08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ソロモンの偽証 / 宮部 みゆき

2015/03/24
ソロモンの偽証 第I部 事件ソロモンの偽証 第I部 事件
(2012/08/23)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。

彼の死を悼む声は小さかった。

けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担していた。

そして、その悪意ある風評は、目撃者を名乗る、匿名の告発状を産み落とした―。

新たな殺人計画。

マスコミの過剰な報道。

狂おしい嫉妬による異常行動。

そして犠牲者が一人、また一人。

学校は汚された。

ことごとく無力な大人たちにはもう、任せておけない。

学校に仕掛けられた史上最強のミステリー。 内容(「BOOK」データベースより)



いつもなら全巻読み終わってから感想をまとめて書くのですが、現在第二部は図書館の予約順番待ち。

既に文庫も出ているのに、図書館ではまだまだ人気のようです。

第二部が届くまで感想を覚えている自信がないので、一部だけ先に感想を残しておきます。


この本を発売当初に予約しなかったのは、あらすじが怖かったから。

学校で次々起こる連続殺人。

もしかして…貴志祐介の「悪の教典」、あのハスミンみたいなのが登場するのだろうか (゚ロ゚屮)屮

と、思って躊躇していたのです。


実際読んでみると、今のところハスミンは出てこないがとても面白い。

ずしっと重みがあって、細部まで細やかに掘り込んであるさすがの作品。

中二の微妙なお年頃と、義務教育ならではの教師のジレンマ、格差…

保護者に警察官がいたこともあり、子どもと大人の会話が上手く整理されています。


宮部みゆきさんの作品は、主軸の登場人物だけでなく、サブも細かく人物設定がされていて、奥行きがある。

その分読むのにパワーがいります。

生徒たちの家族構成や、コンプレックスや、家庭環境の問題。

今はきちんと覚えているけれど、二部が届くまで覚えていられるかしら…

当面の心配は、そこ。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
15:57 宮部 みゆき | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
お久しぶりでーす!ごろちゃん、元気ですか??
ソロモンの偽証1巻私も読んだところですよ。いま2巻に手をつけたところです。間に『ホテルローヤル』を挟んだりしてますが、のんびり読んでいこうと思っています。
読みやすくて、ストーリーが重厚で、面白い!!
そうそう、一人一人のキャラクターが活きているんですよね。
それに、思春期の子供たちの心情がよく描かれている。
すごい。宮部みゆき。
またときどき遊びにきますね❤️
空花さまへ
わーい!
お久しぶりです^^
元気ですか?
私はたまにしか更新できなくなってしまいましたが、空花さんのところにもお邪魔しては、新しい写真を見つけて嬉しくなっています。

ホテルローヤルとの並走は笑えました^^
いいですね。
確かに宮部みゆきさん一色はお腹がいっぱいになってしまう。
とってもいい組み合わせですね。
こちらもまたお邪魔させてもらいますよー
来てくださってありがとうございましたmm

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。