeさまへ
私のようなレビューでこんな温かい言葉を頂けて嬉しいです。
limeさん!いつもありがとうございますmm

私はまだ読書初心者なので、あまり選り好みせず、たとえば新聞や雑誌で紹介されているものや、図書館で人気ランキングに入っているものなどを、片っ端から読んでいるところです。
その中には衝撃のものもたくさんあり、あまりやらないのですが、途中で断念することもしばしば。
現在もなぜこの本を借りたのかよく覚えていないのですが、コミカルでシュールながら延々とエッチな内容が続く物語を読んでいて、本日、「もう耐えられない!」と読むのを打ち切りにしたところです(笑)

この本も最初は読むのがしんどくて、途中で何度も挫折しそうになりました。
ですが作家さんの狙いが知りたくて、頑張って読んでみました。
limeさんがおっしゃる通りです。
出生率を上げる理由が、自分たちの世の中を支える存在として扱われてしまうことに疑問を感じて、先に進めないのです。

少子化問題がきれいごとではないのは十分わかるのですが、そのことを咀嚼できていないまま、ストレートなSF設定にもやもやが残りました。
ですがやはり読んで考えさせられるものがたくさんありましたので、読んでよかったと思っています。
様々な立場や考えがある問題なので、心で受け止めるにはなかなか難しいですね。
No title
この作品、気になっているのです。
ストーリーをちらっと読んだだけでも、すんなりといかないだろうなという感じで、怖いもの見たさもありつつ、がっちりと取り組める時に読もうかな、と保留にしてました。

村田さんの作品をいくつか読んだのですが、ごろちゃんの「なかなか直視できない世界」って言葉がしっくりくるなぁって思いました。

未読の私には、楽しみ半分な感じもあるのだけど、そうか、しんどいんですね。
ゆうさまへ
ゆうさまも興味を持っておられたのですね!
私もこのタイトルを見て、怖いもの見たさもあり、でも本当に怖かったら嫌だし、気になってしょうがなくって読んでみました。
他の作品は読んだことがないのですが、やはりあの独特の切り口は変わらないんだろうなぁ^^

子ども、命にかかわることがテーマだったので、斬新な目線だなと思っても、割り切れないものがありました。
出産に関することは、私たちが出産した時期とはだいぶ変わってきていると思いますが、「今後の日本社会を背負っていく存在」として数で語られることに怖さを感じます。
そんな子どもたちに自分もまた老後を頼ることになるはずなので、綺麗ごとではないのですが、どうもやりきれない思いがしました。

でも機会があればぜひ読んでみてくださいね。
きっとゆう様にはまた違う感想があると思いますので、楽しみにしています!
我が家のパソコンが混んでいてお返事遅くなってごめんなさいmm

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。