08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2月に読んだ本のまとめ 現在猫と格闘中

2015/03/02
だんだん気温が上がってきて、冬の間に仕込んでいた大量の球根たちが、芽を出し始めた。

今年はお徳用球根セットなるものを買ったので、植えた量が例年になく多い。

002_convert_20141217130107_convert_20150302175334.jpg

チューリップ、クロッカス、水仙、ラナンキュラス、ムスカリ、アネモネ、百合、カサブランカ…

次々と芽を出し、その芽が何の花か確認するのが楽しくて仕方がない。


しかし最近その球根エリアが猫に侵されている。

毎朝毎朝どこかから臭いがするので探すと、出来立てホカホカの糞が2本半ぐらい埋められている。

2本半って… どんだけご飯食べとんねん

とにかく店頭に並んでいる猫除けグッズを片っ端から試すのだが、あいつらはいい感じでその間を抜けてやってくる。

芽を出す直前の球根に糞がついているのを眺めながら、毎朝ため息をついています。



2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1202ページ
ナイス数:69ナイス

本を読む女 (新潮文庫)本を読む女 (新潮文庫)感想
ストレートなタイトルに目が行き、軽い気持ちで借りてきたのですが、期待以上の奥深い作品。各章のタイトルのつけ方が印象に残る素敵さでした。小説のタイトルが使われていて、内容と見事にリンクした美しさ。読み終わってようやく、主人公の万亀は林真理子さんのお母さんだと知りました。都会に対する強い憧れ、文章能力が秀でた頭の回転の良さ、内に秘めた意志の強さ。雰囲気が似ていると思いつつ読んでいたのですが、お母様だったのですね。母があの時やり残したことを、林真理子さんがタスキを受け取り、期待以上に夢を叶えているかのよう。
読了日:2月25日 著者:林真理子

首折り男のための協奏曲首折り男のための協奏曲感想
どの作品も素敵。クワガタの話は最初無意味ないじめに救いのなさを感じたのだけれど、まさかクワガタから神様まで展開するとは!どの話も入口が突飛で、だけど出口も意外なところにあって、出口から出された読み手が一瞬キョトンとしてしまう。何度もその繰り返しの中で、いかにもな可笑しさがツボに入りました。今までの作品は、テンポが良くて一気読みしてしまうものが多いですが、この作品はのんびりと読む心地よさがある。ずば抜けた面白さはありませんが、ちょっと変化球でくすっと笑ってしまう。また読み返しても、きっと楽しいだろうなぁ。
読了日:2月18日 著者:伊坂幸太郎

6時間後に君は死ぬ (講談社文庫)6時間後に君は死ぬ (講談社文庫)感想
未来、それも非日常的な危険な未来が読めてしまう主人公。オカルト的になりそうな設定だが、不思議とそのような要素はなく、気が付けば心がふんわり暖かくなるような優しい物語ばかり。ミステリ要素がある連結短編は、外れなく気軽に楽しめていいですね。 主人公の穏やかさが心地いい。
読了日:2月13日 著者:高野和明

老人と海 (新潮文庫)老人と海 (新潮文庫)感想
ずいぶん昔に読んだとき残っている印象は、男のロマンの物語。だが今回思い出せないほど久しぶりに読んでみて、老人が幸せに見えてしまってしょうがなかった。心の美しい少年がいなければ、ものすごく悲しい物語になってしまうのだけれど、老人の価値を変わらず尊いものだと感じてくれる少年の涙に、読み手の私が癒されました。それこそ老人が海を取り上げられ、老人ホームで暮らすことになれば、もっと楽だろうが幸せを感じることはないのだろう。生きているのだなと思う。しっかり強く太く、自分の人生を生きている。
読了日:2月7日 著者:ヘミングウェイ

読書メーター

押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
18:04 読んだ本のまとめ | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
写真の球根セットを眺めるだけでため息が出ます。
いいですねぇ・・・ほこほこ明るい気持ちになりますよ〜

私に出来るのはヒヤシンスの水栽培くらいのものなのですが。
それでも瓶5つと毎年、欲張って植えて(?)います。

球根そのものがなんとも愛らしいですし。
芽が出るのがまた格別に嬉しくて。
ところで、芽の姿で花がわかるものなのかしら? 予想するのも面白そう♪

咲いた暁のお庭の写真も、また楽しみにしていますね!
それにしても。猫って、そんなに大食いの健康優良児なんですねぇ^^;
(便秘とはまったく無縁そうで羨ましい・・・・ハハ)
No title
わあ、球根たちがいっぱい^^
もうこれ全部植わって、スタンバイしてるのですね。楽しみです。
球根の花は大輪で見ごたえがあって大好きなんだけど、何か月も前に植えなきゃならないのでせっかちな私にはとても待ちきれず、諦めた記憶が(笑)
それにしても、猫たちの置き土産は困ったものですね。ふかふかの土の上で致したい気持ちは分かるのですが・・・。
猫の嫌いな匂いのハーブとかがあったような気がするので、それを植えてみるとか、どうでしょう。

……猫じゃなくて、蚊だったかな?(←ポンコツな脳)
氷香さまへ
球根好きの氷香さんに見ていただけて嬉しいです。
今年は私も水栽培しているんですよ。

庭がそれほど広くないので植えきれなかったものが出てきたので、水仙、クロッカス、チューリップの一部を水栽培しています。
暖房を入れている部屋なので上手くいかないかもしれないけれど、今のところ葉っぱだけは生えてます。
あんな綺麗なヒヤシンスにはならなさそうですが、咲いてくれるといいなぁ。

球根は順序立てて植えたつもりなのですが、例年通り途中で集中力を切らしたので、名札がありません。
植えた時は覚えてられると思うのですが、芽が出たころには後悔ばかり…
「お前さんは誰だい?」とわしゃわしゃした葉っぱに聞いています。

猫は元気ですよー
毎日定量。めっちゃ腹立ちますが、今日も元気だなとちょっと感心したりしています^^
limeさまへ
いやいや、おっしゃる通り猫除けのハーブもあります。
ただ、問題が!

レモングラスなどの、香りが強い猫や蚊に効くハーブは、現在越冬中なんです。
我が家のリビングの片隅で、気温が上がるのを待っています。
そろそろ地植えに戻してもいいのですが、まだひょろひょろで、外に出したとしても猫を追っ払うほどの威力はなさそう。
早く大きくなあれと念を送っています。

ちなみにハーブが生い茂る夏、あいつらは上手くハーブを避けて、日陰のアジサイ辺りをお手洗いにしていました。
今年もバッタと鳥と猫と戦うことになりそうです><

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。