10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

想い雲―みをつくし料理帖 / 高田 郁

2015/07/23
想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
(2010/03)
高田 郁

商品詳細を見る

土用の入りが近づき、澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませていた。

そんなある日、戯作者・清右衛門が版元の坂村堂を連れ立って「つる家」を訪れる。

澪の料理に感心した食道楽の坂村堂は、自らが雇い入れている上方料理人に是非この味を覚えさせたいと請う。

翌日、さっそく現れた坂村堂の料理人はなんと、行方知れずとなっている、天満一兆庵の若旦那・佐兵衛と共に働いていた富三だったのだ。

澪と芳は佐兵衛の行方を富三に聞くが、彼の口から語られたのは耳を疑うような話だった―。

書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第三弾。 内容(「BOOK」データベースより)



最近定期的に読んでいるシリーズ本で、かさばらず薄くて、図書館の予約待ちもないので、軽い外出にぴったりです。

見た目は時代小説ですが、テーマはあくまでも料理なので、さほど小難しくはない。

いつでも気軽に手にとれて重宝しています。


この作品の料理の描写は、私にはたまらなく懐かしいものばかり。

大阪で料理人として修業をしていた澪が、江戸へ出てきて包丁をふるうのだが、日々戸惑うことばかり。

味を江戸の人に認めてもらえない悔しさ、材料がそろわない歯がゆさ。

分かりやすいほどの困難を前に、性格の良さと、気の利いた登場人物の支えで乗り切る、勧善懲悪的な心地よさ。

この巻で扱われた「鱧」が、私には特に嬉しい。


いつかテーマになるのではないかと、ひそかに楽しみにしていたぐらいです。

実家では母が鱧の骨切りをして普通に夕食に出してくれていたのですが、結婚してそれは普通のことではないと痛感しました。

細かな骨切りなんて出来ないし、美味しい鱧を扱っているようないい魚屋さんに、日頃から通ってなどいない。

結局自分で挑戦することがないまま、東京に永住してしまった。

今となっては下手でもいいから自分で挑戦しておくべきだったなと思います。


この作品の中には、鱧だけでなく昆布や大和芋など、関西人のこだわりが詰まっている。

懐かしくて、描写が美しくて、あまりストレスが感じられない優しい展開。

当分ゆるりと楽しませてくれそうです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
15:29 高田 郁 | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
夏休み中の鍵コメさまへ
お返事結構ですとのお心づかいでしたが、私の方が嬉しくて^^
姉の気持ちがちょっと知りたかったのですよ。
だからお返事を読んで少し触れれたような気がしました。
もちろん同じといかないことは十分分かっているつもりなのですが、鍵コメさまのコメントは心に響きました。
立場や役割を仕方がないものとして受け入れてしまうのは甘えだと思いますし、だからといって戦力にはならないのが事実で。
相変わらず、心がもやもや、わさわさしています。

この暑い日は、夏バテしてしまいますよね。
花が今年は去年ほど綺麗に咲いてくれません。
心をもっとくだかないと。

ではでは、夏休みといってもきっと忙しくされていると思いますが、どうぞよい里帰りの時間となりますように。
お気をつけて^^
いつもありがとうございますmm
鍵コメさまへ
コメントありがとうございます。
送りなおしてくださったのですね。
重なったコメントとはいえ、消してしまうのが惜しい気持ちがしました。
お疲れだったりお忙しいときに、手をかけて下さってありがとうございました。
とっても嬉しかったです。

私こそ、ガッツリ全身から頑張っていますオーラを出していますよー(笑)
ホントもうお見せしたいぐらい!
「どう?どう?私、頑張ってる?」って、おでこに張り紙がくっついているのではないかと思います。
最近は褒めてもらう機会が少ないので、特に顕著になってきた気がします。
大人だって頑張りを認められたいですもの。

お互い変化の時期に来ているのだと思いますが、その合間にこうしてお話しできるとやはり嬉しいものです。
また機会見つけてお話しできたらいいな^^
暑い日が続きますが、お身体大事になさってくださいね。
お付き合いいただいてありがとうございました。
こんばんは。
UPされてないのでどうしたのかなと気になりつつ、電話をかける余裕もなく夏休みに突入しちゃったわ💦

役割…ね。うん、私も次女と言う役割に甘えつつ、不満も少しありつつ…

もっと関わりたいと思って動こうとすると阻まれ、じゃいいやと甘えてたけど、そろそろ姉からのSOSが出てきたようなので、グッと割り込んでみた。

母の多少の不安や不満も出てるのでそれを受けつつも、姉の頑張りに感服してる日々です。

得意不得意の分野もあり、うまく分担、分散できるといいな。

母もようやく私が行くことに緊張しなくなったのでは…と思う。その緊張が姉にとってさらに負担だったのかなと今は思う。

ごろちゃん一家による緊張が姉はしんどいのかもしれないけど、そこは家族なので…なんていうか、混じってほしいと私は思う。母のためにも、ごろちゃんのためにも。もちろん、じーじもね(^^)

若い頃からあまり家族と関わってこなかった私だけど、今を大事に、大切に思い、忙しいけど幸せに思ってる。だから、ごろちゃんも^_−☆

また電話しよう。おやすみ。
No title
こんにちは^v^
「はも」私もとても好きです。
御実家で調理してもらえたなんて、すごいですね~。
専用の調理器具が必要じゃないんですか?

料理の本や番組をみていると、私は心が静まる感じがします。雑味をそぎ落としていく行程を本や映像でみているとそれだけでちょっとずつ元気が湧いてくるというか。。。

暑いですが、お身体大切に♪
chikaさまへ
忙しい夏をお過ごしでしょうか。
コメントありがとね。

ほんと姉は偉いね。
ここまでよく頑張ってくれているといつも感謝しています。
聞いているかもしれないけど、先日朝から超長電話をしていて、いろいろ話せて楽しかったのよ。
これからはそんな時間もなかなか取れなくなるかもね。

この夏の帰省では、夜に私たちだけでご飯出来たらいいねと話してくれていたよ。
みんなの都合もあると思うので、その時の状況で都合が付けば、顔見れたら楽しいと思ってます。

私の方からは、とても申し訳なくて電話できないので、暇な時間があったらまた電話くださいな。
こちらは何とでも調整できるから、時間は合わせるよー

ではでは。
なぜかいつもタイトルの欄にコメントが入ってますよー(笑)
鍵コメでないのも笑えます。
まぁ、いいか。

夏バテしないように日々頑張ってね。
私もしっかり顔見せできるように入り込んでいきます!
けろちゃんさまへ
ご無沙汰しています。
暑い日が続いていますがお元気ですか?

>雑味をそぎ落としていく行程を…
素敵な表現ですね。
うんうんと頷きながら読ませてもらっていました。

母の場合は、ふつうの出刃包丁で調理していたように思います。
体重を乗せ気味に、リズミカルに、かつとても真剣に(笑)
鍋にはなった時のくるんとする瞬間が楽しいです。
私は氷に落とした後水気を取るだけの、下っ端仕事をしていました^^

自分でする料理もいいですが、プロの人の仕事を見ていると、美しさにそれだけで見とれて心がすっと純化される気がします。
まな板をきゅっと布巾でふき取る瞬間とか。
いいですよねー
このシリーズは定期的に読んで癒されています。

けろちゃんさまも元気に夏をお過ごしください^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。