04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

親バカ万歳

2016/06/27
先日、次男の三者面談がありました。

次男は先生から怒られることが嫌なので、時間きっちり、準備万端整えるタイプ。

当然のように、三者面談に間に合うように時間を逆算し、私に的確に時間の指示を出し、余裕をもって一緒に家を出た。


だが私は、次男よりかなり歩くのが遅かったようで、彼の予定していた電車に乗り遅れてしまった。

その上、ホームで次男を見失った私は、絶対に逃してはならない乗り換えにも間に合わなかった。

昼間なので、電車の本数は少ない。

十分余裕をもって出発したはずなのに、時間はギリギリになってしまった。

やばい。


何とか小走りで学校にたどり着いた私たちは、正門を抜けて、大急ぎで教室へ向かった。

さあ、スリッパに履き替えなくっちゃ。

カバンからスリッパ入れを出したら、そこには中身のないスリッパ袋だけが入っていた。



ぺらーーん



あー!

この間スリッパ洗濯したとき、洗ったスリッパを、袋に戻すの忘れていた。

スリッパ袋だけを持って呆然をしている私に注がれる、冷たい次男の視線…

更にやばい。

す、すんません。


貸し出しのスリッパは確か、正門入ったところにあった。

広い校内を大慌てで正門まで戻り、保護者用スリッパを貸してもらった。

仁王立ちの次男に謝る私。

当然のことながら、三者面談には遅刻してしまった。

申し訳ないです。



面談を終え、家に帰ろうと正門を出たところで、私は教室に日傘を置き忘れてしまったことに気が付いた。

次の方が面談中の、先ほどの教室に。

やばい、また怒られる。

ちらと次男を見ると、仕方がないなという風に肩をすくめ、「いいよ、俺がとってくるから」と教室へ駆け出して行った。

本当に、重ね重ねすみません。



帰り道、反省した私は、今度こそ次男を見失わないように、ホームを頑張って小走りしていた。

すると、次男が振り返って、優しく言った。


「大丈夫、もうそんなに急がなくていいよ」

「ほら、後ろ危ないから、もう少し端に寄って」

「帰りはゆっくりで大丈夫だから、次にしようか」




きゅーーーん!!



あかんあかん、母さんはちょっとときめいてしまった。

さっきまで怒っていたのに、次男よ、ちょっと格好いいじゃないか。

自分の反省はさておき、こんな単純な緩急に、私はうっとりしてしまう。



これが息子特有の飴とムチ。



幼かったはずの息子が、そろそろいい感じで格好いい。

親バカ万歳。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
関連記事
14:27 息子 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは^^
きゅーん!って!!!
ごろちゃんが可愛くて爆笑してしまいました。
でも、、気持ちわかります!
ギャップ男子には弱いですよね~ふふふ。

テンさまへ
テンさんこんにちは。
いやぁ、親バカですみません。
ここに行きつくまでの十数年、頭を抱えることばかりだったものですから^^
理解不能な息子二人が少しだけ(ほんの少しだけ)いい感じであると、もうそれだけですべてがチャラになる。
母親は単純なものですね。
No title
こんにちは!次男くんのその後を知れて嬉しい!大好きだった物語の続編を読ませて頂いたような気持ちになりました♪

我が家は一人娘なので、こういう男子特有の母への飴ムチは少女漫画みたいできゅんきゅんしちゃいます。
同世代で友達だったら、こんな風に言われちゃったら好きになっちゃいますよね。(笑)
こういうのって、女の子だとなさそう。(笑)

管理人様のこれまでの子育てがこういう何気ない日常の息子さんたちの言動に出てくるのでしょうね。素敵。

受験のこと、色々励ましのメッセージ、本当にありがとうございます。もう今週は7月に突入!本番まで半年!って考えただけで胃が・・・
まもなく2回目の合判も控えており。

これからも更新楽しみにしています~。






きゅ~~ん><
イヤン、次男くん、なんて素敵なボーイになっちゃったんでしょう (≧∇≦)
でもそうなんですよね、男の子って本当に優しい。
小さなころはダメな部分ばかりが目立って、上から目線で観ちゃって、気づかなかったんですよ。
これからごろちゃんさん、キュンキュンドキドキすること、多いですよ~。
ふふ^^

東京で社会人となったうちの息子ですが、やっぱり気遣いはわすれてなくて。誕生日、何が欲しい?って聞いてくれます。(旦那は無かったなあ)可愛いもんです^^
また親ばかエピソード、聞かせてくださいね^^
sawaさまへ
コメントありがとうございます。
男の子と女の子、育ててみると全く違うのでしょうね。
両方育ててみたい気持ちもします。

女の子は日々優しいし、母の味方になってくれているような場合が多いようで、羨ましいなと思っていました。
息子の場合は異性であり、「異星」。
理解不能なことの連続で「あら、この子違う星の人間なのかしら?」と思うことが多々あります。
なのでほとんどがイライラと諦め、つまり鞭なのですが、その分、たまの飴の威力はすごい(笑)
もう当分こんなことはないと思うので、半年ぐらい気長にこの飴を楽しんで生きていこうと思います。

2回目の合否判定の時期ですね。
合否判定でAとかBの子なんているのかしら…と思うぐらい、私の周りはEしかいませんでした。
きっとどこの家庭もやきもきされていると思います。

ちなみに我が高3の長男の模試が昨日も返ってきましたが、またEでした。
母さんもう見飽きたわ(。-_-)ノ
たまには違うもの見せてねーと思っていますが、全く思い通りになりません…
limeさまへ
わぁー素敵!
lime家のお兄ちゃん、やっぱり今年もそんなこと言ってくれたのですね。
以前のプレゼントは衝撃でしたが、お兄ちゃんは遠方に行っても変わらず優しい。
さらっとした物言いをされるのが格好いいですね。

1人暮らしは大丈夫なのだろうかなんて思っている母の気持ちに、変わらない優しさを見せてくれるとホッとしますね。
本当に良かった^^
私が嬉しい気持ちにさせてもらいましたー。

ようやく、あほあほ次男もいい感じになりつつあります。
ですがこの時だけだったようで、基本的には能天気な幼さがあり、次男は一生次男特有の甘さが残りそうです。

「お母さんー、コンパスで丸描くって難しいよねー。お兄ちゃん丸描ける?すごいなぁ。俺描けないんだよねー。練習しても全然描けないんだよねー」と台所でずっと丸の練習してました。
相変わらず絶好調です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。