10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから / 大西 康之

2015/04/29
会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから
(2014/05/16)
大西 康之

商品詳細を見る

新潟中越地震での工場被災をきっかけに経営危機が表面化、2006年に米ゴールドマン・サックスグループ、大和証券SMBCグループ、三井住友銀行の金融3社から3000億円の出資を受けた三洋電機。

その後、携帯電話、デジカメ、白物家電、信販といった事業は切り売りされ、本体はパナソニックに買収された。

散り散りになった旧経営陣は今何を思い、10万人の社員たちは今どこで何をしているのか。

経営危機の渦中、同族企業の混乱を克明に取材し、その後も電機業界の動向を見続けてきた新聞記者が、多くのビジネスパーソンにとって決して他人事ではない「会社が消える日」を描く。

たとえ今の職場がなくなっても、人生が終わるわけではない。

では、どこに向かって次の一歩を踏み出すか。

かつて三洋電機に在籍した人々のその後の歩みは、貴重な示唆に富んでいる。

重苦しいテーマを扱いながら、本書が「希望の物語」となっているのは、そこに会社を失ったビジネスパーソンの明るくたくましい生き様が垣間見えるからだ。内容紹介




- ごろちゃん、この本読んでおいて - と夫からこの本を渡されてしまった。

朝一番から怖い展開です。


夫が読ませておきたいと思った気持ちは分かる。

自分たちが入社試験を受けていたころ、三洋電機ほどの大手がなくなるなんて考えもしなかった。

三洋電機だけではない。

日本の土台となってきた多くの製造メーカーがなくなる日が来るなんて。

だから夫は、うちの会社もいつ何時どうなるかは分からないのだから、こういう本をきちんと読んでおきなさいと言うことなのだろう。


読んでみて驚いたのは、社員の中でかなり上のクラスの人でさえ、報道で自分の会社の買収を知ったという恐ろしさ。

若手は知らなくても、ある程度上であればそれなりに知っている(又は感じ取れる)と思っていたが、実際はそうではないらしい。

突然降ってきた会社の買収問題に、ぎりぎりまで会社に残るべきか、買収先に転籍するか、転職先を探すか…

各々が悩み苦悩する姿を、きっとほんの一部であろうが知ることが出来ました。


様々なメーカーに受け入れられた技術者が成功し、救われる思いがしましたが、それは三洋の技術を持った人だからともいえる。

レベルの高い技術者が、まだ働ける年齢だったのなら、条件が悪いなりにも再就職先が見つかりやすかったよう。

だが、営業、業務、事務などの人は、どうだったのだろう。

営業の人の例も少しはあったが、多くは技術者の方の転職例で、他の人々がどうなったのかは分からない。

ここで語ることが出来るのは、きっと先が少し見えてきた人たち。

まだまだ語る段階に進めていない人が大勢おられるのだとも思う。

私はもちろん、夫も技術持ちではないので、いつ同じ状況になるかと思うと、胸が苦しい話でありました。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
21:47 あ行 その他の作家 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
「読んでおいて」と本を渡されるとドキッとしますね。でも旦那さまの気持ちが伝わってきます。

そうか、サンヨーさんは、そんな経緯で消えてしまったのですね。
うちの息子も電機メーカーに就職しました。今はとても業績も安定しているところなので安心していますが、あのパナソニックさんも一時はひやひやものでしたし、安心はできませんよね。息子の友人はパナソニックに入社したし、最近大手電気屋さんに行くと、別の意味でいろいろ考えてしまいます。

昨夜は、東京から帰ってきた息子と家族4人で食事に行き、そんな話をずっとしていたので、私的にとてもタイムリーでした。
(初給料で、息子に奢ってもらいました^^)
limeさまへ
こんにちは。
せっかくコメント頂いたのに、全くお返事書けなくてごめんなさいmm
充電ができないキャンプ場で、山籠もりしていました。
本当にすみません!!

息子さんは電機メーカー勤務になられたんですね。
優秀そうだなと思っていましたが、それはすごい!
それこそ一昔前なら万々歳だったであろう就職先でも、今は何が正解か分からない怖さがありますよね。
私の友人でも今年就職だった子がいるのですが、果たしてこれでよかったのかと何度も思うことがあるようです。

それにしてもお兄ちゃんは相変わらず格好いいですね。
初任給で家族を食事に連れて行ってくれるなんて!
自分はそういうことが恥ずかしくてできなかったので、未だに両親に申し訳なかったなと思います。
愛情表現をさらっとできるお兄ちゃんが、私は格好良くてなりません。

limeさんとしても初めてお兄ちゃんを外に出されて、さみしいひと月だったのではないでしょうか。
我が息子が就職や大学で一人暮らしを始めたら、夕食を作るテンションが下がることだけは確実だなぁ^^
(そんなこと言っておいて、ずっとずっと実家にいたらどうしよう…)

久々に同じ食卓につけて、息子さんもホッとされたことでしょう。
また今日からお仕事ですね。
お兄ちゃんガンバレーと応援しています^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。