08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ひとめあなたに… / 新井 素子

2016/06/16


女子大生の圭子は、恋人・朗から突然の別れを告げられた。

自分は癌にかかって余命いくばくもない、と言うのだ。

翌日、こんなニュースが届く。「一週間後、地球に隕石が激突する。人類に逃げ延びる道はない」

圭子は決意した。

最後にもう一度、朗に会いに行こう。

練馬の家から、彼の住む鎌倉を目指し、彼女は徒歩で旅をはじめた。

道中での4人の女性との出会いを経て鎌倉にたどり着いた圭子は、何を思うのだろうか。商品説明より




ライトノベルの元祖、とも言われる新井素子さん。

軽く読めそうだったので手に取ったのですが、SF小説もライトノベルも普段は読まないのでとても新鮮でありました。


一週間後に地球が消滅し、地球ごとなくなってしまうと知ってしまったら…

もう世界はパニックです。

暴漢、自暴自棄、精神の破たん、は想像がつく。

そんな精神を保てない状況でも、唯一の光は、あなたに会いたい気持ち。

分かる。

設定としてはとてもよく分かる。

だけど私、たくさん本を読み過ぎてしまったのだろうか。

ど定番の流れに関しては、まあそうなるだろうなぁと思いながら、さらさらと流してしまう。

ラノベなので、そこまで深く細やかに描写がなされているわけではありません。


そんな中で序盤に登場したお人形さんのような奥さんが一番強烈インパクト。

不倫している夫を、優しく殺して食べてしまうなんて。

あなたがお母さんのお腹から生まれた時のように、お腹の中に帰してあげるわ。

ね、あなた。

歌うように言われたら、もう、怖すぎです。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
22:24 あ行 その他の作家 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。