09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

神様がくれた指 / 佐藤 多佳子

2016/07/26


出所したその日に、利き腕に怪我を負ったスリ。

ギャンブルに負けて、オケラになったタロット占い師。

思いっ切りツイてない二人が都会の片隅でめぐりあった時、運命の歯車がゆっくり回り始めたことを、当人たちはまだ知らない。

やがて登場するもう一人がすべてを変えてしまうことも。

「偶然」という魔法の鎖で結ばれた若者たち。

能天気にしてシリアスな、アドベンチャーゲームの行方は。 内容(「BOOK」データベースより)



佐藤多佳子といえば、「一瞬の風になれ」など、高校生向けの青春小説が上手な作家さん。

このタイトルを見たときも、天才ピアニストの話かなと思ってしまった。

が、

物語の開始早々、スリが出所してきた。

まさかの、佐藤多佳子から漂うハードボイルド感。

どうやら主人公らしい。

それも、日本にもう数人しか残っていないと言われるほどの腕前のスリ師。

こんなに鮮やかにスリが出来るなんて…という展開だ。


スリの絶妙な指捌きを、神様がくれたことにしちゃっていいの??



設定に若干の違和感を感じてしまったのだけど、内容はテンポよく面白い。

話がどんどん展開しても、嫌なリズムはなく、心地よく読み進められてしまう。

入り口では無理があると思ったのに。

全然佐藤多佳子らしくないと思ったのに。

どうしてだろう…?



そうか、登場人物はいつもどおりの、いい人空気を放っているからかも。

刑務所経験がいくらあっても、心に闇を抱えていても、みんな佐藤多佳子の産み出した登場人物。

心地よい程、いい人ばかりです^^


結局はスリなのだから、どんなに鮮やかであっても、被害者が存在する限り、違和感は残ります。

それはそれとして、占い師、高校生の女の子、彼らを取り巻く人々、とても魅力的でした。



押していただけたら、とても幸せです。
宜しければ、応援ポチどうぞよろしくお願いします。
    にほんブログ村 その他日記ブログ のほほんへ
14:48 佐藤 多佳子 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
佐藤多佳子さんの本は、とても読みやすくて好きです(って、サマータイムしか読んだことないんですが)
あの爽やかキラキラ感は、まったく嫌味が無くて、他に読んだ事の無い感覚でした。

スリや、犯罪者を主役にして、軽やかに終わらせるのは難しいですよね。それをやってのけるのはやはり作家さんの腕なんだろうなあ。
娯楽小説だと割り切って読めるかどうかの差もあるんでしょうね。
読者の切り替え力っていうのも、やっぱり必要になってくるのかなあ~、読書って。
limeさまへ
本当にそうですね。
読書を娯楽として切り替えるか、リアリティを追及するか。
作品にもよるかもしれません。

作者の誠実さや、非日常であっても筋は通す実直さ、その辺りが伝わらないなんでもありの作品なら、入り込めないときが多いです。
この作品は昔ながらの人付き合いの良さとか、人間関係にうまく馴染めない子なりの忠誠心とか、恥ずかしくなってしまうほどの純愛とか、作者の方の人柄が伝わってきました。

だからこそ、なんでまたハードボイルド的に物語をスタートさせたのか…とも思いますが、挑戦はとても大事だと思うので、冒険された作品を、私も大いに楽しませていただきました^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。