08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

隣の女 / 向田 邦子

2015/05/14
隣りの女 (文春文庫)隣りの女 (文春文庫)
(2010/11/10)
向田 邦子

商品詳細を見る

「一生に一度でいい、恋っての、してみたかったの」

平凡な主婦が飛び込んだNYへの恋の道行を描いた表題作。

嫁き遅れた女の心の揺れを浮かび上がらせた「幸福」、「胡桃の部屋」。

異母兄弟の交流を綴った「下駄」。

絶筆となった「春が来た」の五篇を収録。

温かい眼差しで人間の哀歓を紡いだ短篇集。内容(「BOOK」データベースより)



「隣の女」とタイトルを見ると、それは主人公の女と隣の女が対比して描写されるのかなと、読む前から想像してしまう。

ある程度心づもりをして読み、実際想定内のことのはずなのに、読後、想像以上に深い部分が揺らされる。

残るのはいつも、柔らかくて、淡くて、淋しい気持ち。


良く考えたら、向田さんの作品にはいい女が出てこない。

隣の女が連れ込んだ男と情事を始めると、内職のミシンの手を止め、耳をそばだててしまう主婦。

相手が遥かにいい女だったら、それは別世界の話なのだろう。

だが相手の女も住む世界は違えど、間違いなく男の行動に一喜一憂してしまう小さな女。

対比のようで、似たような淋しい影もまた隣り合わせ。

表面的な勝ち負けではない、誰にでも内に持っている弱さが炙りだされる。


向田さんの作品を読んで、ぱっと晴れやかな気持ちにはならない。

かといって、完全に失望して終わるものもない。

女の底力と背筋の伸びた美しさを教えてくれ、また、頑張った強い女が「孤独」という貧乏くじを引く虚しさを、自嘲気味に見せる。

きっと男性受けはしないのだけれど、同性から見たら可愛い女。

それを美しい言葉と、時にリアルな激しい描写で同時に見せるから、とても素敵。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
21:04 向田 邦子 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。